やまめ110番

釣りのことやバイクのことを気ままに書いています。

タナゴ水路
今日は雪が降るとの予報なので事前にスタッドレスタイヤを購入しました。
皆さんはスタッドレスタイヤを何年間くらい履き続けますか?

さて今回は咳の方も大分良く成ったので初釣行に行って来ました。
と言っても近場でのタナゴ釣りですので体力的にも丁度良いですね(汗)
それと去年の暮れに作り上げたタナゴ用合切箱の使い始めでも有ります。
釣り場に着いてみるとヘラ師さんが数名いますがタナゴ師さんの姿は1人も居ません。
おまけに風が強く吹いていて水面が波立っていますし水がかなり濁っていましたね。
先ずは風が避けられるそうな場所に入り2.3尺の寒竹竿に仕掛けを結びますが
波に揺られ浮子が水中でも安定せずプロペラも見え辛いですね。
時には道糸に風がはらんでしまい仕掛けを引き上げてしまう始末です(汗)
その内にクチボソが掛かり始めやっと今年の初タナゴを掛ける事が出来ました(^▽^)/
これで一先ずは安心して他のポイントを釣り回って調べてみました。
しかし掛かってくれるのはすべてタモロコとクチボソばかりでしたね(^^;)
そんな感じで初釣行は風邪を意識して昼には帰って来ました(笑)

北関東自動車道ビデオポイントバラタナゴ
冬の風物詩の氷上ワカサギ釣りの声が聞こえる様に成りましたね。
皆さんは氷の上でワカサギを釣った事が有りますか?

さて今回は茨城での寒いタナゴ探索の話をします。
暮れに上さんが茨城に用事が出来てしまい車で送り届けた後の事です。
滅多に行く機会がないのでこれ幸いにタナゴ道具をしっかり積んで行きました♪
ポイントは事前にネットで何箇所か適当に調べナビ登録をして置きました。
そしてナビ案内で何処をどうに走ったか分かりませんが川に着きます。
先ず最初の川は幅が広くて土手をウロウロしても良い場所が見つからず流れ込みの
少し深場の所で竿を出してみましたがアタリも無く魚の姿も見えません(汗)
次の川は川幅は狭いのですが水も少なく風が強くて土手道をトボトボ歩いては
橋下やアシの間など覗き込みましたが結局タナゴの姿は見つけられませんでしたね(寒)
流石に体が冷えて来たので探索を諦めて車に戻りヒーターをガンガン回して一挙に
以前寄った事の有る場所まで移動しました。ここはバラだけですが裏切らないですね♪ 
でも釣っていると鼻水と咳が止まらなく成ってしまい途中で切り上げました。
今はやっと咳きだけに成りましたがやはり釣りバカも風邪を引くのですね(笑)
まだまだ寒いですから気をつけてくださいね。ご同輩!

稚児寒竹稚児寒竹1稚児寒竹2
もう成人式は遠い昔の事に成ってしまいましたね。
今年の成人の皆さんおめでとうございます。

さて今回は鉢植えの寒竹を切ってみました。
これは2015年1月2日のブログで紹介した稚児寒竹(朱竹)ですね。
http://yamame110.ldblog.jp/archives/41986050.html
この時生えたタケノコですが1本だけタナゴ竿用に刈り取ってみます。
少し根が生えている所まで掘って剪定バサミで切りました。
枝を払って寸法を計ってみると80㎝くらいに成長していましたね。
節を数えると27節有りました。曲げてみるとしっかりとした腰が有ります。
これだけあれば十分にタナゴ竿に作れそうですね♪
今まで育てて来た稚児寒竹ですので丁寧に芽を削ってから全体を洗いました。
これから日に当てて色を安定させ油抜きをして数年かけて乾燥させるつもりです。
切る時期が判らないのでどんな素材に変わって行くか不安ですが
将来この寒竹でタナゴが掛けられたらとても嬉しいですね(^^♪

オタマジャクシハンターカブ
今は楽に成りましたがお正月は風邪を引いてしまいずっと寝床に居ました。
皆さんは良い正月様を迎えられましたか?

さて今回は今年の目標を考える時が来ました。
なんて言っていますが思う漢字を四文字並べただけです(笑)
で、今年の目標は思楽一節「しがくいっぷし」にしました。
竹に節が有る様に釣りにしてもバイクにしても迷う節目が有りますね。
テンカラなどで釣れない時は川を移ろうか又はこのまま遡行しようかなどと
節目では有りませんが次のポイントを想像する時が有りますよね。
そしてハンターカブを走らせるとやはり分かれ道に着きます。
そんな時にもどちらかにハンドルを向ける事で景色が変って行きますね♪
こんな感じでボケた頭を活性しながら節目を楽しみたいと思います。
今年も竿を括り付けてトコトコとあちらこちらを走り回りますので
是非、赤いバイクの爺を見かけたら気軽に話しかけてくださいね(^^♪

亀甲石2
平成29年 
元旦
謹賀新年
 明けましておめでとうございます
 
今年のお正月の水石の写真は荒川の亀甲石(きっこうせき)にしました。
この石は秩父にテンカラを振りに行った時に拾い上げた愛石ですね。
見つけた時はまだ遡行途中だったので目につく岩の上に置いて行き
釣り終わって降りて来る時に抱きかかえて帰って来ました。
その時の釣果なんて野暮なことは聞かないでくださいね(笑)
 皆様のご多幸をお祈り申し上げます
   本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

このページのトップヘ