やまめ110番

埼玉から釣りやバイクの事を気ままに書いています。

2尺タナゴ竿 (2)2尺タナゴ竿2尺タナゴ竿 (3)
GWも終わりやっと正常な日常生活が戻って来ましたね。
ところで皆さんはGWの余韻はもう抜けましたか?

さて今回はタナゴ竿作りの続きを紹介します。
続きと言ってもカシュー塗料で塗装を施しただけですがね💦
以前に2尺の2本仕舞いの並継ぎ竿を作った事が有りましたが並継ぎ竿は次々と
太く成ってしまうので元の太さをが近いと同じ様な長さの竿に成って仕舞いますね。
と言う事で塗る前にすげ口から塗料が入り込まない様に適当な竹で栓をします。
その後はカシュー塗料を全体に塗っては乾かしを重ねた後に少し飾り塗りなど
してからまたカシューを塗り重ねをしますから時間が掛かりますよね(汗)
これらの間も紙ヤスリで水砥ぎを行いながら塗って居ます。
塗装が終れば栓を抜きバリ部分を落としてキャップを作って完成ですね♪
最初の口巻き糸は水色の絹糸でしたがほとんど黒色に成って仕舞いましたね(笑)
最後に継いで見ると今回はジャスト2尺タナゴ竿に成りました。

タナゴ釣りアヤメ西洋シャクナゲ
ここの所晴れて日が射すと初夏の様子で暑いですよね。
皆さんはこの時期はどんな服装で着ていますか?

さて今回は令和に成って最初のタナゴ釣りに行って来てしまいました。
GW中は釣りをしないで竿でも作っていようと思っていましたが家でネットを
見ていると皆さんが魚を釣られているのでどうもムズムズしてしまいましたね(笑)
そこでゆっくり朝食を食べてから近くの池で午前中2時間だけ遊んで来ました。
現地の池に行ってみるとヘラ師は数人しかおらずタナゴ釣りは私1人でしたね💦
そんな具合で1.6尺の竿にゆっくりシモリ仕掛けをセットしてタナゴの棚を探ります。
今回は暖かい筈ですが提灯くこのらいまでシモらせるとアタリが出ましたね。
しばらくはこの仕掛けで釣っていましたが小さい餌は下まで持たないです(汗)
そこでもう少しオモリの大きい仕掛けに取替え早く棚に届く様にしましたら
アタリが良く出る様に成って来て綺麗なイケメンも出てくれましたね(*^^)v
そして庭ではアヤメも咲き出し西洋シャクナゲの蕾も膨らんで来ていましたね♪

高野竹タナゴ竿作りタナゴ竿作り (2)
令和元年が始まりましたね。そして平成ありがとうございました。
これからもみんなの心を繫いで令和の時代を創って行きましょうね。

さて今回は連休に合せて高野竹でタナゴ竿を作っていました。
まだ出来上がっていませんがやはり塗装には時間が掛かりますよね💦
今回のタナゴ竿は2尺6本並継ぎで3本仕舞いの予定ですから1本の長さが
4寸くらいのコンパクトサイズに成り持ち運びも楽だと思っています♪
先ずは穂先は事前に削って置いた中から気に入ったものを選びました。
それに合わせて2年乾燥させた高野竹の中から太さを計りながら選び出します。
それを火入れして曲がりを取り切り組して口糸を巻きカシューで固定させます。
割れ防止に糸でぐるぐる巻きして自作の錐で竹の穴を貫通させ広げて行きますが
今回は各々に1本ずつ仕舞えれば良いので比較的に楽な作業の筈です。
しかし手を抜いてやった所為か少しヒビが入ってしまった所が有りましたね(^-^;
でも自分で使うタナゴ竿なので自己納得しています(笑)
そしてやっと塗装の段階に入ったところで令和を迎えてしまいました♪

テンカラヒトリシズカテンカラ (2)
明日よりGWが始まり5月1日からは平成から令和に変りますね。
皆さん思い思いのGW楽しんで来て下さいな♪

さて今回は平成の内にもう1度テンカラを打つ事が出来ました。
テンカラは打つと言ったり振ると言ったり釣りと言ったりもしますね(汗)
私のイメージしているテンカラは打つが合っている気がしています。
それはテンカラは点の釣りだからのように思えますね。
毛鉤はほとんど流さずに狙ったポイントに打ち狙ったポイントで引き出します。
今回は通常の半分くらいに減水している為かその兆候が色濃く出ましたね💦
白波が渦によって一部分がかき消される一瞬その点に毛鉤を打ち込むと
その渦の波が消えるまでの間に下から飛び出して咥える感じでしたね(*^^)v
それから遡行途中にあまり見られない可愛い花が咲いていましたので
家に帰ってからネットで調べてみるとヒトリシズカと言う草花でしたね。
山々は薄緑に萌え山桜の淡いピンクがとても綺麗でした♪

タナゴ釣り1タナゴ釣り2バラタナゴ♂
もうすぐ5月です令和元年が始まりますね。
ところで皆さんは万葉集を読んだ事有りますか?

さて今回は近くの池にタナゴ釣りに行って来ました。
ここの所この本池の様子を見に行くためによく出掛けていました(;^_^A
今回もお昼ご飯を食べてからグルテンを練って出掛けて行き、早速本池で
ビニールシートを敷きウレタンマットに座り込みます。
竿は1.6尺で遅シモリ仕掛けを結び落とすとすぐに糸ウキにアタリが来ましたね♪
その後もテンポよくアタリは続きますが馴れて来て段々針を外して行きます(汗)
釣り開始から約30分位で1回目のリリースです。50分後に2回目のリリースを
した後はケースには入れないでテンポ釣りを楽しみました。
その中に綺麗な♂のタナゴが掛かったので写真に納めてみましたら桶の内側の色と
相まってヒレの色がよく見えなかったですね💦
池の改修時に釣友たちが御尽力されたおかげでまたタナゴ池が戻って来ました♪
これからも楽しく遊ばせて頂きます。本当にありがとうございましたm(__)m

このページのトップヘ