やまめ110番

釣りのことやバイクのことを気ままに書いています。


タナゴ合切箱タナゴ1
一雨ごとに温かく成って行きますが今年の桜前線が気に成りますね。
皆さんの家の方ではいつ頃が開花宣言予定ですか?

さて今回はまたタナゴ釣りの話に成ってしまいました。
前回タナゴ釣りでハンターカブのBoxに合切箱を入れての釣行する事が出来ました。
そこで今まで使っていたDバッグの道具を一緒にまとめ直してみました。
しかし全ての道具が入る訳ではないので少し整理しないと成りませんね(汗)
先ずは竿からですが適当に作って来た為に竿の長さや調子が少しずつ違います。
作った時の思いも有るのでなかなか切り捨てられず仕舞寸法が長くて合切箱に
納まらない竿などを除いて残りの竿を数えると11本に成ってしまいました(^^;)
次に仕掛けですがこれも各竿に合わせて2パターンの仕掛けを作っていますので
プラケースの中に入れて仕舞う事にしました。
針入れの方も砥ぎ針の大きさに合わせて何個かに集合させ、
その他重複する物を省きやっと合切箱にまとめることが出来ました♪
早速タナゴ釣りに持って行くと・・・2尺竿1本だけしか使いませんでしたね(笑)
でもきっと春に成れば釣り場に合わせて使い分けしますよね(汗)

可愛いヤマメヤマメ冬を乗り切ったヤマメ
この頃は寒いですがやはり早く春の温かさが欲しいですよね。
皆さんはホカロン貼って釣りしていますか?

さて今回はついに秩父へ渓流釣りに行って来ました。
と言っても解禁してからもう9日も経っていますよね(笑)
タナゴ釣りばかりでしたが風も穏やかな予報なので思い切って重い腰を上げました。
実際に溪を見てみるとあまりにも水が少なくてビックリしましたね(^^;)
気合だけは入れてテンカラ竿を1本持って溪に立ちラインの癖を取ります。
今回は足慣らしも有るのでゆっくりと淵を覗くとヤマメの姿が見えて安堵しました♪
しかし毛鉤を打ってもヤマメは挙動せずに一定の深さをただじっと泳いでいます。
そんな感じでポイント毎に毛鉤を打ちながら川の様子を確認して遡行します。
すると解禁日に合わせて放流されたヤマメが残っている場所にたどり着きました。
でも放流魚さえ毛鉤に反応しません見切りをつけて車に戻り渓流竿にチェンジです。
餌は現場調達の川虫でそっと流し込むと小さいですが明確なアタリです。
軽くアワセを入れると放流魚が掛かって来ましたのでキープです♪
数匹釣ると放流魚に騒がされた様子で可愛いヤマメやこの冬を乗り切って来た
痩せたヤマメも掛かって来たのでリリースして帰路につきました。
やはりまだテンカラには少し早い気がしましたね(^-^;

ハンターカブと合切箱ハンターカブタナゴ1
いよいよ渓流が解禁されましたね。
皆さんの初釣果はどうでしたか?

今回は渓流釣りはお休みしてハンターカブでお出かけして来ました。
庭にハンターカブを引き出し久々ですがチョークを引いてキック一発で始動です♪
そしてリアボックスの中にこの前に作ったタナゴ用合切箱を入れてみましたら
難なく入り他にも椅子も入って蓋も閉められて安堵しました(笑)
早速、台所に置いて有ったパンとジュースも入れて身支度して川を目指します。
昔通勤していた頃はこのくらい平気だったのですが流石に手がかじかみますね(汗)
休みながらでも1時間程走ると最初の目的の川に着きます。
そしてバイクの利点を生かしてエンジンを切って川沿いを押して歩きます。
途中では鯉の群れが越冬している場所を見つけました♪
フロントキャリアの先あたりに鯉が数匹いる筈なのですがよく写らないですね(汗)
この川では少し深みの有る場所でタナゴを釣ってから別の川にも回ってみました。
久々の単コロの振動に春を感じ満足して帰って来ました♪


雑魚年券バラタナゴ
いよいよ明後日が渓流解禁日に成りましたね。
でも渓流の目覚めはやはり木々の芽吹く頃に成りますよね。

さて今回は里川でのタナゴ釣りに行って来ました。
ここの所温かい日が多く成って庭の鉢植えの梅も咲いています。
そんな中ですが埼玉県内共通雑魚釣り券がいつもの様にコンビニで
利用出来ないのが判り、初めて埼玉漁連まで行ってこの年券を購入しました。
合せて里川でのタナゴの状況も気に成っていましたので確認にも行って来ました。
何ヵ所か暖かそうな川を回ってみましたがまだ水は冷たく活性は低い様子でしたね(汗)
それでもタモロコと一緒にタナゴが掛かって来てくれましたのは嬉しかったです♪
午後もウロウロしていると知人のタナゴ師さんに偶然に会いました。
その後は手作りの竿や仕掛けを見せ合いながら釣り談議に成ってしまいましたね(笑)
回ってみると里川の春はもうすぐそこまで来ている感じがしましたね。
これから渓流釣りもタナゴ釣りも徐々に本格化して行きますね。
皆さんくれぐれも事故に注意して無理しない程度に頑張りましょう♪

湖面ワカサギ
もう秩父に行くと渓流解禁の話しで持ち切りに成りますね。
皆さんはどこから情報を得ていますか?

さて今回も再び秩父にワカサギりに行って来ました。
おそらくこれが今シーズンの最後の釣行に成ると思ってますので
朝1番を目指しましたがいつもと同じように残念ながら5番目でしたね(笑)
現地に着くと湖面は風もなく鏡のように山と空を映していましたね♪
少し出遅れたと思う釣り人の血はどうしても騒いでしまいますよね(^^;)
早速いつもの竿に手作りの8本針仕掛けを付けて1.5号のオモリで橋上から始めます。
徐々にオモリを重くして行き最終的には3号のオモリまでに成ってしまいました。
昼頃には風も強く成りましたがそれでもアタリはしっかり捕える事が出来ています♪
しかしワカサギの肌がざらつき始めているのも居て終盤に成った事を物語っていました。
今年は当歳魚が釣れないシーズンでしたが最後で束越えする事が出来ました♪
さぁ〜もうすぐ渓流解禁ですね。また一緒に楽しみましょうね♪

ワカサギワカサギ釣り秩父年券
今日は温かく成る様子ですがそろそろひと雨が欲しい時期ですよね。
皆さんの方の河川の水量はどうですか?

さて今回は月に1度ほどに成ってしまった秩父のワカサギ釣りに行って来ました。
今回は寝坊もせずに朝7時チョット前には現地に着きましたが
いつもの先輩とは違う人たちがもう好ポイントに数名が入られていましたので
仕方なく反対側の知人の先輩の横に入らせて貰いました(汗)
いつものように橋の上から竿下48mくらいの下のワカサギのアタリを見つけます。
でも日が射してくると眩しくて竿先が見づらくアタリをとらえる事が出来ません。
そこで竿の横から竿先を見ますがアタリが有ってもアワセが間に合いませんね(笑)
しかし1時間もやり過ごせば竿先も見えて来ます♪
が・・・・今度は強い風が吹き始めます(汗)
こうなると仕掛けを上下する時にも周り人の道糸に注意しないと絡まってしまいますね。
今回は釣り人が多かった為かオマツリが多く皆さんも苦労していましたね(^^;)
それも昼を過ぎる頃にはワカサギのアタリと一緒で皆さんは帰り支度です。
私は午後3時まで頑張り田舎に寄って頼んでいた年券を受け取って来ました♪

グライダー着陸1グライダー離陸グライダー着陸2
お日様が段々温かく感じられる様に成りましたね。
皆さんの家では日向ぼっこする場所は何処ですか?

さて今回は利根川までサイクリングして来ました。
日頃が運動不足なのでバイクではなく自転車にしましたが疲れますね。
と言うのはそろそろ渓流の解禁に合わせないと足が攣ってしまいますからね(笑)
利根川まで行き土手の上に登ってみると河川敷に数機のグライダーが有りました。
少し休みながら見ていると音もなくスゥーっと動いたと思ったその瞬間に
グライダーが一気に青空に向かって上昇して行きます♪
肉眼では見えるのですが動画では牽引ワイヤーを切り離す所がよく見えないですね(汗) 
でもこれがその動画です↓ もし良かったら見て下さいねm(__)m
https://www.youtube.com/watch?v=kCD0gZKK_RU
そしてグライダーが着陸に入るのも待ち構えて写真を写してみました。
2機のグライダーを比べると角度や高さがかなり違うものなのですね。
それにしても間近を通過する時には独特の風切り音がよく聞こえました♪
さぁ〜これでいくらか体力が回復しましたかね(笑)

タイイング道具テンカラ毛鉤
立春も過ぎて春が待ち遠しいですよね。
皆さんはもう手抜かりなく釣り道具を揃えていますか?

さて今回は渓流の解禁に合わせてテンカラ毛鉤巻き出しました。
タイイング道具をセットしようとしたら息子が使っていた机と入れ替えたために
机の天井板の角が出てなくて上手くバイスを固定出来ません(汗)
そんな事から以前にタナゴ道具箱に変更した裁縫箱を改良して底に板を貼り付け
その板が机の外まで張り出せるようにさせました。
しかしそのままではゴミが床に落ちてしまいますよね。
そこで百均の窓ロックを使って桐箱を挟み付けられる様にしました。
タイイング道具も置けるしゴミの散らかりを気にせずに毛鉤が巻けそうなので
少し巻き始めてみましたら久しぶりに巻いたのでダビングの量が多すぎたりで
とても不格好で見せられる代物では有りません(笑)
やはり何個か巻かないと感が取り戻せませんね(^^;)

タナゴ浮子タナゴ浮子3タナゴ仕掛け
我が家では食卓のテーブルの上にPCを置いて使っています。
皆さんはパソコンは何処で使っていますか?

さて今回はタナゴ釣り用の中通し浮子を作ってみました。
と言うのは桐板で合切箱を作ったので半端板が勿体ないですからね(笑)
先ずは板厚の8㎜幅にカットして四角の棒状にして手回しの鉛筆削りで先を削ります。
こうすると棒の中心が見つけやすいのですよね♪
その先の平面の中心に0.6㎜のドリルで穴を開けて行きますが、
今回は初めての中通し浮子を作る予定ですので浮子の長さまで開けます。
それをカットして穴の中にチューブを差し込み接着させて内部の防水を施します。
そして穴に縫い針を差し込み自作のミニ旋盤に咥えて紙ヤスリで成型して行きます。
塗装は黒色ベースと蛍光色に金の帯を巻き最後に透明でコーティングして完成です。
折角なので大きさの違う浮きで仕掛けを作ってみました。
今度の釣行でどんなアタリが出るか楽しみです(^^♪

ミニ合切箱1ミニ合切箱2タナゴ用合切箱
2月に入ると渓流解禁がすぐそこに来ている気がしますよね。
皆さんは釣り券の用意は済まされましたか?

さて今回は前回のあられ組みの冶具を使いタナゴ用ミニ合切箱を作りました。
前回の合切箱でも十分なのですがやはり納得いくものを作りたい気持ちで始めます。
先ずは百均の桐板を作りたい大きさに寸法を計り鉛筆で線を引き長目の板を定規にして
固定させ沿わせてノコギリを引きカットして行きます。
そしてあられ用冶具を使って溝をカットしますがかなり削りカスが飛び散りますね(汗)
怪我に注意しながらカットが終われば後は組み立てるだけです。
木工用ボンドを塗り固定金具で固定しながら接着して箱にして行きます。
全ての箱のパーツが出来れば鉋と紙ヤスリを使って角や面を仕上げて行きます。
塗装にはいつもの通りカシュー塗料で水砥ぎしながら4回程塗りました。
最後に蝶番や止め金具を取り付けて紐を通せばミニ合切箱完成ですね♪
前に作った合切箱より少し大きいあられ組み合切箱ですが満足する事が出来ました♪
さぁ~これでやっとテンカラ用毛鉤が巻き始められますかね(笑)

このページのトップヘ