やまめ110番

釣りのことやバイクのことを気ままに書いています。

ヤマメ朝霧ヤマメ2
2016年は史上最も暑い年になるとNASAの気象学者が警告しています。
皆さん是非熊谷名物のかき氷の雪くまを食べに来てくださいな♪

さて今回は雨降りの予報の中テンカラ振りに行って来ました。
いつものよう秩父に向けて走って行くと霧が山に掛かり何とも言えぬ景色でした♪
そんな景色を眺めながら渓流に着く頃には予報通り雨が降り始めてしまいました。
先ずはカッパを着てテンカラ竿一本持って道から川を見ると
まだ濁りは出てない様子で水量は前から比べて幾分多く成っていましたね。
そして淵を眺めていると何人もの針を掻い潜った良型なヤマメの姿も見えます♪
でも雨の波紋の所為か水面に浮いているトンボには見向きもしてませんね。
しびれを切らしてハリスを1ヒロとり12番の毛鉤を結び針先を砥ぎ心を落ち着かせます。
こんなヤマメは一投で出なければ絶対に釣れませんよね。
最初の一投・・・チョット挙動はしましたがすぐに姿が見えなく成りましたね(笑)
その後は14番の毛鉤に換えてテンカラを楽しませて貰いました。
最初の一投に勝負をかけるこんなテンカラも良いですよね♪

カワセミタナゴの稚魚翡翠
ここ熊谷ではもう35℃を超えてしまう夏日が有りました。
皆さんの家の方ではどのくらいに上がっていますか?

さて今回は近くにタナゴ砥ぎ針のテストに出かけて来ました。
行ってみると平日なのですが多くのヘラ師が竿を振っていました。
そこで少し離れた所に行ってみるとここにも青い服を来た先客が居ました。
それはこの辺を縄張りにしているカワセミでしたね(;´・ω・)
少し強引にその場所を横取りしていつもの様にタナゴ釣りを開始します。
しかしアタリは有るもののなかなか思う様に針に掛かりません(汗)
どうやら餌が古く針持ちが悪いのと研ぎ針の先が少し長い様な気がします。
そんな事を気にしながら集中してアタリを取っていると前方で水音がしました?
顔を上げると流石です先ほどの翡翠がしっかりクチボソを咥えていました。
少し見ていると「お前下手だなぁ~」と言わんばかりにまた水に飛び込みます。
やはり百戦錬磨、子育て中の名人には敵いませんね(汗)
今回は数匹釣っただけでこの場所を明け渡しスゴスゴと帰って来ました。
今度来る頃には雛も巣立っていると思いますので真っ向勝負を挑みますよ(笑)

バラタナゴ霞ヶ浦オオタナゴ
梅雨で雨が降っていますが10%の取水制限に成ってしまいましたね。
でも皆さん熱中症予防に水分は摂って下さいね。

さて今回は念願だった霞ヶ浦にタナゴ釣りに行って来ました。
タナゴ釣りを始めてもう4年目入りましたが遠征するのは初めての事ですね(汗)
県内でもたくさんタナゴの居る場所が点在する事は知っていますが
ネットや本で見ていると琵琶湖と霞ヶ浦の風景をよく目にしますね。
そこで近いようで遠い霞ヶ浦に一度は行ってタナゴ釣りしてみたいと思い
兄と釣友を誘ってみましたら快く引き受けてくれて秩父から出て来てくれました。
しかも距離が有りますから夜行日帰りの強行手段ですね(汗)
兎に角初めての霞ヶ浦、本の情報が頼りですが日本2位の広さですからね・・・
そしてこんな広い湖に2.6尺の短竿を出すなんて何か滑稽ですよね(笑)
でもグルテンを切っていると綺麗な♂のバラタナゴが掛かって来てくれてホッとしました♪
その後は地元の釣人からポイントを教えて貰いながら移動による移動を繰り返します。
その移動先では友人がオオタナゴを掛けて一気に盛り上がりました。
結局私はオオタナゴはバラシてしまいましたが楽しく関東の聖地で釣る事が出来ました♪
今度はもっとゆっくりと出掛けてみたい場所でしたね(^▽^)/

針結び器針結び器上針結び器ヘッド
鮎釣りが解禁されて太公望が長尺竿を振っていますね。
皆さんは何メートル位の竿から長尺竿と言いますか?

さて今回はスピード針結び器を購入して来ましたので紹介します。
と言うのは先日テンカラ用にハリスを買いに釣具屋さんに行った時の事です。
店内をウロウロすると見たことが無い「スピード針むすび」が目が止まりました(@_@。
手に取って裏面を見ると外掛け結びが簡単に結べる手動式針結び器でしたね。
構造が簡単で面白そうなので細糸用を買い物かごに入れてしまいました(笑)
家に帰って来て早速、新半月のタナゴ針をセットしてテトロン糸で結んでみましたが
テトロン糸の滑りが悪かったり針の固定が弱くて抜けてしまい失敗です(汗)
そこで輪ゴムを追加して針を固定力を強め取説の通りに磁石にアルミ箔を貼り付けて
結んで見るとどうにか結べました♪
そこで手研ぎ針をセットして結んでみましたら針先が折れてしまいました(涙)
如何せんタナゴ針は細く研ぎますからチョットした加減で折れてしまうのですよね。
でもノーマルのタナゴ針でしたら確実に結べる事は実証しました♪
もし興味有りましたら参考に株式会社ファジーの動画が下に貼って有ります。 
http://www.e-fuzzy.jp/products/sh_2/

テンカラ渓流カゲロウ
関東も梅雨入りが発表されましたがまだ山や川は乾いていますね。
皆さんの行かれる渓流ではどうですか?

さて今回も代わり映えしませんが秩父にテンカラを打ちに行って来ました。
いつもより少し下流域から入渓してみましたがやはり水量は少ないですね。
それに1年魚がヒラキでウロウロしていますので打ち辛いですね(汗)
拾い打ちしながら遡行し大きい石場所では少し深場が有って良型が隠れています。
回り込みながらそっと近づき毛鉤だけをピンポイントに打つ方法に徹します。
でもこれをすると年寄りの腰にはこたえますよね(笑)
そんな所に自動販売機が有り飲み物を購入すると扉にカゲロウが止まっていました。
何のカゲロウか判りませんが毛鉤の大きさでは12番くらいですかね?
でも仕掛けに結んであるのは14番で取り換えるのが面倒なのでそのままです(笑)
しかし最後の淵で今日1のサイズが竿に乗ったのですが途中でバレてしまいました。
やはり自然の教えを舐めてかかったツケでしたね(-_-;)
溪に入る度に自然が精進しろと教えてくれるのは有りがたいですね♪

このページのトップヘ