やまめ110番

埼玉から釣りやバイクの事などを気ままに書いています。

テンカラテンカラ (2)台風の爪痕 (2)
新型コロナの影響でいろいろな形の支障が出て来ていますね。
目に見えない相手ですが人々の連帯力で乗り越えていきましょう。

さて今回はやっとテンカラ打ちに行って来ました。
しかし秩父の渓流に立って見ると渓相の変貌ぶりにビックリしました。
それは去年の台風の大雨で川の土手は剥がされ道路は崩落し石は割れたり
転がされたり研磨されたりで苔などは全て無くなっていましたね(汗)
そんな中でも渓魚たちはチャント生き延びて居てくれました♪
こんな状況ですから放流ポイント打ちで遡行すると突然反応が無くなりました?
よく見ると先行者の足跡です。そこで少し休んでいると下流に釣り人の姿です💦
仕方なく変貌した渓を今後のためにと頭に覚えようと思いながら遡行を続けましたが
このボケた頭では次回の釣行までは記憶が保つか心配ですね(笑)
目はかゆく足は痙攣しましたがテンカラを3月中に打てて良かったです♪

タナゴ釣りハンターカブ小鮒釣り
もうヒノキの花粉が飛んでいる様子で鼻の通りが悪いですね。
皆さんは花粉症に成っていませんか?

さて今回はタナゴ釣りにハンターカブを連れ出して来ました。
習慣で朝ドラを見てからおにぎりを作って貰い合切箱を入れて出発です。
乗り出して先ず感じたのはハンドルが高く成ったので肩の具合が楽ですね♪
そしてバックミラーの嵩上げで後方も良く見えますので車の流れに乗り易いです。
今回は折角ハンターカブなので車では入れないポイントを狙って回ってみました。
しかしどうした事なのか何処のポイントでも音沙汰なしの状態でしたね(汗)
仕方なく昼飯に豆バラポイントにお邪魔して少し遊ばせて貰いました♪
やっとタナゴに会えたので気を良くして帰り道に土管ポイントも覗いてみました。
水は乳白色でしたが小さい魚の影が見えますので3尺竿を出し釣ってみると
このサイズの小鮒がポツポツ掛かって来てくれました♪
そして土筆が顔を出していましたので一緒に写してみました。春ですね~(*^^)v

ハンターカブ (1)ハンターカブ (2)
春の風が吹くと暖かさが増して来ますね。
でもこの時期は花粉症の人にとっては辛いですよね。

さて今回はハンターカブのハンドル調整をしました。
と言うのはここのところ歳の所為か乗ると右肩の三角筋の所が痛みます。
そこで少しハンドルを起こしてグリップの位置をアップさせてみました。
少し旋回する時にクイック性が増しますが肩への負担を少なくなると思います。
ついでに以前からバックミラーの視野が見づらかったので工具箱の中から
古い高さ調整スペーサーを見つけ出して右側だけ取り付けてみました。
これで少し後方が確認しやすく成った気がしますね(*^^)v
実はいつも行くタナゴの池も新型コロナの関係で施設の利用が停止されています。
他に所に行けば良いのですがヒノキの花粉が飛び始めた様子で目がかゆいですね💦
などと言いながらコタツの子守りをしています(笑)

発砲タナゴ浮き作り (1)発砲タナゴ浮き作り (3)発砲タナゴ浮き作り (4)
今年は新型コロナウイルスでマスクがどこでも売り切れていますね。
花粉対策用に買ったマスクが残り少なく成って来ました。

さて今回は補充のためにタナゴ浮きを作って居ました。
タナゴ浮きに使う材料にはいろいろ使いますが浮力重視で硬質発砲スチロールを
Φ6㎜にくり抜き1㎝程度の長さにカットしてグラスの足を接着します。
その後カッターナイフで大まかにカットしてから自作ミニ旋盤で形を整え
紙ヤスリは段々細かい紙ヤスリに変えて表面を滑らかにします。
塗装は発色を良くするために白い水性塗料で全体を下塗りして乾かし、トップの
蛍光塗料や見やすい色を塗ってからラインを入れますがいい加減な削りだった
ためにセンターが出ていないので細い線は描けませんね(笑)
でも親ウキの役目をすれば良いので透明なニスで仕上げ塗りして完成です♪
今回は発泡材なので後で斜めに穴あければOK牧場ですよね(笑)

タナゴ釣り (1)布袋竹と寒竹延べ竿タナゴ釣り (2)
渓流釣りが解禁されましたが初釣行は如何でしたか?
私はまだですが今年は暖かい解禁日でしたね。

さて今回もまたタナゴ釣りに行って来ました。
鉢で育てて2年乾燥していた寒竹を延べ竿にしてテストしてみました。
と、毎回いろいろな言い訳をしてよく飽きずにタナゴ釣りに行きますよね(笑)
布袋竹の小節竿と比べると長さが68㎝に27節も有り見た目は良いのですが
これは寒竹なのでこのくらい節が有っても特別不思議な竹ではないですね(汗)
最初は水路側の流れで2時間程釣りましたが布袋竹の様な凛とした竿とは違って
柔らかくアワセのタイミングが無いままタナゴが掛かって来てしまいます。
昼食を挟み止水の池でも釣ってみましたがやはりアワセが決まらずシモらせて
待っていると向こうアワセで竿に乗ってしまう渓流のゼロ調竿の様でしたね(;^_^A
後味がスッキリしないので高野竹竿に換えてアワセの感じに戻して帰って来ました。
以前は柔らかめな竿が好きでしたが近頃は少し硬めの竿が好きに成りましたね💦

このページのトップヘ