やまめ110番

埼玉から釣りのことやバイクのことを気ままに書いています。

タナゴ釣りハンターカブからし菜
昨日東京では桜の開花宣言が発表された様子ですね。
ところで皆さんはどちらに桜見物に出掛けられますか?

さて今回はハンターカブを連れ出してタナゴを釣って来ました。
以前から時間があるとトコトコしてはホソのタナゴの居場所を探しています。
そんな今回もとある田んぼの畦道沿いの水路を覗き込むと小さい魚の姿が見えます。
こんな時は何が掛かるか判らないのでグラス竿の方が安心ですよね💦
グルテン餌をしばらく切ると糸浮きに反応が出始めタモロコが掛かって来ました。
その後は棚を下げてやっと小鮒が掛かって来てくれましたね♪
数匹小鮒を釣った後の事です小さい体高の有る魚が掛かって来ました。
また小鮒だと思って手元に寄せるとなんとバラタナゴでは有りませんか 👀
まさか跨げる様な小さな水路に生き残っていたとは少し興奮してしまいましたね(汗)
でもたまたまタナゴが掛かったのかも知れないと思い次のアタリを待ちます。
少し時間はかかりましたが次に来たのもまぎれもなくバラタナゴでしたね♪
久々に嬉し場所を発見でしたのでからし菜摘んで来ました(笑)

落とし桶タナゴ竿豆浮子
ここの所どんどん(ますます?)暖かく成って行きますよね。
ところで皆さんの方面ではこんな時はどのような言い回し方をしますか?

さて今回もテンカラに行かずに落とし桶やタナゴ竿などを作っています。
以前に塗った落とし桶を使った所周りがボケてしまいピントが合いませんでした💦
そこで縁取りに黒色を塗ってみましたがどうでしょうかね?
えっ・・・老眼が進んでいるのではないかって・・・・(^-^;
でもこれならくっきりして桶の中に釣ったタナゴを落とし易そうですよね♪
そしてタナゴ竿作り第3弾と言いましょうか3尺の並継ぎ竿を作って居ました。
この竹は以前テンカラ竿作りで失敗した時の高野竹なのですが勿体ないので
節と太さを合わせ切り組をしてみましたら5本継ぎの3尺竿に成りましたね。
やはりこの太さでのテンカラ竿を作るのには少し細すぎた様子でしたね(笑)
最後に極小の豆浮子を試しに作ってみました。
この材料は発泡スチロールなのでこれだけ小さくとも浮力は有ると思っています。
後は斜めに道糸通しの穴を開けて仕掛けを作りますが使い物に成るか楽しみです♪

高野竹タナゴ竿高野竹タナゴ竿 (2)高野竹タナゴ竿 (4)
今日3月11日は東日本大震災が発生した忘れられない日ですね。
8年前、職場で窓越しの景色が歪んで見えたのを覚えています。

さて今回は前回を踏まえて3尺の並継ぎのタナゴ竿を作って居ました。
並継竿は数本に仕舞い込めるのでコンパクトに持ち歩けるのが良いのですよね♪
先ずは選んだ竹を真直ぐに火入れし切り組みして自作の錐で中をくり抜きます。
次は口巻き部にキシャギを施すのですが素人なので紙ヤスリで表面を荒らします。
絹糸で口巻きまで順調に行けば後はリリアンを付けて塗装に入れますね。
何度か塗装を繰り返していると何処か仕舞い込めなく成る時が有ります💦
こんな時には内部にヤスリを掛けるか水砥ぎをして塗装をの凸凹を減らし
細かい紙ヤスリで調整してからコンパウンドで磨き上げて完成させます♪
でも竿の継ぎを抜く時に全てがポンと鳴りませんね(汗)

タナゴ竿作りタナゴ竿作り (4)タナゴ竿作り (6)
私はスギ花粉よりヒノキ花粉の方が過敏なのですが少し鼻水が出ます。
皆さんの周りでも花粉が飛んでいますか?

さて今回は高野竹でまた2.5尺の並継ぎタナゴ竿作っていました。
実は先輩たちが愛用しているのが並継ぎ竿なので真似して切り組みをしたのですが
2節をくり抜いて3本仕舞にしようとすると節の所にヒビが入ってしまいました💦
そこで同じ位の太さの竹を選び出して再度挑戦しましたがまたもや失敗です(涙)
やはり2節をくり抜くには竹材選びと多くの種類の太さの錐が必要でしたね。
仕方なく印籠継ぎ竿に変更して作る事にしましたが今度は継ぎ目に段が出来てしまい
綺麗ではないので口巻きの部分をテーパー状に肉盛りしてなだらかにしました。
継いでみると元は並継ぎ竿用ですから太いタナゴ竿に成りましたね(汗)
そして以前に作った竿と比べてみると同じ調子の竿は無いものですね。
こんなに作っても飽きないタナゴ竿作りとは・・・・本当にバカですよね(笑)
と言う事で第1弾の並継ぎタナゴ竿作りは失敗に終わりました。
今回のを教訓に次は1節で再度並継ぎ竿作りしています(;^_^A

BH毛鉤テンカラ竿清掃テンカラ竿
3月は年度終わりの月ですが釣り人にとっては渓流解禁の月ですよね。
皆さんは仕事と渓流どちらが優先ですか?

さて今回は今頃に成ってやっとテンカラ竿やら毛鉤を巻き出しました。
タイイング材も沢山持ってないので毎年同じ様な毛鉤に成ってしまいますね💦
先ずは愛用の毛鉤を巻いた他に少し違った毛鉤も巻いてみる事にしました。
それはビーズヘッド(BH)毛ばりの真似をしたBH風毛鉤でドライ用に軽く作る為に
百均のビーズを入れてみましたが渓魚たちの反応は如何でしょうかね(笑)
次はテンカラ竿の点検でキャップと尻栓を外し一本ずつ表面の汚れを布で拭き取った後に
ティッシュを丸めて通し竿の内部の汚れを拭き取りますがかなり汚れていましたね(汗)
最後は固着防止にローソクを塗りジョイント部のすり合わせを行います。
毎年秩父にテンカラを打ちに行く回数が減っていますが今年も年券を購入しました♫
流のよれに目線を置き毛鉤を打つ、その毛鉤にヤマメも目線をくれる。
その一瞬の緊張感を味わいにゆっくりとテンカラ打ちに出掛けるつもりでいます。
今年もお互いに怪我の無い様に気をつけて楽しみましょうね♪
皆さんにとって良い解禁日で有ります様に願っておりますm(__)m

このページのトップヘ