P1080366P1080367P1080369
今日は少し湿度が上がったために暑く感じられますね。
皆さんの方面ではどんな様子ですか?

さて今回は廃材でミニ旋盤を自作したのでご紹介しますね。
以前からタナゴの浮子を時々作っているのですが充電ドリルに咥えての削り込みが大変でした。
ネットでミニ旋盤を検索して見ると・・・・・・・これが高価でとても手が出せません(汗)
そこで自作すれば格安に出来ますから材料を掻き集めて作業に取りかかりました。
写真を見貰えれば判ると思いますがほとんどが廃材を使ってのミニ旋盤作りです(笑)
先ずは先端部のチャックに当たる所はシャーペンの先端を使いました。
これを適当な長さにカットしてこれまた何かの発生品のマブチモーターに差し込ます。
でもモーター軸の太さが2mmなので充電用ドリルでシャーペンの穴を広げました。
その後はこれまた廃材の木片を木工用ボンドで接着し土台を作りましす。
その土台に乾電池のケースとモーターを両面テープで接着し固定させます。
そして又々廃材の基板用スイッチをネジ止めし配線をして半田上げを行いました。
こんな感じで手作りのタナゴ浮子用ミニ旋盤が格安に出来上がりました♪
シャーペンの先を押してあげると開きますからタナゴ浮子の軸の0.5mmが咥えられますね。
そしてスイッチを入れると音が静かで回っているのが判らないほどスムーズに回ります。
これからのタナゴの浮子の削り込みや色づけなどにも使えそうで楽しみです♪

YouTubeに浮子の取り付けや削る動画をUpしましたので宜しかったら見てくださいね(^_^;
https://www.youtube.com/watch?v=sUqsrK1EkeA