やまめ110番

埼玉から釣りのことやバイクのことを気ままに書いています。

イワナ一夜干しタナゴ釣りバラタナゴ釣り
今日は暑さが増して来ていますが風は爽やかですね。
でも紫外線が多い様子なのでご注意してくださいな。

さて今回はイワナの天日干しとタナゴ釣りして来ました。
実はあまりにも秩父へテンカラ振りに行かないもので兄がタナゴ釣りの時に
釣って置いたイワナを持って来てくれました♪
でも氷の塊にしてあるので一端融かすと数匹を必死で食べる訳に成ります(笑)
流石に家族2人だけだと食べても4匹までですよね💦
そこで余ったイワナを開きにして塩水に浸け天日に乾かして干物にしました♪
午前中はこの作業をしたので午後は近くの池までタナゴ釣り行って来ました。
釣り場ではヘラ師の方が大勢居ましたがタナゴ師さんの姿は見えませんでしたので
隅の方で少し釣り座を構えましたが太陽の照り返しで眩しくて釣りにくいですね(汗)
仕方なく釣り座を変えて太陽を背に受ける様にして釣ってみると
最初からイケメンが釣れて来てくれて楽しい引きを味あわせてくれましたね♪
しかし傘を立てて2時間半釣りましたがやはり暑かったですね(笑)

バラバラタナゴ釣り
これだけ温度の変化が大きいと体が気怠く成りますよね。
皆さんは体調の方は大丈夫ですか?

さて今回は気怠さから脱出するために窓越しのバラを一輪・・・???
なんて柄にもない事ではなくバラはバラでもバラタナゴ釣り出掛けて来ました(笑)
いつもの朝ドラを見た後に上さんにおにぎりを作って貰って車で出発しました。
向かうは大きな川に設置されているテトラポットのポイントですが
釣り場に着いてみるとお一人タナゴ師さんが釣っておられました。
早速挨拶をしながら様子を伺いし少し上流へ入らさせて頂きましたm(__)m
その後は先輩たちもやって来てくれましたので釣りながら話が弾みます♪
しかし午後2時まで頑張りましたが真紅の大きなバラは掛かりませんでした💦
ここではもう少し経たないと大型のバラは望めそうにない様子ですね。
とか言いながら本当は在来種のタナゴも狙っていました(笑)

百均桐箱ミニ合切箱ポケット合切箱
5月に成りいよいよ暑く感ずる日が多く成りますね。
皆さんの1番好きなのは何月頃ですか?

さて今回はポケットサイズのミニ合切箱を作っています。
作ると言っても元は百均で売られているウッドケース桐を買って来ました。
1箱108円なので失敗する事を想定して2箱も買ってしまいました(笑)
写真中は以前に作ったミニ合切箱ですがこれには3通りの長さに使えるタナゴ竿が
1本が入っていてポケットに入れて持ち運べるので便利に使っています(^^♪
そこで今回は3尺で2通りに使える竿を入れるポケット合切箱を作ろうとしています。
今回は仕掛け巻きが少し長いので横向きセットする方法にしたら怪我の功名と言うか
仕切り板が1枚で済み、そして薄い桐の合板にしたので枠内が広がりましたね♪
後は桐板は反り易いのでカシュー塗料で塗装して湿気から保護させました。
これからは竿に合せて仕掛け作りして楽しみます(*^^)v

テンカラ (2)渓流テンカラ
4月ももうすぐ終わりで花のGW突入ですね。
皆さんは今年は何処を予定されていますか?

さて今回は解禁から少々経ちましたがテンカラ初振りに秩父に行って来ました。
でも朝は早く起きられず家を出たのが6時半でしたね💦
そんな具合で秩父の渓流に着いてみると思っていたより水量が多かったですね。
早速、新しく作ったテンカラ竿1本を持って渓流を遡行します。
小さいヤマメは開きに陣取りますので上流のヤマメたちは敏感に反応し、
放流魚でもこれだけの期間大勢の釣り人に弄られているらしく隠れますね(^-^;
そこでまだ振り慣れていないテンカラ竿ですが出来るだけピンポイントを狙って
ドライ毛鉤を打ち込み今回は少し影が有るポイントでの反応が良かったですね。
午後1時半まで叩いた後に初物ですので家族の分を頂いて帰って来ました♪
あっ、新しいテンカラ竿の感想ですか?
そうですね少し硬すぎるので毛鉤をソフト着水させるのに手首が疲れました(笑)

タナゴ草竿タナゴ釣りタナゴ竹竿
4月も末だと言うのに花粉症で鼻水とクシャミの連発です。
ところで今は何の花粉なのでしょうかね?

さて今回は良いタナゴ竿の勉強をさせて貰いました。
今までは寒竹や高野竹や布袋竹などの竹でタナゴ竿を作ってみています。
しかし今回の素材はなんと草の茎の様なのです(驚)
と言うのは前回池でたまたま出会ったタナゴ会長より授かったのです♪
手にしてみるとビックリする程軽くて何の草なのかを聞き忘れてしまいました💦
家に帰ってから弄ろうとしたのですが少し触ると折れてしまいます(汗)
そこで先ずはカシュー塗料を表面に塗り折れにくくしましたが
あまり塗り過ぎると重く成るのでそのままリリアンを付けました。
早速実釣してみるとタナゴやクチボソくらいには耐えられる強さは有りますが
ブルーギルや鮒などが掛かったら即座に折れそうな気がしますね(笑)
でもこの軽さはタナゴの引きの感触がよく伝わり素直な曲がりをしてくれます♪
きっと会長は私の竿作りにこれを教えたかったのだと今判りましたm(__)m

タナゴ竿作り (0)タナゴ竿作り (23)3尺タナゴ竿
週末は30℃と暑く成るようですが季節の進みが早く感じますよね。
皆さんはどの様に感じていますか?

さて今回はまた証拠にもなくタナゴ竿を作って居ました。
今回のタナゴ竿の長さは2.5尺で仕舞寸法4寸の3節揃いで作ってみました。
以前からこの長さのタナゴ竿は数本作っていますが節数揃いはあまり作っていません。
と言うのは全ての節を揃えるにはかなりのストック量がないと合いませんから
新しく干して置いた高野竹の束を紐解く時にしか見つける事が出来ませんね💦
それにも増して仕舞寸法を短くしましたから尚更選び出すのに苦労しました(汗)
この後実釣に行った先で気に成っていた所をタナゴ会会長から助言を頂き、
再度穂持を新しく見つけ1本追加し約3尺竿に改良変更しました♪
でも本当に穂持に使える太さの竹ってなかなか採れてないものですね(笑)
竹採りから始まるタナゴ竿作りは本当に奥が深い事を知りましたm(__)m

バラタナゴ♂ヤマブキタナゴ釣り
桜も散って近くの山も淡い緑色に見える様に成っていますね。
皆さんの方の山はどの様に見えていますか?

そんな今回はタナゴ釣りに川まで出掛けて来ました。
でも花粉症が凄いのでハンターカブではなく車ですがね💦
現地に着くと誰も居ませんでしたので1人で寂しく釣り始めました。
そうですね~30分くらい経った時でしょうか土手上から私の名前を呼ぶ声がしました。
フッと見上げるとタナゴや川の事など色々と教えてくれた先輩タナゴ師さんでした。
そこからは二人並んで楽しい話をしながらタナゴ釣りが始まりました(*^^)v
先輩タナゴ師さんは相変わらず大型のタナゴを狙って流心の深場を狙います。
私の方は岸寄りの小さいタナゴを2.3尺の竿で狙います。
それでも時折小さいバラの間に婚姻色を纏った♂のバラタナゴが掛かってくれます♪
そんな時はやはりにやけてながら写真を撮りたく成ってしまいますね(笑)
今日は久しぶりの話に夢中で午後3時まで楽しんでしまいました♪

タナゴ釣り1カエデタナゴ釣り
4月に入り平成30年度が始まりましたね。
皆さんの職場でも新入職員さんが入られましたか?

さて今回はモミジも芽吹きを見ながらタナゴ釣りに出掛けています。
と言ってもいつもの池ですが花粉対策して両日1時間ずつ続けて楽しみました💦
最初の日ですが流れ込みの右岸側で釣ってみました。
竿は自作70㎝にトップバランスの仕掛けでウキ下25㎝のグルテン餌です。
横に引くのはクチボソのアタリでタナゴのアタリは下に鋭く引きプロペラが回ります♪
翌日は流れ込みの左岸側に陣取り楽しんでみました。
竿は前日の竿から1本抜いた60㎝の長さでゆっくり沈むシモリ仕掛けで釣ってみました。
こちらの方が深く探れるので婚姻色出ている大き目のタナゴも釣れましたね(*^^)v
でも相変わらずクチボソが多くタナゴは10匹程しか釣れませんでした(笑)
今回は偶然にも久しぶりのタナゴ師さんと会えて秘密のポイントも教えて頂きました。
今月から少し釣りから離れるとの事でしたが又一緒に釣れる事を楽しみにしています♪

桜とタナゴバラタナゴ釣り
周りも温かく成り春本番ですが花粉が多く飛んでいますよね。
ところで皆さんはどんなマスクを使われていますか?

さて今回はタナゴ釣りに行って来ました。
春に成ればタナゴも活発に餌を突いてくれる筈だと思っていましたが
クチボソが活性が高くクチボソ7に対してタナゴ1の割合くらいでしたね(汗)
そんな具合ですが久しぶりのタナゴの引きを楽しませて貰いました。
それにも増して上を見上げるとしだれ桜の花も目を楽しませてくれます♪
匂いの方はマスクをしているのでよく判りませんでしたが、
午後の1時間くらいサクラの木の下でタナゴ釣りを楽しみました(*^^)v
と言うと何やら凄く優雅な釣りをしている様に聞こえますが、
実はマスクの下では鼻水が~~・・・・(笑)
今回はクシャミを堪えながら婚姻色を纏ったタナゴを狙いましたが
残念ながら桜色のタナゴには巡り合いませんでしたね💦
でも春を感ずる陽気の中ノンビリ釣りを楽しむ事が出来ました♪

ソノシートHRとCR93'70モーターサイクリスト
春分の日にも成って雪が降りビックリしましたね。
皆さんの方面でも雪が降りましたか?

さて今回は本棚の中からこんなものが出て来ました。
知っている人は少ないかも知れませんがソノシートのレコードですね。
これはモーターサイクリストの付録でしたがその時の本は見つかりませんでした(汗)
内容はカワサキのH1RとホンダのCR93が筑波サーキットを走る音が入っています。
カワサキのH1Rと言うとすぐにマッハⅢを連想してしまう年頃です(;^_^A
当時友人のマッハⅢを借りて乗った事が有りまして2ストロークの3気筒エンジンは
メカニカル音と排気音と煙が凄かった事を思い出します。
そして2速や3速からもアクセルを吹かすと前輪がいつの間にか浮いていましたね(笑)
次のホンダCR93と言うと市販車のホンダCR93ストリートを思い浮かべます。
これには乗った事が有りませんが兄が乗ったCP77も確か前方へキックしていましたね♪
今はレコードプレイヤーを持っていないのでこのソノシートを聞く事は出来ませんが
久しぶりに見て若い頃を思い出してしまいました♪

このページのトップヘ