カシュー道具カシュー塗料カシューうすめ液
2月に成るとやはり渓流の話が飛び交い始めますよね。
皆さんはどんな道具からチェックしていますか?

さて今回は私が愛用しているカシュー塗装道具を紹介しますね。
タナゴ釣りの談話の中でよくカシューは色むらが出るので難しいとか言われますが
そんな事はなく色合いをみながらの塗りと乾燥と水研ぎを繰り返すだけですね(汗)
先ずは塗料色ですがこれはカシューの淡透と朱色をよく使っています。
でも一度蓋を開けると缶の塗料が固まり易く成りますので出来るだけ蓋を開けない様に
使う分だけ百均で買って来た弁当用の醤油入れ容器に移して使っています💦
容器に移したら缶の中にラップを押し込み空気に触れさせない様にして保管しています。
うすめ液は専用のものを空き瓶などに移してうすめたり筆を洗ったりして使ってますが
洗った後の筆は乾くとバリバリに成りますのでミシン油で湿らせて保管してます。
それと調合用の皿にはこれまた百均で購入したこの皿が便利で使っています(^-^;
そして使う時にラップを掛けると皿が汚れないのと終わった時の処理が楽ですね♪
使っている筆はカシューは粘りが強いので張りの有る百均の豚毛筆を使っています。
最後に塗った竿などは放置すると塗料が垂れて固まるので時々回して乾燥させています。
貧乏なのでいつもこんな百均道具でタナゴ竿などを塗っています(笑)