やまめ110番

埼玉から釣りのことやバイクのことを気ままに書いています。


タナゴ釣りタナゴ仕掛けタナゴ
昨晩から風の向きが変わり30℃台から一気に25℃に下がりましたね。
ところで皆さんの所は海風ですか? それとも山風ですか? 

さて今回はスマホを持ってタナゴ釣りに出掛けてみました。
でもスマホだけでは心もとないのでデジカメも持って行きました(笑)
現地に着くといつもより水の色も澄んで来ていて豆バラの姿が見えました。
約1時間くらい釣った時でしたが知人の釣り師さんが声を掛けてくれましたので
先ずは自信の有るデジカメで写してからリリースし釣り座を変えました。
このポイントは少し大きいバラが掛かる様子で並んで釣りながら話が弾みます♪
と言うかほとんど1人でしゃべってしまって申し訳ありませんでしたm(__)m
またこれに懲りずに会った時は話しかけて下さいね♪
昼近くに成りついにスマホで写す時が来て無事に写真に納まった様子でした。
しかし家に帰って来てからが大変でこのブログにupする方法が判りません(^-^;
試行錯誤でup出来た写真は90°回転させた変な写真に成ってしまいました。
兎に角スマホの写真が載せられたのは嬉しいですがデジカメの方が楽ですね(笑)

シオカラトンボスマホとガラケー
台風13号が関東に接近しましたが暑さから少し逃れられました。
皆さんの方面では被害は有りませんでしたか?

さて今回も暑かったり雨が降ったりで買い物くらいしかしていません。
そんな中ですがやっと携帯電話のガラケーからスマホに買い換えました。
しかし取説は有りませんし太い指でタッチするのでなかなか狙い通り当たりませんね。
タナゴやヤマメなどだったら割合に当たってくれるのですがね~(笑)
フッと外を見ると蓮の茎にトンボが止まっていたので写してみようと思ったのですが
先ずはカメラの方を先に写してからスマホで挑戦してみようとしました。
しかしトンボの方が早く気づいて飛んで行ってしまいスマホでは写せませんでしたね(汗)
若者だったら軽く使いこなせますが年寄りに成るとさっきやった事さえ出来ませんね💦
でもスマホにはGPS機能などが入っているのでこれからハンターカブなどで出掛けても
行った先々で色々な場所探す事が出来て便利そうですよね♪
そんなトンボの写真を検索してみるとシオカラトンボの雌の様子でしたね。
やはりスマホは上手に使いこなせば伊達にではなく凄いですね(笑)

ケセランパサランケセランパサラン (2)ブドウ袋
台風12号が異例の逆走ルートで関東を通過して行きました。
皆さんの所では被害は有りませんでしたか?

さて今回は異様なものを捕まえてしまいました。
それは軽くて白い毛玉の様なフワフワ飛び回るものです。
目で追いながらこれは聞いた事の有るケサランパサランではないかと思いました。
噂ですが白粉で育てると聞いていましたが知っている人がいらっしゃいますか?
少し追いかけると生垣に引っ掛かって居ましたので簡単に捕まえられました♪
家の中でもフワフワ飛んでしまうのでジャムの空瓶の中に入れて観察します。
よく見ると中心に小さい穴が開いていますし動く気配も有りませんでしたね(笑)
早速これを片手にネットで検索してみると同じ様な写真が沢山出て来ます。
と言う事は白粉で育てる謎の生き物かと調べると何かの種にも似ていました(汗)
それはガガイモと言う植物らしいのですがその植物を見た記憶は有りません。
でも似ているのでどうやらその種が飛ばされて来た様子でしたね(^-^;
そんな事をしながら今年もやっとブドウの袋掛けが完了しました♪
まだまだ暑さが続きますので皆さんも注意してくださいな。

タナゴ釣り池
ここは暑い熊谷ですが41.1℃の記録を作ってしまいました。
皆さんも飲み物とクーラーなど上手に使って熱中症対策してくださいね。

さて今回は久々にタナゴ釣りに行って来ました。
と言っても猛暑でなので空の様子を見ながら近い釣り場に午後出かけました。
釣り場に着いてみると先輩釣り師さんが1人で釣って居ましたので
先ずは挨拶をして横に並んで入らせて貰いました。
久しぶりのこの池は水が少し澄んで来ていて底では平打ちなども見えましたね。
最初は2.3尺竿で釣り始めてみましたがパラソルの傘に竿先が当たってしまいます💦
そこで一本抜いて2尺竿にして仕掛けを短くします。こうなると手元操作が楽ですね♪
仕掛けも中通しの浮きなので時には浮きを水面より上げ脈釣りなどもしてみました。
オモリを白く塗っているので竿先のアタリより前にオモリの動きが見えてしまいます。
この時期はタナゴは活性も高く、脈釣りでも十分に楽しめましたね(^^♪
約1時間ですが気温は高くスポーツドリンクを飲みましたが体は暑いです。
あまり無理をせず先輩と一緒に午後2時に成ったので終了しました。

穂先削り (13)穂先削り (14)穂先削り (15)
穂先削り (16)穂先削り (17)穂先削り (18)
毎日猛暑日が続きますが皆さん水分補給していますか💦
さて今回は前回四角のテーパー状態まで削った竹を丸い穂先に仕上げます。
先ずはカッターで元側の角を削ってから穂先に向かって角を削って8角形にして行きます。
こうなると穂先の曲がり具合や反発の強さなども確認し易く成りますよね。
全体に良いと思う曲がりまで削れて来れば次はヒゴ引きと言う道具を使います。
竹の角張った部分を軽く押さえながら引いて行くと角が取れ丸く成って行きますので
穂先に向かって徐々に細い穴を使って丸みを付けて行きます。
急いだり穴に無理やり差し込むと折れてしまいますから注意が必要ですよ(汗)
後は紙ヤスリを使って調整しながら滑らかにしてやっと穂先削りが完了しました♪
最後に半割した竹と穂先に削ったものを並べましたが見えにくいですね(^-^;

穂先削り (7)穂先削り (8)穂先削り (9)
穂先削り (11)穂先削り (10)穂先削り (12)
西日本豪雨災害に遭われた方々へ心よりお見舞いを申し上げます。
とともにこの災害で亡くなれた方のご冥福をお祈り申し上げます。

今回も咳がまだ続いているので穂先作りの続きです。
前回で接着した竹串を割って行きテーパーの穂先の形にして行きます。
先ずは接着面に直角に成るようにカッターの刃を入れて半割にします。
ここで割った面を見て上下の向きが逆さまに接着していたら失敗ですね💦
上手く接着出来ていれば接着面が見える側の両面をカッターで削って行きます。
膝に布など敷いてカッターを軽く押し当て少しずつ削って行く事に集中します。
この時にテーパー状に削って行き時々曲がり具合を調べる事が大切ですね。
良い曲がり出るまで削れたら今度は四角に割ってテーパー状に削ります。
と言う事で今回はここまでとします。

穂先削り (1)穂先削り (2)穂先削り (3)
穂先削り (4)穂先削り (5)穂先削り (6)
皆さん暑い日が続きますが夏風邪には注意してくださいね。
さて今回は中々風邪気が抜けないのでタナゴ竿の穂先削りでも紹介しますね。
先ずは購入した竹串の中から切断面を見て繊維が良いものを2本選び出します。
この良いものが難しくて削ってみないと気に入った穂先に成るか判りませんがね(汗)
その2本の表面側をカッターナイフの刃で削り平らな面にして行きます。
削りカスを見ると手前に向かって段々白く成って来ているのが判ると思います。
この色の具合と繊維具合を覚えると次の穂先作りの時に生かせますよね♪
次に削った2枚の表面側を貼り合わせクリップで密着させて1日ほど乾かします。
でもタコ糸などを巻きつけて密着させるのが一般的かも知れませんね💦
あくまで自己流ですが今回はここまでとします。

毛鉤巻き道具毛鉤ケース
梅雨が明けるとそろそろ夏休みの計画に成りますね。
皆さんは夏休みは何日くらい出掛けられますか?

さて今回は風邪を引いて写真も無くテンカラ毛鉤を巻いています。
解禁当初に巻いた毛鉤も少しずつロストして残り少なく成って来ていましたので
追加巻きなのですが近頃はめっきり根気がなくなり長い時間は巻けませんね💦
そんな事でこんな道具で巻いて居ますが笑わないでくださいな(汗)
この箱は以前タナゴ合切箱にした裁縫箱を再々利用してタイイング箱にしています。
と言うのは机にバイスを取り付けられないのでこの裁縫箱の底から板を張り出させ
そこにバイスや桐箱を固定させ道具とゴミを一緒に受け止めています。
この箱は簡単に取り外せますので道具を出せばゴミは捨てられるし毛鉤を巻く時に
ゴミも落ちないので羽などはこの上でカットしたりして便利です♪
そしてこの時の道具箱の周りには磁石板を貼ったべニア板で囲んでいます。
これは針などが何処かに飛んで行って見つけ探す事が多々有ります。
そんな時にもこの磁石によく貼り付いていますので安心ですね(笑)
今回も数個で疲れてしまいましたが追加毛鉤だけで良しとします♪

ハンターカブテンカラ龍勢櫓
梅雨の間の晴れ間は洗濯をするのには貴重ですよね。
皆さんはつかの間の晴れを有効利用していますか?

さて今回は晴れ間を使ってハンターカブを連れ出しました。
朝ドラを見てからおにぎりを作って貰いキック一発で秩父に向けて出発です。
当然、釣りベストは中に着てテンカラ竿はハンドルに括り付けてですよ♪
途中の景色は畑から田んぼへと代わり田植えが進んで居ました。
本当に久しぶりのハンターカブで行くテンカラ釣りは青空で気持ち良いですね〜
でも他から見れば何処かの爺が赤いバイクで鼻歌で走って居たと成りますね(笑)
そんな気まぐれ走りですからあちこちへ寄り道して渓流に着いたのは11時頃でした。
上着を脱ぎ長靴に履き替えテンカラ竿を持つだけですから身支度は簡単です。
毛鉤を打ちはじめてすぐに掛かって来たのは凄く小さいヤマメっ子でした。
その後もヤマメっ子が続きましたが大岩の深場ポイントでは数回打ってから
女波を使い毛鉤を沈ませると水中で変化が有り糸鳴りしてヤマメが掛かりました。
やはりこのサイズだとタナゴにはない引きをしてくれますよね♪
昼は流れを眺めながらおにぎりを食べていると気持ち良くて寝てしまいそうです。
すると急に変な風が吹き出したので早々に切り上げましたがテンカラは楽しいですね♪
本日のハンターカブの燃費は47.5㎞/Lでした。

タナゴ釣り寒竹タナゴ竿タナゴ釣り (2)
この時期は草木が茂ってしまうので蚊が来ますよね。
ところで皆さんは大きな木を伐採をした事が有りますか?

さて今回はまたタナゴ釣りに行って来ました。
と言うのはブログには載せてはいなかったですが右の3.3尺の寒竹竿を
作っていたので入魂をさせようと思って出かけました。
前に寒竹では4尺と2.6尺を作って有り中間の長さに成る訳ですね。
折角ですから川で釣りたいと思って出かけたのですが如何せん濁っていましたね💦
でもタナゴたちは頑張ってくれて午前中の2時間位楽しみました。
竿の感じはゆったりアワセる感じで思ったより感触良く胴が大きく曲がりましたね♪
午後はここでおにぎりを食べてから釣り場を大きな川まで移動してみました。
しかし増水と濁りで釣りが出来ない状態でしたのでそのまま豆バラポイントまで
運転して来ましたが誰も居ずじっくり1時間ほど楽しんでしまいました♪
でももう豆バラではなくて良い引きをするバラタナゴに成長していましたね。
実はこの2尺の高野竹竿も少し短く作り直した竿なのでやはり再入魂でしたね(笑)
やはり新しい竿の感触は実釣してみるのが1番ですね♪

このページのトップヘ