やまめ110番

釣りのことやバイクのことを気ままに書いています。


バラタナゴ
タナゴ釣りタナゴリリース
リオ五輪のメタル数が41個とは凄いですね。
頑張れば日本人でも世界に通用する事を選手たちが教えてくれましたね♪

さて今回もまたテンカラにも行かずにタナゴ釣りに出掛けて来ました。
この頃ネリ餌の調合が気に成ってしまい数種類の配合で作ってしまいました。
作ると言ってもタナゴの餌ですからスプーン1杯位で十分ですよね♪
いざ行ってみると台風の後の所為かどの餌でも順調に釣れて来てしまいます(^^;)
時にはザリガニに砥ぎ針を折られながら1時間程釣ると流石に飽きて来てしまいました。
そこで浮子とプロペラを上げプロペラをトンボ代わりにして脈釣りをやってみました。
しかしここは流れがなく振り込んだ仕掛けが戻ってくる間の変化を取ろうとすると
活性が有り水中の糸浮子を引きずり回しますので反射的に合わせてしまいますね(汗)
でもそこは見ずにあくまでプロペラのトンボの回転を意識してアワセを入れますが
実際はトンボは小刻みに揺れるだけでクルクルとは回りませんでしたね(笑)
手元にはコツコツとアタリは伝わるのですが合わせのタイミングが掴めません。
結局トンボの変化で掛けられたのは5匹程でしたね(大汗)
次は柔らかい替え穂先を作ってテストしてみたいと思います♪

トンボ脈仕掛け
リオ五輪の選手たちの頑張りには熱く成るものを貰いますよね。
4年後の東京五輪に繋げられるようにみんなで最後まで応援しましょう(^_^)v

さて今回はタナゴ釣りの脈釣り仕掛けを作ってみました。
実は以前お会いした老人からタナゴの脈釣りについて聞いた事が有りまして
タナゴのアタリが有ると目印のトンボがクルクルと回るのだそうです。
しかし今までそんな釣り方をしている釣り師に出会った事が有りません。
是非そのトンボが回るのを見てみたいと思い試作品を作ってみました。
トンボには渓流の目印を切って穴を開けてエポキシ接着で固定しました。
その下にはガン玉オモリとハリス止めを結び1号の狐針をセットしました。
部屋の中で少し張り気味にしてみるとトンボはクルクル回りましたが
実際の川でタナゴが引くだけでこのトンボが回るかは疑問ですね(汗)
でも基本は脈釣り仕掛けですから流れが速い所でも釣る事が可能ですよね。
なのでウイリーでも作ってみましたら渓流釣りのミニ版でしたね(笑)
これからは流れが有る川に出掛けるのが楽しみです♪ 

ハンターカブシート交換前ハンターカブシートハンターカブシート交換後
毎日が暑いですが甲子園の球児たちが白熱戦を繰り広げていますね。
それにリオ五輪でも日本の選手たちが頑張っていますね。

そんな中ですが今回はハンターカブのシート交換を行いました。
購入して4年目に入り距離も11,000㎞程に成り色々な所が弱って来ていますね。
そこでネット通販でハンターカブの気に成る部品を見つけます。
先ずは足回り関係から前後のタイヤとタイヤチューブにブレーキシューですね。
それとスプロケット用リアダンパーやタレゴム、シート用ストッパーラバーなどです。
すると国内仕様のシートが目に留まってしまい一緒に注文してしまいました(笑)
実はシートも少しヘタって来てるのと跨ぐのに短足なので太ももの辺が窮屈なのです。
注文して翌々日には部品が届いてしまうのには驚いてしまいますよね。
早速新しいシートにストッパーラバーをセットして庭先で交換してみました。
でも庭には蚊が居るので長袖長ズボンで武装してですからかなり暑いです。
交換が終わり比べてもミシン目くらいであまり代わり映えはしませんね(汗)
しかし乗ってみると以外や座り心地が良く足の窮屈さも楽に成っていました♪
でも暑かったので後の交換はもう少し涼しい時期に成ってからにします(笑) 

寒竹矯め前寒竹矯め後
気温が高くバケツの水に足を入れて暑い熊谷でしのいでいます。
皆さんは涼をとるのはどのような方法ですか?

さて今回はタナゴ竿用にストックして有る寒竹の曲がりを直しました。
寒竹と言っても右側の1本だけが寒竹で残りは稚児寒竹ですがね(汗)
かれこれ1年以上部屋の中に立てているのですがまだ自然に曲がってしまいますね。
この中から4尺竿を作りたいと思っていますので夏場でも直して置こうと思います。
でもカセットコンロで温めてながら直すので汗がダラダラですね(笑)
先ずは先の方から直しはじめるので中程から覗いて曲がり箇所を見つけます。
すると節の所や稈の所で曲がって来ているのが判りますね。
そしてねじれてもいますので戻しながら大体に真っ直ぐにして行きます。
しかしタメ木だけでは上手く行かず手でねじれを返しますのでかなり熱いです(笑)
暑さも一段落した頃にまたタナゴ竿作りを始めたいと思っています♪

蜂の子蜂の子炒め
夏の食べ物は冷やして食べるものが多いですね。
皆さんは夏の食べ物は何が好きですか?

さて今回はグロイ写真なので嫌でしたら素通りしてくださいね。
でも私にとってはこれは今の時期しか食べられない貴重品なのです。
実は出窓の下に出来たアシナガバチの巣を見つけて上さんが騒いでいます(笑)
小さい頃から普通に食べていた蜂の子、丁度良い大きさの巣に成っていましたので
早速、物干し竿を使って巣を突き落しましたら蜂たちは飛び回っています。
でも雨降りですから間もなく巣元に戻り何処かに行ってしまいますね。
そして落とした巣から蜂の子を取り出すとまあまあの量が取れましたので
フライパンで炒って水分を飛ばし醤油を掛ければ蜂の子炒めの出来上がりです(^^♪
久しぶりに舌鼓を打っていると上さんが異様な目で見ていました(笑)
蜂もいなく成り巣も取れて蜂の子が食べられるなんて良い仕事しました。
そういえば仕事していた頃は蜂の巣担当でした懐かしいですね♪

このページのトップヘ