やまめ110番

埼玉から釣りのことやバイクのことを気ままに書いています。

テンカラライン作りテンカラライン作り (2)テンカラライン作り (3)
今年の花粉症が少し出てきた感じがするのですが
皆さんの花粉症は如何ですか?

さて今回は今シーズン用にテンカラテーパーラインを作りました。
毎年テンカララインを作っている訳では有りませんが古く成ってしまいましたので
あまり糸を見つけて撚り糸を作って継ぎ合せて作ってみました(汗)
これで上手く飛んでくれれば良いのですが上手く出来ない時の方が多いですね(笑)
今回は1.5号から始め1.2号、1.0号と0.8号の8本撚りまでの4段階で少し太めで
少し重めのテンカラテーパーラインにしました。
これは以前に載せた継ぎ合せの動画ですね→テンカラライン継ぎ合せ
この後に仮補強巻きしながら全体をつなぎ手で振ってみてラインの伝わり方が
先端まで伝わるか調べながら長さを調整して本補強巻きをして仕上げて行きます♪
今年もこれで何匹か掛かってくれれば嬉しいですよね(*^^)v

テンカラ竿竿固着防止
春を待つのは心躍りますが花粉は嫌いですね。
皆さんは花粉対策始めていますか?

さて今回はテンカラ竿の手入れを始めました。
手入れっと言っても汚れ落としをしながら割れ箇所などを確認して
固着防止にローソクを塗って置くくらいの事ですがね💦
先ずは竿を分解してお勝手の洗剤と激落ちくんのスポンジを使って洗います。
この後は竿の外側はウエス等で水分や汚れは拭けますが内部は難しいですよね(^-^;
私はティッシュでコヨリを作って内部を押し通しながら水分と汚れを拭き取ります。
通した後のティッシュを見るとかなり汚れていますからやはり大事ですよね(汗)
そして完全に乾燥させてから竿の重なる場所にローソクを塗布し固着防止します。
以前ですがこんな動画でお見せしましたね→
そんな感じで今シーズンの竿の準備が整いました♪

テンカラ毛鉤ハックル染め
2月も中旬ですがまだまだ寒いですよね。
皆さんはコタツに入ると寝てしまいませんか?

さて今回は教わって黒に染めた羽でテンカラ毛鉤を巻いてみました。
フックはいつもの通りのTMC5230を使ってですからドライ毛鉤ですね♪
やはり水面で渓魚が反転するのは年寄りの心臓に響きますから良いですね(^-^;
今回も居眠りする前に少し巻き始めましたが如何でしょうかね?
ハックルを多めに巻いて密度を濃くしたのでドライ重視ですが渓では
少しむしり取って量を少なくしたりしてウエットとしても使えそうですね♪
でも何回か打ち返していると自然に水になじむ様にも成りますよね💦
この後はハックル70さんの受け売りの犬の卒倒(ワンパターン)で
愛用毛鉤を巻こうとしましたが・・・私の方が卒倒してしまいました(-_-)zzz(笑)

タナゴ釣り豆バラ
お隣の韓国では平昌冬季オリンピックが始まりましたね。
皆さんは冬季オリンピックでの種目では何が好きですか?

さて今回は先日に豆バラを釣りに行って来ました。
いつもの豆バラポイントに行ってみるとまだ雪が残っていましたね(汗)
水面には薄氷が張っていて日が射して来ると徐々に解けて来る状態でした。
そして深場には豆バラが集まっていましたがまったく動く様子が有りません。
当然持っている全長70㎝のタナゴ竿では到底届かない距離ですね💦
そこで少し邪道ですが少し練り餌を水の中で溶いて匂いを漂わせて様子をみます。
その所為か打ち続けること数十分数匹が側に寄って来てくれました♪
でもそっと仕掛けを入れるにも関わらず警戒心が強くサッと引き返します。
そんな駆け引きの中餌に反応してくれる豆バラが出て来て餌をついばみます。
針先に小さく餌を付けてその餌の行方を凝視しながらそっと待ちます・・・
餌の白色が消えた瞬間に軽くアワセるとやっと掛かってくれました♪
約2時間半粘りましたが雪の影響は大きかったですね(笑)

極小ウキ (2)極小ウキタナゴ釣り
立春も過ぎて埼玉県漁連からも年券のお知らせが届きました。
皆さんは春の訪れをどんな時で感じますか?

さて今回は極小のタナゴ浮子を作ってみました。
元々タナゴ浮子は小さいのですがさらに小さく発砲スチロールで
浮子を作ってみましたらこれでもかなり浮力が有る様に感じましたね(^-^;
それに発砲の浮子は木や芯と違って水を吸収しないので道糸を通す穴の中に
浸透防止のチューブを入れないで済むので楽ですね♪
先ずは中心に縫い針を刺して適当に荒げ削りをして自作ミニ旋盤を使い
240番の紙ヤスリから削り始め1500番の紙ヤスリで整えました。
あとは塗装して最後に全体にトップコートを塗り完成しました。
仕上がった浮子を1円玉の上に置いてみましたがやはり豆浮子ですよね(笑)
早速この浮子でシモリ仕掛けを作り近くの池にテストに行ってみましたら
思っていたよりハッキリアタリが出てくれましたね(*^^)v
これから春の乗っ込みなどで楽しく遊べそうです♪

白マテリアルローバスバチック黒染めマテリアル
2月14日はバレンタインデーですよね♪
甘いのはどうも・・・と言う人でもこの日は沢山欲しいですよね♪

さて今回は白のフライマテリアルを黒く染めてみました。
と言うのは前回の毛鉤巻き時に黒のマテリアルを持っていなかったのでブログ
繋がりのハックル70さんから教えて貰った染料をホームセンターで購入して来ました。
早速に白のフライマテリアルから数本か切り取ってジッパー付きビニール袋に入れ
黒の液体を浸る程度に注ぎこみ何回か裏返しながら一晩浸けてみました(汗)
翌日に成って水道水で水洗いをして皿に取り出してみましたら・・・
しっかり黒い色に染まっていましたね(*^^)v
この後はティッシュで水分を吸収させた後ドライヤーで乾かしました。
このまま置いておくと掃除機の餌に成りそうなのでタッパーに入れて保管します(笑)
兎に角上手く染まってくれたのでこれからのテンカラ毛鉤巻きが楽しみです♪


毛鉤毛鉤 (3)毛鉤 (2)
今朝は雪景色ですが明日は節分で翌日は立春ですよね。
ところで皆さんはチョコレートは何個くらい目標ですか?

さて今回は3月の解禁に備えてテンカラ毛鉤を巻き始めました。
ブログ繋がりのハックル70さん幻の渓流師さんの沈む毛鉤を手本に
真似をして巻いてみました。
と言ってもマテリアルが有りませんので持っている材料だけで巻きます💦
先ずは最初の毛鉤はBHにレッドワイヤーを巻き込んで沈ませる毛鉤ですね。
流れの速い渓を狙う時用にハックルは山鳥の風切り羽をパラリと巻いてみました。
次も同じでBHとレッドワイヤーを入れていますが流れの緩い渓の時用に
ハックルはグリズリーを少し多めに巻いてみました。
最後の写真はハックルを二段に巻いた伝承毛鉤風にしたつもりでしたが
フックのシャンクが短くてうまいバランスに巻けませんでしたね(汗)
でも巻き始めの具合は毎年こんなものですよね(^-^;
集中力が無くなり数個を巻くともう疲れてしまいました(笑)

9尺タナゴ竿仕舞寸法9寸6尺タナゴ竿仕舞寸法8寸
毎日寒い日が続いていますので背中にホカロンを貼っています。
ところで皆さんはどんな所にホカロン貼られますか?

さて今回は以前作った高野竹のタナゴ竿を手直ししてみました。
この竿は2016年に作った三節揃いの3.9尺タナゴ竿ですが
仕舞寸法が9寸だったため合切箱に入らずあまり持って出掛けませんでした💦
そこで今回は少し切り詰めて仕舞寸法を短くしようと思った訳です。
先ずは印籠のカーポンを抜き合切箱に合せてカットして口糸を巻き換え直しました。
早速継いでみると短く成り調子も硬くて継ぎ目に段差が出来てしまいます(汗)
なので穂先は削り直し穂持下を1本追加して5本継ぎ竿に変更しました。
イメージ的には先調子の竿に作り変えたつもりでしたが継いで振ってみると
胴調子の3.6尺タナゴ竿に仕上がってしまいました(笑)
これからは寸法は短く成りましたので春の小川に持ち出せそうです(^^♪
こう寒い日が続くと日が差す窓辺のこんな作業が1番ですね♪

タナゴ釣り発砲浮子削り発砲タナゴ浮子
1月も終盤に成るとそろそろ渓流の話が聞こえて来ますよね。
ところで皆さんは釣り券をいつ頃に買いに行かれますか?

さて今回もまたタナゴの事に成ってしまいます(汗)
度々タナゴ釣りに行って居るのですが前回のヒントを元に仕掛けを直しました。
その日は午後から出掛けてみたらタナゴのアタリも良く感じられました♪
でも温かった時なのでタナゴも活性が上がっていたかも知れませんね(^-^;
そんな合間にです初めて発泡スチロールでタナゴ浮きを作ってみました。
作る順序は以前のタラッペの芯などで作った方法と同じなので割愛しますが
発砲スチロールでの浮子作りは思っていたより簡単に作れましたね。
何よりも斜め通しの穴に防水チューブを入れないで済むのは楽ですね♪
そして出来上がった発砲浮子を部屋でオモリを背負わせてテストしてみると
強度は解りませんが他の浮子よりも浮力がかなり有る事が分りました💦
こう寒いと少しテンカラ毛鉤でも巻いたりして春の訪れを待ちましょう♪

タナゴ釣りミニタナゴ箱タナゴ釣り (2)
今日は関東の平野でも雪が降るとの予報が出でいますね。
皆さんも足元に注意して動いて下さいね。

さて今回は2回続いてタナゴ釣りに行って来ました。
その前にミニ箱の蓋が割れた部分を接着し蝶番を取り付けて手直ししました。
貧乏なので新しい箱代の108円の出費をしなくて済みましたね(笑)
取りあえず直ったと言う事で近くの池にタナゴ釣りに行った訳ですが・・・
その日は寒くて渋くて午前中の2時間真剣に釣っても左の写真の通りでした(汗)
でもこの日は手袋をしたためか掛かる感覚が掴めなかったと負け惜しみを言います。
なので翌々日です、天気予報は温かく成ると言うので再び出掛けて来ました。
先輩たちも来てくれて楽しいお喋りをしながらのタナゴ釣りに成りました♪
しかし手袋なしで頑張ったのですがやはりアタリが遠いですね(汗)
11時半から昼食を挟んで15時頃まで頑張ったのですがより良い釣り方が分らずに
前回とあまり変らずツ抜けをしたところで終了と成りました💦
冬の釣りは辛抱ですがお喋りの中で何かヒントを少し貰った気がしました(*^^)v
また今度一緒に楽しいタナゴ釣りをさせて下さいな♪

このページのトップヘ