土砂崩れタラの芽高野竹
昼間は暑くても朝晩は寒い時が有りますので寝冷えには注意して下さいね。
ところで皆さんは春の装いですか? 夏の装いですか?

さて今回は前回のムツばあさん家に寄った後の続きです。
でも鋭い皆さんですからハンドルに何かを付けているのを見つけてしまいましたか?
実はこれは釣り竿を改良したタラノ木を引き寄せる自作道具なのですよ(^_^;)
くれぐれも釣り竿では有りませんからテンカラの記事は有りませんね(笑)
山菜のタラの芽を探して林道を走り狙いの山道まで入ったのですが、
今年はこの道具の出番がまったく無くウドもタラノ木も生えていませんでした。
それでもやっとタラノ木を見つけましたが凄く小さいですよね~(~_~;)
山道は土砂崩れだったりしててTL125で来たので救われました♪
その後は林道を渡り走り山道をピストンしましたが収穫は右の写真の竹でしたね。
この竹は竿を作る人が呼ぶ高野竹ですが標準名はスズダケで籠などを編みますよね。
標高800mくらい場所に生える竹が良いのですが中々見つけられないのでいました。
たまたまバイクだから入れた山道で偶然生えている所を見つける事が出来ました♪
今年の冬にでも採りに来ようとなんて思いましたがバイクでは寒いですよね(汗)
本日の走行距離280kmでお尻が割れるくらい痛いです(笑)