タナゴ竿作り矢竹タナゴ竿作り (2)矢竹タナゴ竿作り (3)
今朝は雨ですがそろそろ運動会などの話を聞く頃に成りましたね。
ところで皆さんは何か運動をされていますか?

さて今回は矢竹で2尺のタナゴ竿を作ってみました。
この矢竹は良い時期には採ってないので半分は遊びで半分は練習作りですね。
という事で先ずは寒竹の太い節を使って竿ケースを作ってみました。
鞘部は適当な長さでカットしてからテープなどで割れ防止の養生してから行います。
そしてドリルを使って徐々に太い穴開け最後は10㎜まで開ける事が出来ました。
蓋部の方は内径に合わせ皮を削りヤスリ掛けして差し込みにしました。
それからこの竿ケースに合わせてタナゴ竿を作った訳ですが2尺竿位だら入ると思い
切り揃えてケースに入れてみましたら少し太過ぎた様子で収まりません💦
仕方なくこの矢竹を使って再度寸法取りしてカットしてみましたらどうにか入ります。
後は口糸巻きやら印籠継ぎやら塗装などの一連の作業をして仕上げました(*^^)v
しかし塗装厚などで鞘部には入るのですが蓋部には収まらず閉まりません(汗)
苦肉の策で竿を逆さまに入れてみたらギリギリですが蓋部に収まりホッとしました♪
最後に竿を継いでみるとやはりかなり細かったですね(笑)