やまめ110番

埼玉から釣りやバイクの事を気ままに書いています。

ハンターカブタナゴ釣り
もう後1週間と少しで平成から令和の新元号に変わりますね。
ところで皆さんは何かの書類で令和の文字を書かれましたか? 

さて今回は天気が良いのでタナゴ釣りにハンターカブと出掛けて来ました。
ところがいつもと違う川なのですが偶然にも先輩のタナゴ師さんのバイクと
合流してしまいお互いにビックリしてしまいましたね(笑)
と言う事で一緒に並んで釣る事に成り少し広い場所に釣り座を構えました。
ここの棚は25㎝くらいで私は3尺竿で先輩は2.5尺竿を出して釣り始めましたが
アタリは頻繁に有るものの二人とも針掛かりが何故だか悪いのです💦
その後も先輩の友人も来られて3人並んで雑談しながら釣りを楽しみました♪
しかし今回のタナゴは乗りが悪く三人とも数が伸びませんでしたね(汗)
いつもの様に午後2時に成ったので先輩たちに別れを告げてハンドルを家に向け
田んぼの畦道を走るととても気持ちの良い風が吹いていましたね♪
などと格好良く締め括ろうとしましたが・・・・・ヘルメットの中では
花粉でクシャミは出るは鼻水は垂れるはで大変でしたm(__)m

タナゴ釣り手提げ箱タナゴ道具
季節は春から初夏の様子を感じる様に成りましたね。
皆さんは今度の10連休をどのように過ごしますか?

さて今回は前回作った1.3尺の矢竹竿の入魂に行って来ました。
実はここの所遅れていた花粉症が発症していていますので近くの池で
済ませてしまいましたがここは改修工事でタナゴが少なく成っています(汗)
でも足場もよく1.3尺竿の入魂にするのに良さそうなのです。
いざ釣り始めてみると掛かって来るのはクチボソばかりが掛かって来ます💦
かれこれ10匹程釣れた後にタナゴが掛かってくれて一先ずは入魂が完了しました♪
それとタナゴ用ミニロッドが多く成りミニ合切箱に入りきれずに居たので
むかし素麺箱で作った手提げ箱を短くして持ち運びやすくしました(*^^)v
箱の内部には竿立て竹を接着しただけで仕掛けはタッパの中に納める事にしました。
小さい箱だと仕切り板で区分けをすると指が入り辛く使い勝手が悪いのですよね💦
と言うか年寄りですからポンポン放り込めるいい加減が丁度いいのですよね(笑)

放流ヤマメ渓流テンカラ
今週は思いがけなく雪が降りましたが平成も残り少なく成って来ましたね。
皆さんも良い平成を締め括って新たな年号の令和を迎えて下さいね。

さて今回は平成最後かもしれないテンカラを打ちに行って来ました。
タナゴ釣りにも行きたいのですが月に一度位はテンカラも打ちたいですよね💦
天気予報で風があまり吹かずに曇り日で平日という好条件が揃っています。
と成ると朝の目覚めも早くてまだまだこの歳でも大丈夫な様子ですね(笑)
いざ秩父の渓流に着いてみると先月よりもっと減水していましたね。
そこで今回も先ずはヤマメが反応するポイントを探し出します👀
瀬から打ち始め払い出しやヘチ、沈み石周りなどを丹念に狙いながら淵をくまなく
打廻してみると白泡の中から顔を出しましたが先月に放流された残りものでしたね。
ポイントが判ったので遡行を始めるともう上流には釣り人が入られてしまいました(汗)
仕方なく一端上の道に上がって下流に下りもう一度仕切り直しを行います。
これで少しの時間を稼げた様子で放流物が飛び出して来てくれる様に成りましたね♪
そして午後2時頃天然が出たところでやはり歳には勝てずに終了しました(笑)

1.3尺タナゴ竿タナゴ浮きヒメウズ
朝の暖かさと明るい日差しは釣りへといざないますよね。
皆さんの釣行はいつ計画されますか?

さて今回は代り映えしないタナゴ竿作りと浮き作りの覚書です💦
ブログには載せていなかった以前作った高野竹の1尺竿を改造しました。
実は別に1尺竿を持っていたのともう少し長いものが欲しかったからですね(汗)
そんな事で握り部分と穂先を使い高野竹から矢竹に変えて作り直してみました。
矢竹は高野竹と違って柔らかいタナゴ竿が作れますから引き味が楽しめそうです♪
それと合わせてタナゴ浮きも作っていました。
浮きの足用に0.5㎜のカーボン棒を購入したので桐材と発泡材で作ってみた訳です。
補充を兼ねてからですが相変わらず塗装は下手ですね(笑)
次は庭の植え込みの中にオダマキの葉に似ている小さい花を見つけました。
写真を写してネットで調べるとヒメウズと言う花のようでしたね♪
明日からは急激に温度が下がる様子ですから皆さん注意してくださいね。

タナゴ釣りタナゴ釣り
5月1日から新元号の令和と成りますが昭和が昔に感じられました。
皆さんはこの新元号を聞いてどのように感じられましたか?

さて今回は川でのタナゴ釣りに出掛けて来ました。
渓流も始まっているというのにまったく頭からタナゴが離れないですね(笑)
川岸の草むらにシートを敷き腰を下ろして短い竿で釣りをしている年寄りの姿は
対岸を歩く人たちにとってはどの様に映っているのでしょうかね💦
桜咲く頃で川のタナゴの活性も高くなっているのではないか気に成りました。
と言う事で気合を入れて3尺竿を出し遅シモリの細仕掛けをセットして
棚は20㎝位にしてプロペラを調整しアタリを早めに出させる様に合わせます。
グルテン餌を付けて落とし込んでみますとすぐにプロペラが回り軽く合わせると
タナゴが掛かって来ましたがやはり川のタナゴはアタリも引きも強いですね♪
今回は水面を騒がさない様にフラシではなくてビニールバケツを使いましたが
それでも棚の方は一向に上がって来ませんでしたね(汗)
昼食も入れて4時間頑張りましたら落とし桶にいっぱいに成りました(*^^)v
ここもこれから田んぼ水が入りもっと活性が上がって来ると思いますね♪

このページのトップヘ