やまめ110番

埼玉から釣りやバイクの事などを気ままに書いています。

ワカサギ少し紅葉
秩父の山々の景色が少し黄色く見える様に成っていましたね。
皆さんの周りで紅葉しているもの有りますか?

さて今回は再び秩父へワカサギ釣りに行って来ました。
前回の時に釣れなかったので今回は少し情報かき集めてみました。
すると釣れた日が有るとその翌日から数日間は釣れない日が続くらしいですね。
それと当歳魚が居なく2年魚なので群れも小さく回遊周期が大きい様子ですね(汗)
そして別のダムの情報だと仕掛けを投げ込む釣り方をしている釣り人が居るらしく
橋の下にワカサギが寄り付かない状況に成って釣れないらしいですね。
結論的には今年の秩父は良い日に当たる事を願って釣行を重ねる事しかない様子です(笑)
そんな今回は朝寝坊してしまい8時に着いてみると3人しか先輩が居ませんでした。
空ポイントに1人で入りアタリ棚を探って行くとやっと途中でアタリが有りましたが、
前回と同じで本当に時折来るアタリを乗せて釣り上げるだけの暇な釣りですね。
午後は別の橋にも移ってみましたがここでも同じで通りすがりが掛かるだけでした。
先輩たちも「今日はダメの日だなぁ~」と言っていましたね(^^;)
そんなシーズン2回目のワカサギ釣行が終了しましたが次は・・・(笑)

ブラケースブラケース半割観察ケース作り
この頃は日中でも寒く感ずる様に成りましたね。
皆さんも手洗いうがいをして風邪など引かない様に注意して下さいね。

さて今回は観察ケースを作ってみました。
以前に1個自作して使っていますがもう1個欲しく成り百均の透明ケースを
購入して代わりに使っていましたが少々厚みが有って持ち運びに嵩張ります(汗)
そこでこの透明ケースを半割にして使いかけのアクリル板を接着すれば
薄型の観察ケースが作れるのではないかとフッと思いつきました♪
早速ケガキ線を入れて固定させ竹切り用のノコギリで半分に切断します。
この後は切り口が凸凹しているので接着しても水漏れを起こしますから
平ヤスリで平らにしてアクリル板の上に固定させアクリル接着剤を垂らします。
乾けば出っ張っている部分を切り落とし水を入れてみて水漏れチェックですね。
そうするとどうでしょう~ご覧の通り2つの観察ケースが出来たでは有りませんか♪
購入してもそんなに高くはないのですが山女魚としては自作品に拘ります(*^^)v
えっ・・・・本当はただの貧乏性なだけで~す(笑)

朝焼けワカサギまだ紅葉してない
この頃の朝晩は気温も下がり山々も紅葉が始まりますね。
皆さんは何色の紅葉が好きですか?

さて今回は今シーズン最初のワカサギ釣りに行って来ました。
秩父に行く途中の山道ですが朝霧に朝焼けで気持ち良い天気に成りそうです。
そしてダムに着いてみるともう数人の先輩たちが竿を出していました♪
早速挨拶をして様子を聞くと皆さん顔を横に振るのです?
そして口々に「数日前は良かったけんど今朝はアタリすら来ねぇ~」ですって(^^;)
「そんなぁ~初日なのに~」と言いながら並んで竿をセットさせて貰いました。
しかし本当です、竿先は微動だにせずに誘いを入れても音沙汰ない状態なのです。
通常なら朝の内は仕掛けを入れればアタリは有る筈ですが・・・・
時折通りすがりのワカサギが少し竿先を揺らして行くくらいで時間が過ぎます。
約30分くらい経った頃お隣さんが掛けたのを見せて貰うと8㎝程の2年魚です?
よく話を聞いてみると今年の稚魚が全滅した様子で2年魚ばかりだそうです(汗)
仕方なく集中してたまに通りかかったワカサギのアタリを拾い出します。
そして最後まで棚も分からず翻弄されたままの初釣行と成りましたm(__)m
やはり最初は情報を良く仕入れて行かないとダメですね(笑)

ヤリタナゴハンターと田んぼバラタナゴ
お店では秋の美味しい食べ物が沢山出回っていますね。
皆さんは秋の食べ物と言うと何が好きですか?

さて今回は作ったばかりの高野竹のタナゴ竿の入魂に行って来ました。
この竿を作る切っ掛けがヤリタナゴだったので最初はヤリ狙いと決めていました。
途中の田んぼでは稲刈りも終わり農家の人たちは美味しい新米を頂いたのでしょうね♪
そんな事を思いながら狙っているポイントへハンターカブを走らせます。
現場に着いてしばらく覗いていましたが魚のヒラを打つ姿が見えません?
でも4.6尺竿を出し振り込もうとすると今度は風に邪魔されて仕掛けが流されます(汗)
風を見計らって振り込み仕掛けが馴染む瞬間でした親浮子が一気に引き込まれ、
アワセを入れると1匹目から待望のヤリタナゴが掛かってくれました(*^^)v
そのまま抜けない程度に竿は曲がり手元に伝わる感じが良くて内心ホッとしました。
その後もポツポツとヤリタナゴが来てくれたので午前中で入魂は完了です♪
午後は別の川に移動してからおにぎりを食べ3.3尺の寒竹竿でバラ狙いです。
大きいバラは釣れませんでしたが今日は大満足の釣行でしたね♪

8 塗装2回目8 塗装2回8 砥ぎ2回目
9塗装3回9塗装3回目握り9 完成
10月に入ると秋色が一段進みますがもうすぐ体育の日ですよね。
さてさて今回で作って来た高野竹のタナゴ竿を完成させますよ。
と言ってもカシュー塗料を塗って乾かして研いでまた塗ってだけで〜す(^^;)
でも色を重ねると濃く成って和竿らしく見えて来るのは手前味噌ですかね(笑)
別々に育った竹を継いで一振りの竿にした訳ですから出来上がるまでどんな調子に
成るか分かりませんでしたが出来上がりをみると胴調子で穂持と3段目が柔らかく
穂先が利くヘラ竿の様な調子に仕上がりましたね♪
後は実釣だけですが高野竹のタナゴ竿作りはこれにて終了致します。
数回に分けてのタナゴ竿作りにお付き合い頂いてありがとうございました_(._.)_
あっ・・後で調べたら高野竹だけではなくて矢竹も混じっていた様子でした(汗)
重ね重ね大変失礼を致しましたm(__)m

このページのトップヘ