やまめ110番

埼玉から釣りのことやバイクのことを気ままに書いています。

ヒゲナガガハンターカブとタナゴ西洋シャクナゲ
今年も暑くなりそうな気配のこちらの気温です💦
皆さんの家の方ではどんな様子ですか?

さて今回もハンターカブでタナゴ釣りに出掛けて来ました。
実は上さんが出掛ける用事が有ったのでこれ幸いにいつもよりチョット早めに家を
出掛けタナゴのポイントの様子を見ながら走り回りました♪
ほとんどの水路では水位が上がり田んぼには水が張られ濁りも入っていましたね(汗)
そして今回は釣友さんから以前に教わった初めての場所にも立ち寄ってみました。
ここはヘラ師の方が数人釣っていましたのでお邪魔しない様に足元を覗くと
小魚が見られましたがここでは竿は出さずにヘラ師の方とお喋りさせて頂きました。
その後は前回の所まで走りハンターカブを止めると見た事が無い白く長いヒゲが
目立つヒラヒラ飛ぶ蝶々を発見し追いかけながら写真を写しました。
後で写真を調べてみるとヒゲナガガと言う蛾の様子でしたが皆さんは知っていますか?
タナゴ釣りの方は2.3尺竿で手返しを良くして釣友さんの真似して時間束釣りに挑戦して
みましたが2時間同じ姿勢で釣ると背中やら尻が痛み出し年寄りの冷や水でしたね(笑)
ゆっくり腰を伸ばし家に着くともうシャクナゲの花も開いていました♪

タナゴ釣りハンターカブキジ
5月も中旬に入って来ると雷の季節に成って来ますね。
皆さんは雷が鳴るとどんな対応を取りますか?

さて今回はハンターカブでタナゴ釣りに行って来ました。
細い道や田んぼの畦道はやはり機動力が有るハンターカブは有り難い相棒ですね♪
そんな事で今朝も気合を入れて定刻の9時におにぎりを作って貰い出発です。
あっ当然タナゴ道具と日傘も括り付けてですよ(笑)
釣り場に着いてみると幾分水位が上がっていて良い感じに成っていましたね。
早速3尺の並継竿を出してトップ仕掛けでウキ下30㎝ぐらいにセットします。
グルテン餌を付けて落とし込むとすぐにアタリが出て先ずは1匹目です♪
その後は徐々に棚を上げながら最終的には20㎝くらいまで上げましたね。
おにぎりを食べた後は黄身練りを試みましたが上手く続かず元に戻しました(笑)
そして午後1時半まで楽しんだ後の帰り道です畑の端で雉が目に入ったので
ハンターカブを止めてパチリこんな時にもやはり便利ですよね(*^^)v

2尺タナゴ竿 (2)2尺タナゴ竿2尺タナゴ竿 (3)
GWも終わりやっと正常な日常生活が戻って来ましたね。
ところで皆さんはGWの余韻はもう抜けましたか?

さて今回はタナゴ竿作りの続きを紹介します。
続きと言ってもカシュー塗料で塗装を施しただけですがね💦
以前に2尺の2本仕舞いの並継ぎ竿を作った事が有りましたが並継ぎ竿は次々と
太く成ってしまうので元の太さをが近いと同じ様な長さの竿に成って仕舞いますね。
と言う事で塗る前にすげ口から塗料が入り込まない様に適当な竹で栓をします。
その後はカシュー塗料を全体に塗っては乾かしを重ねた後に少し飾り塗りなど
してからまたカシューを塗り重ねをしますから時間が掛かりますよね(汗)
これらの間も紙ヤスリで水砥ぎを行いながら塗って居ます。
塗装が終れば栓を抜きバリ部分を落としてキャップを作って完成ですね♪
最初の口巻き糸は水色の絹糸でしたがほとんど黒色に成って仕舞いましたね(笑)
最後に継いで見ると今回はジャスト2尺タナゴ竿に成りました。

タナゴ釣りアヤメ西洋シャクナゲ
ここの所晴れて日が射すと初夏の様子で暑いですよね。
皆さんはこの時期はどんな服装で着ていますか?

さて今回は令和に成って最初のタナゴ釣りに行って来てしまいました。
GW中は釣りをしないで竿でも作っていようと思っていましたが家でネットを
見ていると皆さんが魚を釣られているのでどうもムズムズしてしまいましたね(笑)
そこでゆっくり朝食を食べてから近くの池で午前中2時間だけ遊んで来ました。
現地の池に行ってみるとヘラ師は数人しかおらずタナゴ釣りは私1人でしたね💦
そんな具合で1.6尺の竿にゆっくりシモリ仕掛けをセットしてタナゴの棚を探ります。
今回は暖かい筈ですが提灯くこのらいまでシモらせるとアタリが出ましたね。
しばらくはこの仕掛けで釣っていましたが小さい餌は下まで持たないです(汗)
そこでもう少しオモリの大きい仕掛けに取替え早く棚に届く様にしましたら
アタリが良く出る様に成って来て綺麗なイケメンも出てくれましたね(*^^)v
そして庭ではアヤメも咲き出し西洋シャクナゲの蕾も膨らんで来ていましたね♪

高野竹タナゴ竿作りタナゴ竿作り (2)
令和元年が始まりましたね。そして平成ありがとうございました。
これからもみんなの心を繫いで令和の時代を創って行きましょうね。

さて今回は連休に合せて高野竹でタナゴ竿を作っていました。
まだ出来上がっていませんがやはり塗装には時間が掛かりますよね💦
今回のタナゴ竿は2尺6本並継ぎで3本仕舞いの予定ですから1本の長さが
4寸くらいのコンパクトサイズに成り持ち運びも楽だと思っています♪
先ずは穂先は事前に削って置いた中から気に入ったものを選びました。
それに合わせて2年乾燥させた高野竹の中から太さを計りながら選び出します。
それを火入れして曲がりを取り切り組して口糸を巻きカシューで固定させます。
割れ防止に糸でぐるぐる巻きして自作の錐で竹の穴を貫通させ広げて行きますが
今回は各々に1本ずつ仕舞えれば良いので比較的に楽な作業の筈です。
しかし手を抜いてやった所為か少しヒビが入ってしまった所が有りましたね(^-^;
でも自分で使うタナゴ竿なので自己納得しています(笑)
そしてやっと塗装の段階に入ったところで令和を迎えてしまいました♪

このページのトップヘ