やまめ110番

埼玉から釣りのことやバイクのことを気ままに書いています。

白鳥白鳥 (2)
年寄りに成った所為か近頃は歌が覚えられないですね。
皆さんはこの頃何か歌を覚えられましたか?

さて今回は白鳥とカモが飛来している荒川に行って来ました。
本当はテンカラ毛鉤用の羽が拾えたにはらいいなぁ~なんて企んでいました(笑)
以前はバイクでトコトコしながら川沿いを走って来ていたので道を覚えていません💦
車のナビでは川の住所が判らず近場には来ているのですがウロウロしながら
車が通れそうな道を選んでやっとたどり着く事が出来ました(*^^)v
去年来た時には大勢のカメラマンがいましたが今日は誰もいなく風の音と白鳥と
カモの声が時々聞こえるくらいの静けさでしたね♪
早速、車から降りて近づいてスマホ写真を撮ろうとすると少し離れていきます。
なので下流の方まで歩き羽が流されて草などによく引っ掛かっているのを探します。
しかし岸際にもススキにも羽は見つかりません。それどころか白鳥が寄って来ました?
どうやら餌を貰えるのかと勘違いされている様子でしたね(^-^;
何も食べ物を持ってないので羽を拾うのに気が引けて早々に退散して来ました。
やはりそんな下心ではカモさんの羽も拾えませんよね。出直して来ます!(笑)

タナゴ桶タナゴ釣り
格言で「永遠に幸せに成りたかったら釣りを覚えなさい」と聞いた事が有ります。
釣り人の皆さんはどんな事で魚釣りを始められましたか?

さて今回はそんな格言を求めてタナゴ釣りに行って来ました。
でもこの寒空の下、岸辺に座り込む年寄りの姿は幸せそうには見えませんよね(笑)
日差しもないので午前11時頃に成って出掛けましたので現地に着いてみると
タナゴ師さんの姿は無く少し濁っていて底がよく見えない状況でした。
そこで少しでもアタリが見やすい様にと1.8尺の高野竹竿を出してみました。
実はこの前この竿に合せてプロペラ付きの仕掛けを作っていました(汗)
棚を合わせグルテン餌を付けて静かに落とし込む事数回プロペラにアタリが出ます。
続けてタナゴが掛かり今回は楽しめそうだと思って先ずは腹ごしらえをしました♪
食べている間は水中の様子を伺っていましたが時々クチボソが見えます。
昼食後再度仕掛けを入れると見えた通り掛かって来たのはクチボソでしたね💦
数匹釣ったところでプロペラを下げて様子を見ます。
すると微かなアタリが出だしクチボソ数匹に対しタナゴが1匹混じるくらいの
テンポで少し大きいタナゴが掛かってくれ竿を曲げてくれます♪
少しの時間でしたが幸せのタナゴの引きを味わう事が出来ました。

タナゴ竿作りタナゴ竿作り (2)タナゴ竿作り (3)
今年はインフルエンザが流行している様子ですね。
皆さん手洗いうがいをしてしっかり予防しましょうね。

さて今回は高野竹のタナゴ竿作りの続きです。
前回は口糸まで巻き固着させましたので今回は継ぎ部分を作って行きます。
先ずは穂先と穂持の継ぎを作りますが一気に目的の太さの穴を開けずに
細いドリルで徐々に太くして行かないと割れますから注意が必要ですね。
次に穂持から穂持下以降の印籠はカーボン棒の太さに合わせ開けて行きますが
挿し込みのコミの深さは口糸巻きより少し短いくらいが良いですね。
でも開けてもきつかったら無理しないでヤスリなどで穴を調整して接着させます。
もしも瞬間接着剤を使う時は一気に刺し込まないと固着してしまいますよ(汗)
元側の印籠が少しきつかったらローソクを塗るとしっくり入る様に成りますね。
そんな具合に全体が継げたら火入れして曲がりを直しカシュー塗装に入ります。
乾燥は2日間程してから紙ヤスリを水に浸けながら塗装の表面を平らに砥ぎます。
でもあまり砥ぎ込むと糸が出て来てしまうので少しだけで良いですね。
紙ヤスリの擦る音が変る変化を聞きながらゆっくり楽しみましょう♪
早く作って釣りたいですが塗装と砥ぎは辛抱ですよね(笑)

タナゴ竿作りタナゴ竿作り (2)タナゴ竿作り (3)
近頃は日が延びて来て春が待ち遠しいですよね。
皆さんはそろそろ何か作り始めましたか?

さて今回は高野竹で2.5尺のタナゴ竿作りに取り掛かり始めました。
本当はテンカラ用に水鳥の羽根を拾いに行きたいですが無精に成ったものです(;^_^A
窓越しの朝日を受けて2年以前から保存していた高野竹の中から材料を選び出します。
今回は4寸の長さに節を3節入れたいと思うのですがなかなか揃いませんね(汗)
それに問題はやはり太さが2㎜以下の細い穂持の部分なのです。
細い竹は有るのですがどうしても節芽で曲がっているのが気に成りますね。
なので今回も継ぎ穂持で作る事にしましたので比較的に作り易く成りますが
継ぎには糸巻きをしませんから強度的に心配な所でも有りますよね💦
とか思いながら穂持や3番4番と材料を選び出すと6本継ぎ竿と成りそうですね。
材料が選び出せれば火入れをして曲がりを直し芽を取って汚れを洗います。
そして節の位置を合わせながら寸法を計りカットして絹糸を巻き付けます。
でも口巻き糸で上下の節が隠れてしまい1節竿に成ってしまいますね(笑)
今回はここまでですが今年もまたタナゴ竿作り楽しみます♪

タナゴ釣りバラタナゴ
年の始めの例とて終なき世のめでたさを松竹たてて門ごとに祝う今日こそ楽しけれ
これは一月一日の歌詞ですね♪

と言う事で今回は竹竿を立ててタナゴの初釣りをして来ました。
約1時間程走り目的の川に着いてみるとタナゴの姿が見あたりません。
川の水が冷たいので何処かに隠れているかと物影などを中心に餌を切って
確かめてみましたがやはり見えないタナゴは掛かりませんよね(汗)
そこで少し下流の深場に移りましたがやはりアタリは出ませんでしたね💦
こんな時には気分転換が必要です。川を変えて岸辺に座りおにぎりを食べます(^^♪
その後テトラの上を歩き回り深場の隙間を選んで2.3尺高野竹竿を出してみました。
しかしここも渋く餌を切る事数十分するとやっと浮きに変化が表れました。
微妙なアタリに悩まされた後に棚をもっと深くすると可愛いオイカワが掛かり、
数匹釣った後に今年初のタナゴが掛かってくれてホッと一安心しました(笑)
その後も激渋は続き午後1時半頃に成ってやっと2匹目のバラが掛かった所で終了し
上流に入った顔見知りのタナゴ師さんとしばしのタナゴ談議に花を咲かせました。
その時は楽しい話をありがとうございました。今度は一緒に釣りましょう♪

このページのトップヘ