やまめ110番

埼玉から釣りのことやバイクのことを気ままに書いています。

b490737b.jpg327255e6.jpg03fbedd6.jpg
a87b54a3.jpgc99e4d51.jpg4e6ca5a6.jpg

寒いですね~、皆さんお変わりありませんか?
もう年の瀬ですから寒いのは当たり前ですよね~

あっ・・・そうそう
この前のワカサギ釣りでリールを巻き上げるとガイドが凍ってしまい、仕掛けの下りが悪かったです。
で、今回は棚ハンターのベアリング交換をしてみました。
この作業は非常に簡単に交換できますから、是非お勧めですよ♪
というか、このベアリングを見つける方が大変です

552fa096.jpg048be42a.jpg

もう年の瀬ですね、年の瀬と言うと皆さん年賀状ですよね~(汗
来年の干支はウサギですよね。

でも今回はウサギでは無くカタツムリなのです。(ぜんぜん関連はありませんでしたね)
カタツムリと言って・・・・・ワカサギ釣りを想像する人は、かなりの・・・・・・・・ですね♪
そうです・・・・このテントの事をカタツムリと言います。
このカタツムリは氷上ワカサギ釣りでは寒さ対策のためにも是非ほしいアイテムですね。

で、現地で借りる事や釣具屋さんで購入する事が出来ますが、自作で作ってみました
1, ビニールハウス用のパイプをタイヤなどに当てながら曲げ、開閉できるようにボルトで固定します。
2, パイプに合わせて角材で格子を作り、ベニヤ板を打ち付け床を作ります。(床にウレタンを貼るとより暖かいですよ)
3, 全体が組み立てたらビニールを張り、固定用の金具で様子を見ながら固定します。

ここまで五千円ぐらいだったと思います。
氷上ワカサギ釣りを夢見ながら試行錯誤で作ると楽しいですよ、ぜひ挑戦してみてくださいね

9ce37c15.jpg8ecb20ce.jpg

ついに師走に入りましたね~、忙しいですよね~
と言いつつ、毎度のことで休みにはワカサギ釣りに出かけています・・・・(汗

ところで皆さんはダイワの棚ハンターと言うリールをご存知ですか?
そして時々カウンターが動かなくなることがありませんか?
私の2台内1台がよくカウンターが歯飛びするように動かなくなる事があります・・・(涙
2台を分解して見比べてみると、
1番左のカウンターカバーのリセットボタンの内側が少し出っ張っています。
この出っ張りと右写真の矢印の面が微妙に当たってしまうためにリセット機構が働いて動かなく成ってしまう様子でした。

そこで矢印の面をヤスリで少し削って使っています。
もう1台の内側の出っ張りは無くなっています、新しい棚ハンターは改良がなされている様子ですね

最良方法ではないかも知れませんが、今回はダイワの棚ハンターGS-miniを少し改良した情報を載せてみました

ca236cc8.jpg
 もうすぐ12月ですね。
そうなるとお歳暮が気になりだしますよね。
皆さんも、なんとなく忙しくは有りませんか?

今回はお歳暮の新巻鮭ではなく生きた鮭を見に行った以前の写真です。
そう~、ここ利根川は鮭が上る川として太平洋側の南限河川と聞いています。

この時は鮭たちを驚かせないように、離れた場所でエンジンを止めて近くまでバイクを押して行きました。
そして、この写真の場所で産卵が行われていました。
大きな鮭が頑張って海から遡上して来るなんて考えると、とても愛おしい気持ちになれずっと見ていました。

遡上魚道の動画が 利根導水総合管理所からネット配信しています。
http://www.water.go.jp/kanto/tone/live/livecam.html

また今年も是非、時間を調整して鮭たちを眺めに行きたいと思っています。

3b694682.jpgdd71ed2b.jpg

周りの山々は紅葉してとても綺麗ですよ。
もう少し経つと木々の葉も落ちて冬の景色になってしまいますよね。
皆さんは紅葉見物に行かれましたか?

今回は紅葉を見物しながらのワカサギ釣りを楽しみたいと思って出かけてみました。
朝のうちは明るかったのですが、11時頃から雨が降り出してしまいました・・・・(涙
でも釣り人も少なくとても静かなワカサギ釣りが出来き、三度目の束釣りを達成しました

で、今回は橋の上からのワカサギ釣り道具を紹介しますね
竿・・・・・・・・2.5m前後の小磯竿や渓流竿にガイドを付けて使用しています。
リール・・・・・ベイトリールやスピニングリールに0..8号を100m位巻いておきます。
        (カウンターが付いているとワカサギの棚をつかみやすいですよ)
仕掛け・・・・市販の仕掛けで針は2号位が標準です。
オモリ・・・・・2号~3号位のナス型オモリです。
エサ・・・・・・白サシ、紅サシ、赤虫
その他・・・・竿受けが有ると便利ですよ♪

d0e89a4f.jpgc0111f26.jpg

バイクで走るのには少し寒さが身にしみるこの頃ですね・・・・・・・・・・グシュ
とは言いつつ、実はここがワカサギ釣りの場所なのです。
ここがぁ~・・・・・・ と言う声が聞こえるようですね???

そう~、この橋が釣り人の度胸を試すようなワカサギ釣り場なのです。
高いのなんのって、ここで釣るのにはリールに道糸を100mは巻かないと下に届かず勝負になりません・・・・・
なので~、私は勝負をしません・・・・・・・・(汗
遠くに見える、もう少し低い橋で勝負をします。

ですが今回も、もっと低い橋がある別のダムで釣って来ました
で、束釣りには届かずでしたが片手は超える事が出来き楽しい釣りが出来ました

99c6d280.jpg
寒さが増してきましたね。
みなさん風邪など引いていませんか?
私は少し風邪気味になってしまいました(汗

先週の台風や雨のため川は濁流になり、ダム水位も急激に増えた様子です。
そのためダムに濁り水が入り込みワカサギが釣れなくなっている情報を得ていました。
でも休みになると釣り馬鹿の虫がうずき始め、証拠にもなくまたワカサギ釣りに出かけてしまいました。
で、実際ダムに行って見るとダムの水面はすごく上がっていました。そして上流部はまだ濁りが取れておらず、釣り人の姿ありませんでした。
そこで、今回は水深の有るダム下流域を狙って見ました。
しかし水位が有る為、棚取りが難しくなかなか思うようなアタリが出ません。
試行錯誤ののちポツリポツリ、アタリが出始め、ようやく棚が判って来ました♪
その後は少しづづですが、釣果を伸ばす事が出来き、再び束釣りを達成してしまいました。
こんなこともあるのですね~???

 ec7e4ca9.jpgd536a9fb.jpg

今日、これからの台風14号の進路が気になりますね 。
そこで家の周りで飛ばされる物があるか見回りましたが、
昨日のワカサギ釣りで足腰が・・・・・・年ですよね~(トホ!)

ところで、皆さんはワカサギ釣りに行かれて来ると釣り道具にワカサギのウロコが付いていませんか?
で・・・・どのように処理されていますか?
そこで私流ですが、今回はその処理方法をお教えしますね。
 1. まずは乾いたウロコが付いた釣り道具を用意します・・・・・・・・・当然ありますよね~
 2. 次にガムテープを用意し、手の平くらいに切り取ります。
 3. その次に、ウロコの上からガムテープをバリ、べりを繰り返します。
なんの大したことではないのですが、これが割合簡単に取れるのです。
ぜひお試しあれ!
これで、次回のワカサギの里釣りも楽しく出来ますよね

727bfe15.jpg
 今年の10月は本当に秋が無いような気温変化でしたね。
暑い日が有ったかと思うと、急に冬の気温ですもの体調が狂ってしまいますよね。

でも、この寒さでワカサギ釣りも本格的に成っているのではないかと思いまして、再び釣行に出掛けて来ました。
山は紅葉が始まり、釣り場はかなり寒かったですね。
で、道具や仕掛けと言うと、針は2.5号でオモリも2.5号です。
そして竿は2.7mです。(惜しいですよね(笑))
早速、仕掛けを投入してみると、すぐにプルプルとアタリが出ました♪
軽く合わせてから巻き上げると・・・・・・1匹
(これでオデコから脱出です。(爆))
その後もアタリがポツリ、ポツリ、来るのですが、上手く竿に乗せられません。
でも、そんなこんな合わせでポツポツ釣れて・・・・・・やっと大台の束釣り達成です
やはりワカサギ釣りって楽しいですよね

9975372d.jpg

 キィー、キィー、キィーキッキッキッ・・・

聞きなれた鳴き声に戸を開けてみると、
屋根のアンテナに百舌が来ていました。

そういえば、家の庭の木に「モズのはやにえ」がよくあります。
これには色々の説があるみたいですが、
ぜひ、最後は処分してから帰ってくれればいいのですがね・・・・・(笑

もうその時期になっているのですよね、
でも、なぜか今年は暖かいですよね。
これだけ暖かいと今年の氷上釣りは遅れるかも知れませんよね

このページのトップヘ