やまめ110番

釣りのことやバイクのことを気ままに書いています。

1箱作り4箱作り合切箱
暮れの大掃除時期ですがものづくりが楽しくて進んでいません。
皆さんの家は大掃除進んでいますか?

さて今回は桐の板でタナゴ用の合切箱を作っています。
以前に裁縫箱や貰い物箱を利用して作っていましたが今回はお金を掛けましたよ♪
と言っても百均から買ってきた桐板と金具と愛用の素麺箱ですがね(汗)
箱の大きさはW240×D140×H190くらいなものを作ろうと思っています。
この大きさならタナゴ桶やおにぎりやペットボトルなども入れられそうですよね。
取りあえず桐板をカットし固定金具で固定しながら木工ボンドで接着させました。
本当はあられ組みなどして格好良く作ってみたいと思って挑戦しましたが
素人では上手く切れずに失敗ばかりしてしまい断念しました(汗)
底板には素麺箱の板を貼り付けましたが文字が見える人は気のせいですよ(笑)
どうにか合切箱らしく成りましたが少しコンパクトに作り過ぎてしまい中蓋の中に
タナゴ竿が収まりきれず苦肉の策で上蓋に中に格納する方法に変えました(^^;)
この後はカシューで塗装しながらものづくりを楽しみます♪

豆バラ1タナゴ針豆バラ2
今日は天気が良いので車を久しぶりに洗いました。
皆さんのマイカーは手洗いですか? それとも洗車機ですか?

さて今回は温かいので洗車してからタナゴ釣りに行って来ました。
と言っても少し早めに昼食を食べてからですから正午近くですね(笑)
狙いは豆バラのいる池で車で走る事30分くらいで着きますから近いですよね♪
現地に着くと以前に会った事が有るタナゴ釣り師さんが釣って居ました。
挨拶をして様子を伺うと10時から釣っていたがやっと活性が上がって来た所だそうです。
早速、横に並ばせて貰って2尺の寒竹竿を継ぎ楊枝サイズの浮子仕掛けを結びます。
今回の目的は砥ぎ針のテストなので、先ずはがまかつの新半月の砥ぎ針を使いました。
豆バラは寄って来てアタリは出るのですがアワセのタイミングが合わす手が震えます(汗)
次は新虹鱗ですがこれも糸浮子を引く時間が短く空アワセ釣りに成ってしまいます。
そこで一端タナゴ桶を払ってから久しぶりに流線の砥ぎ針に取り換えてみました。
すると今までのアタリではなく強く糸浮子が引かれ軽く聞き合せのをすると
ほとんどバラす事もなくタナゴが掛かって来ます。
今回はトータルで3時間くらいでしたが流線に軍配が上がった豆バラ釣りでしたね♪
あっ、どの針も手砥ぎして針先の長さは同じにしています(^^;)


ワカサギ釣りワカサギ
段々寒く成って来て家の中に居る事が多く成りますよね。
皆さんは外で何かやっていますか?

さて今回は久しぶりに秩父へワカサギ釣りに行って来ました。
前回が11月でしたから釣行ペースはかなりのペースダウンですね。
それは釣果が上がらない事とタナゴ釣りの方が安近短のためですかね(^^;)
それにしてもこの時期、早朝はまだ道糸は凍っては来ませんがかなり寒いです。
でも朝日が射して来ると体は温かく成って来ますがアタリの方は遠のきますね。
そんな状況で光って竿先は見えずらく成り横を向いての談話の時間が増えます。
話をしながらお互い相手の竿先の動きを見ているので「ほらアタリだぞ!」
なんて教えて合いますがアタリは続かず掛けられないままに成ってしまいますね。
やはり偏向グラスでもして真剣に集中して釣らないとダメですよね(笑)
今回も数は出ませんでしたが年内にもう1度ぐらい行きたいですね♪

2尺タナゴ竿作りタナゴ釣り2尺タナゴ竿2
この頃は膝の皿の辺が寒くて良くミニホカロンを貼っています。
皆さんはホカロン貼っていますか?

さて今回は前後してしまいましたが2.2尺の並継タナゴ竿を作ってテストして来ました。
これは以前寒竹の2尺竿を作っている時に一緒に作っていました(汗)
そして仕舞寸法が短い竿を作ってみたいと思っていましたので4寸仕舞ですね。
でもこのサイズで6本継ぎとなると急に太く成りますから硬い竿に成ってしまいます。
それで穂先と穂持は出るだけ柔らかいものを選び出しました。
作り方は以前と同じですので割愛しますが短いですから楽に作れますね(笑)
作るとテストしなくては気がすみませんのでいつもの池でテストしました。
釣ってみるとそれなりに穂先が曲がってくれて入魂は無事に終わりました♪
その後場所を移動し釣って行くと常連のタナゴ師さんと会い横で釣らせて頂きました。
楽しい話の中で常連さんの仕掛けも見せて頂くと独特の仕掛けで勉強に成りました。
そして変形プロペラまで頂いてしまいました♪
遅ればせながら、その節は大変ありがとうございましたm(__)m
また一緒に釣らさせて頂きたいと思っていますのでよろしくお願いいたします。

バラ豆バラバラタナゴ
もうお歳暮シーズンですが今年は何を選ぼうかですね。
皆さんのお歳暮は何か決めていますか?

さて今回はタナゴ道具が揃いましたので豆バラポイントに出掛けて来ました。
家をゆっくり出て11時頃に釣り場に着きましが平日なためか誰もいませんでした。
でも光が射している水中をよく見ると豆バラが泳いでいる姿が見えますね♪
早速2尺寒竹竿に豆バラ用の仕掛けと砥ぎ針を結び棚を調整します。
タナゴ桶に水を汲んで下側を覗いて水漏れしてない事を確認して一先ずは安心です(笑)
グルテン餌を針先に付けて仕掛けをゆっくりしもらせて行きます。
しかしこれだけ小さく作った浮子でもアタリは出ずに糸浮子だけが引かれるのが判ります。
釣るテンポは上がりませんが1桶ごとに何匹かの豆バラを入れる事が出来ます(*^^)v
そんな感じで午後も釣っていると地元のタナゴ師の方も見えられて一緒に楽しい話と
手作りの1円玉スケールやミニ竿なども見せて貰いながら釣らせて頂きました。
その節はありがとうございましたm(__)m 
そしてまた一緒に釣れることを願って今回の豆バラ釣行は終了しました♪

このページのトップヘ