やまめ110番

埼玉から釣りのことやバイクのことを気ままに書いています。

桜とタナゴバラタナゴ釣り
周りも温かく成り春本番ですが花粉が多く飛んでいますよね。
ところで皆さんはどんなマスクを使われていますか?

さて今回はタナゴ釣りに行って来ました。
春に成ればタナゴも活発に餌を突いてくれる筈だと思っていましたが
クチボソが活性が高くクチボソ7に対してタナゴ1の割合くらいでしたね(汗)
そんな具合ですが久しぶりのタナゴの引きを楽しませて貰いました。
それにも増して上を見上げるとしだれ桜の花も目を楽しませてくれます♪
匂いの方はマスクをしているのでよく判りませんでしたが、
午後の1時間くらいサクラの木の下でタナゴ釣りを楽しみました(*^^)v
と言うと何やら凄く優雅な釣りをしている様に聞こえますが、
実はマスクの下では鼻水が~~・・・・(笑)
今回はクシャミを堪えながら婚姻色を纏ったタナゴを狙いましたが
残念ながら桜色のタナゴには巡り合いませんでしたね💦
でも春を感ずる陽気の中ノンビリ釣りを楽しむ事が出来ました♪

ソノシートHRとCR93'70モーターサイクリスト
春分の日にも成って雪が降りビックリしましたね。
皆さんの方面でも雪が降りましたか?

さて今回は本棚の中からこんなものが出て来ました。
知っている人は少ないかも知れませんがソノシートのレコードですね。
これはモーターサイクリストの付録でしたがその時の本は見つかりませんでした(汗)
内容はカワサキのH1RとホンダのCR93が筑波サーキットを走る音が入っています。
カワサキのH1Rと言うとすぐにマッハⅢを連想してしまう年頃です(;^_^A
当時友人のマッハⅢを借りて乗った事が有りまして2ストロークの3気筒エンジンは
メカニカル音と排気音と煙が凄かった事を思い出します。
そして2速や3速からもアクセルを吹かすと前輪がいつの間にか浮いていましたね(笑)
次のホンダCR93と言うと市販車のホンダCR93ストリートを思い浮かべます。
これには乗った事が有りませんが兄が乗ったCP77も確か前方へキックしていましたね♪
今はレコードプレイヤーを持っていないのでこのソノシートを聞く事は出来ませんが
久しぶりに見て若い頃を思い出してしまいました♪

春蘭カエデ
周りが段々と春めいて来ましたね。
皆さんの近くでも春の訪れが見られますか?

さて今回もスロースタートなので釣りに行っていません。
歳の所為かどうも体が重く尻から根っこが生えているようです(笑)
そんな事で庭を覗くとクロガネモチの木にヒヨドリが2羽止まっていました。
そして手前に植えて有るモミジは秩父の実家の山から掘って来た木でして
毎年この新芽の様子で秩父の渓流の様子を計り知る木にしています。
高知ではもう桜の開花宣言が出されましたが我が家の標準木の芽吹きは遅いですね💦
そんな様子なので庭の隅に植えて有る春蘭の花芽を確認する為に
葉を退かして見つけてみると何本かの花芽が出ていましたね♪
実はこの春蘭も実家の山に生えているものを一株掘って来たものです。
昔は沢山生えていましたが今は誰かに全て採りつくされてしまいました(涙)
毎年庭で咲き続けて春を教えてくれる草木は嬉しいですね♪

ルーペ老眼鏡
季節は段々春に成ってもう花粉が飛散していますね。
皆さんは花粉症は大丈夫ですか?

さて今回は釣りにも出掛けていないのでネタが有りません。
なので机の上に転がっている年寄りのアイテム???を紹介してみますね。
と言っても何も代わり映えしないただのルーペですね(笑)
でもこのルーペは安物なのですがガラス面が広いので見やすいのです。
しかし作業中に片手に持っている訳には成らないので何か固定できるものは
ないかと探してダイヤルゲージの固定台を見つけ出し作りました。
これはかなり土台が重いのでルーペの重みでも転がりにくく
角度や高さを合わせる事が出来て凄く便利です♪
今まではメガネに老眼鏡を取り付けて作業をしていましたが横を見る時など
ピントが合わないのと時間が経つと重くて鼻が痛く成ります。
こんな物ですが毛鉤を巻いたりタナゴ浮子を削ったりする時には重宝しています♪

和竿作り和竿作り (3)
今年も3月に入り雨が降りましたが気温が上がりましたね。
皆さんはもう何処かに出掛けられましたか?

さて今回は竹竿でテンカラ竿を作ろうと試みてみました。
でも写真を見て貰うとすぐに解るように仕上がってはいませんね(汗)
・・・・そうです・・・・失敗作なのです(涙) 
そんな話ですが、今までにタナゴ竿を何本か作って来ているのである程度は作れると
過信していつもの様にストックしている竹の中から材料を抜き出して火入れをして
から寸法に合わせて切り出しを始めました。
しかしタナゴ用に採って来た布袋竹や高野竹ですから細いものしかなく細身の竿に
成るのが分っていましたが1本1本を曲げてみるとオイカワのテンカラ竿くらいには
作れると思っていました(^-^;
しかし継いでみると超軟調竿で腰はなく勝負に成らない竿に成ってしまいましたね💦
やはりテンカラ竿を作るにはそれに合わせた竹採りが必要だったのですね(笑)
もう秩父は解禁しましたが今年もスロースタート発進です♪

テンカラ竿布袋竹握りテンカラ竿布袋竹テンカラ竿布袋竹 (2)
テンカラ竿布袋竹 (3)テンカラ竿布袋竹 (4)テンカラ竿布袋竹 (5)
渓流の解禁が待ち遠しいこの時期ですがテンカラ竿を作ってみました。
2013年にハエ竿を改造して作ったテンカラ竿は今も現役で使っていますが、
流石にこの1本だけでは心許ないものが有りまして今回は新たにテンカラ竿を
作ろうとした探し回ると以前作った失敗作の半端物が見つかりました。
そこで近くのタックルベリーから懐に優しい渓流竿を買って来て部品取りして継ぎ
布袋竹をくり抜き作ってみましたがカシュー塗料の色が濃く成りすぎましたね(笑)
でも今度のテンカラ竿は握りが少し太いので振り易そうです(*^^)v
もうすぐ解禁に成りますがお互いに怪我には気を付けて楽しみましょうね♪

テンカラライン作りテンカラライン作り (2)テンカラライン作り (3)
今年の花粉症が少し出てきた感じがするのですが
皆さんの花粉症は如何ですか?

さて今回は今シーズン用にテンカラテーパーラインを作りました。
毎年テンカララインを作っている訳では有りませんが古く成ってしまいましたので
あまり糸を見つけて撚り糸を作って継ぎ合せて作ってみました(汗)
これで上手く飛んでくれれば良いのですが上手く出来ない時の方が多いですね(笑)
今回は1.5号から始め1.2号、1.0号と0.8号の8本撚りまでの4段階で少し太めで
少し重めのテンカラテーパーラインにしました。
これは以前に載せた継ぎ合せの動画ですね→テンカラライン継ぎ合せ
この後に仮補強巻きしながら全体をつなぎ手で振ってみてラインの伝わり方が
先端まで伝わるか調べながら長さを調整して本補強巻きをして仕上げて行きます♪
今年もこれで何匹か掛かってくれれば嬉しいですよね(*^^)v

テンカラ竿竿固着防止
春を待つのは心躍りますが花粉は嫌いですね。
皆さんは花粉対策始めていますか?

さて今回はテンカラ竿の手入れを始めました。
手入れっと言っても汚れ落としをしながら割れ箇所などを確認して
固着防止にローソクを塗って置くくらいの事ですがね💦
先ずは竿を分解してお勝手の洗剤と激落ちくんのスポンジを使って洗います。
この後は竿の外側はウエス等で水分や汚れは拭けますが内部は難しいですよね(^-^;
私はティッシュでコヨリを作って内部を押し通しながら水分と汚れを拭き取ります。
通した後のティッシュを見るとかなり汚れていますからやはり大事ですよね(汗)
そして完全に乾燥させてから竿の重なる場所にローソクを塗布し固着防止します。
以前ですがこんな動画でお見せしましたね→
そんな感じで今シーズンの竿の準備が整いました♪

テンカラ毛鉤ハックル染め
2月も中旬ですがまだまだ寒いですよね。
皆さんはコタツに入ると寝てしまいませんか?

さて今回は教わって黒に染めた羽でテンカラ毛鉤を巻いてみました。
フックはいつもの通りのTMC5230を使ってですからドライ毛鉤ですね♪
やはり水面で渓魚が反転するのは年寄りの心臓に響きますから良いですね(^-^;
今回も居眠りする前に少し巻き始めましたが如何でしょうかね?
ハックルを多めに巻いて密度を濃くしたのでドライ重視ですが渓では
少しむしり取って量を少なくしたりしてウエットとしても使えそうですね♪
でも何回か打ち返していると自然に水になじむ様にも成りますよね💦
この後はハックル70さんの受け売りの犬の卒倒(ワンパターン)で
愛用毛鉤を巻こうとしましたが・・・私の方が卒倒してしまいました(-_-)zzz(笑)

タナゴ釣り豆バラ
お隣の韓国では平昌冬季オリンピックが始まりましたね。
皆さんは冬季オリンピックでの種目では何が好きですか?

さて今回は先日に豆バラを釣りに行って来ました。
いつもの豆バラポイントに行ってみるとまだ雪が残っていましたね(汗)
水面には薄氷が張っていて日が射して来ると徐々に解けて来る状態でした。
そして深場には豆バラが集まっていましたがまったく動く様子が有りません。
当然持っている全長70㎝のタナゴ竿では到底届かない距離ですね💦
そこで少し邪道ですが少し練り餌を水の中で溶いて匂いを漂わせて様子をみます。
その所為か打ち続けること数十分数匹が側に寄って来てくれました♪
でもそっと仕掛けを入れるにも関わらず警戒心が強くサッと引き返します。
そんな駆け引きの中餌に反応してくれる豆バラが出て来て餌をついばみます。
針先に小さく餌を付けてその餌の行方を凝視しながらそっと待ちます・・・
餌の白色が消えた瞬間に軽くアワセるとやっと掛かってくれました♪
約2時間半粘りましたが雪の影響は大きかったですね(笑)

このページのトップヘ