やまめ110番

釣りのことやバイクのことを気ままに書いています。

豆バラバラタナゴ釣り
暑い夏でしたがもう秋の気配をしていますので寝やすく成りましたね。
皆さん寝冷えにはくれぐれもご注意してくださいね。

さて今回は度々出掛けているタナゴ釣りの話です。
天候が不順でチョットの間を見つけて2時間程の釣りに出掛けて来ました。
ここはいつも豆バラ釣り師さんたちが居ますが着いてみると誰も居ませんでした。
そんな常連さんたちは早朝に来られてすぐに帰られてしまった様子ですね(汗)
こんな時は1人ゆっくり自作針のテストが出来ます♪
水桶の中に1円玉を沈ませているので豆バラが少し居るのが分かりますか?
今回も水桶2杯でしたが1円玉サイズの豆バラはあまり掛けられませんでしたね(-_-;)
でもこのサイズを掛けるのはなかなか難しくて面白いのですよ♪
きっと豆バラを釣った時は人に見せられない様なニヤケ顔だったと思います(笑)
ここは満足したので大きいバラタナゴのポイントまで移動して再度釣ってみました。
此方は引きが良いのと豆バラ仕掛けとは違ってよく見えるので老眼には楽ですね。
そんな事を言っている間にもう昼に成ってしまい帰路に着きました。
今度は流れの有る川で豆バラを釣ってみたいですね♪

ヤマメアキアカネニホントカゲ
9月に入り今年は毛鉤のロストが少ない年に成りそうです。
皆さんは良い釣りに出掛けていますか?

さて今回は月に1度に成ってしまったテンカラ釣りに行って来ました。
これは8月の最後の週に出掛けましたが本当に軟弱ものに成ったものです(笑)
川の状況や天気の様子などを加味したつもりで早朝に秩父まで車で出掛けましたが、
いざ渓流に着いて川を見るとまだ笹濁りで水量も少し多い状態でしたね。
久しぶりですが増水でクモの巣が少なかったので毛鉤は打ち込みやすかったです♪
しかし今回は全てのヤマメが酔っている様な感じです。
やっと毛鉤に出てもハックルをついばむような咥え方しかしません(汗)
どうも長雨の濁りが続いたため捕食がままならなかった状況の様子ですね。
体力も落ちているらしく泳ぐ位置も水流のバランスが保てる場所にとどまっています。
動きは緩慢だし水面には向いていなく毛鉤への反応が下手に成っています(-_-;)
それでもチビヤマメを何匹か掛けた後の昼近くにやっとこのサイズが掛かりました♪
ゆっくりおにぎりをほうばりながら周りを見渡すともうアキアカネが飛び交っていたり、
ニホントカゲが顔を出したりでもう秋に向けてのカウントダウンが始まっていましたね。
泣いても笑っても後1ヶ月です。今年の締めくくり釣行一緒に頑張りましょうね♪

スジエビモツゴバラタナゴ
釣りに行く時のお供のペットボトルドリンクはいつも午後の紅茶です。
皆さんのお供はどんなペットボトルドリンクですか?

さて今回はタナゴ釣り場で掛かる魚の引き方の違いを書いてみますね。
最初はスジエビですが魚ではないですよね(笑)
このエビは杭や草の周りを自由に泳ぎ回るので中層でも掛かって来ます。
アタリ方はあまり縦には引かずに横にゆっくりとススーと引いて行きますね。
ゆっくり竿を上げると竿先にクィクィと引きが有りそのまま引き上げると掛かって来ます♪
次はモツゴ(クチボソ)ですね。
この魚は割合に集団でやって来てタナゴより早く掛かって来る事が多いです。
アタリ方は浮子を斜め下にクッイーと引き込んで行きますので判りやすいですね。
少しアワセを入れて竿を持ち上げると小気味良い引きが楽しめます♪
そして最後にバラタナゴですね。
タナゴは杭や水草周りの中層から餌に誘われて水面下10㎝くらいまで上がって来ます。
アタリ方は鋭く縦にクックッと特徴のあるアタリですが時には横引きもしますね。
軽く竿を引き上げる様にアワセを入れると平たい魚体を使い手ごたえ有る引きをします♪
手返しよく数釣りを楽しむ釣り方や柔らかい竿で引きを楽しむ釣り方も有ります。
これはタナゴが引く動画です→https://www.youtube.com/watch?v=ILhOcRdbVZ8
この他にもフナやモロコやザリガニなどが掛かりますが浮子のアタリ方を見て
何が引いているかを想像するのも小物釣りの魅力の1つですね♪

ラインカッターメガネ用偏向グラスネオジウム磁石
花咲徳栄の野球部選手たち優勝おめでとうございます。
ついに埼玉県の花咲徳栄高等学校が甲子園で初優勝してくれました♪

さて今回はテンカラ釣りの小道具その2をお見せしますね。
先ず最初はラインカッターですね。
これはハサミより軽くてベストにぶら下げているのですぐに使えて便利です。
ハリスを切ったりラインに付いた蜘蛛の糸などを取る時などにも役立ちますね♪
次の写真はメガネ用の偏向グラスですね。
眩しい水面を見る時に使いますが魚影が見えると早アワセぎみに成りますので
時折出して手に持って覗く程度です。やはり雰囲気アワセの方が合いますね(笑)
そして次の写真はネオジウム磁石ですね。
これはPCのハードディスクから取り外したものですが磁力が強いのと
裏の鉄板に穴が開いているので釣り糸など通せば色々と便利に使えますね。
例えば毛鉤を石の隙間に落とした時なども吸い付いて来るので簡単に取れますね♪
老眼のテンカラ釣りはこんなものを持っていると助かる事が多いのですよ(笑)
残り日数が少なく成りましたがお互い注意しながら楽しみましょうね♪

タナゴ釣り蝶とカブトムシ折れたタナゴ竿
雷が鳴り雨が降ると涼しく成りますね。
でもこんな時でもやはり水分補給ですよね。

さて今回は豆バラを釣りに行って来ました。
と言うのは針を砥ぎましたので豆バラポイントでテストを行ってみた訳です。
ポイントに着くと2人のタナゴ師さんが釣っていましたので横に入れさせて貰いました。
早速1.8尺の高野竹竿を出して仕掛けをセットして親浮子を調節しようとした時です、
ありゃ~穂先の先が折れてしまいました(;´・ω・)
こんな時には予備竿の中からと2尺の高野竹竿に交換して研ぎ針をセットしました。
グルテン餌を付けて振り込むとすぐにアタリが有りバラタナゴが掛かって来ました♪
そして水桶の中入れてみましたがタナゴが自然には外れてくれません(汗)
イメージでは水桶の中で仕掛けを緩めれば自然に針が外れるように砥いだつもりでした。
でも実際は10匹中3匹くらいしか外れません(汗)・・・もう少し研ぎ調整が必要ですね。
約1時間くらいでしたが水桶に2杯ほど釣って今日の豆バラ針のテストは終了しました。
先のお2人に挨拶を済ませて身支度をして車まで戻る途中の木に昆虫たちがいました♪
これからは針砥ぎの前に穂先の作り直しをしなくては成りませんね(笑)

このページのトップヘ