やまめ110番

釣りのことやバイクのことを気ままに書いています。

カテゴリ:タナゴ釣り

6尺タナゴ竿バラタナゴ6尺タナゴ竿
もうすぐ梅雨の季節に成って来ますが毎日ジメジメも嫌ですよね。
皆さんはこんな時は何をしていますか?

さて今回は以前の手直し3.6尺竿と新規の1.6尺竿のテストをして来ました。
入魂を兼ねてですからやはり川で数が釣れる場所の方が良いですよね(*^^)v
最初は高野竹1.6尺竿から始めてみましたがこれだけ短いので足元狙いに成りますね。
釣った感じでは近くで糸浮子の小さいアタリがよく見え思ったより掛け易かったです♪
でも腕を伸ばして釣るので腰と腕が疲れました(笑)
♂のバラタナゴが掛かった頃に一端リリースして1.6尺竿の入魂は完了です。
その後は3.6尺竿で川の流れの中の大きなバラを狙ってみました。
やはり水深も有るので数匹に1匹くらいに綺麗なバラが掛かって来ますね♪
そんな気持ち良い状況で釣っていると急にアタリが遠のきました。
次に合わせた瞬間です強力な引きで竿は曲がり目いっぱい竿がのされて行きます(-_-;)
そのままで手砥ぎの針先が折られて外れましたので助かりました。ホッ!
その後も鯉に仕掛けを切られましたがこんなタナゴ竿でも耐えるものですね(笑)
そんな感じで入魂、耐久テスト釣行が完了して無事に帰って来ました♪

タナゴ釣りバラタナゴ
この前頃から麦の所為か復活した花粉症でマスクが手放せません。
皆さんは花粉症が出ませんか?

さて今回は車でタナゴ釣りに行って来てしまいました。
今回は車庫下の浄化槽点検日なので上さんにお願いしてさっさとお出掛けです(@^^)/
朝ドラも見ずに出掛けたので現地に着いたのは9時チョット過ぎでしたね。
そして現地に着くともう数台の車が止まっていました(汗)
周辺を見渡して誰か人は居ないか探してみましたらやはり先輩が来ていましたね♪
早速声を掛けて横に入らせて貰い一緒に釣り開始です。
水量が少なく成っていて流れも緩やかでしたがここは大きなバラの実績が有ります。
でも先輩に合わせて2.6尺の高野竹の短竿で始めます。
やはりポツポツ掛かって来るのですが大きなオスが掛かって来ませんね(汗)
1時間くらい経ったので先輩に話して3.3尺の寒竹竿に替え流れの中心を狙います。
すると来ましたね~今日1番のイケメンさん早速観察ケースに入れてパチリです(^^♪
昼食までの3時間くらいですがテンポよく掛かってくれて満足して帰って来ました。
やはり大きなタナゴの引きも楽しくて良いですよね♪

バラタナゴアカヒレヤリタナゴ
いよいよ暑く成って来たので毛布を取り換えました。
皆さんは枕元に水入れを置いていますか?

さて今回は5節揃いの2.6尺高野竹竿の入魂に行って来ました。
この竿の長さでは流れが有る川で釣ると成るとかなり場所が制限されますよね(汗)
でも気合を入れて作った5節揃いのタナゴ竿ですから色々と挑戦してみました。
最初はバラポイントでの入魂です。
ポイントに着くと知人のタナゴ師さんが釣られていたので一緒に釣らせて貰いました。
流れのバラは強いアタリを出すのでこのくらい先調子竿の方が掛け易いですね♪
次の場所はヤリポイントでの入魂です。
ここでは高野竹の強さを感ずる事が出来るタナゴが掛かって来ましたね(^^♪
写真右のヤリタナゴはハッキリ判断出来ますが写真中のタナゴには鰓の上に
タビラ斑が見えますので多分アカヒレタビラだと思います(^^;) 
もしも間違っていたらごめんなさいねm(__)m
そして在来種のタナゴの引きにはこのくらいの硬さの竿が必要な事も分かりました。
今回も無事に2.6尺高野竹竿の入魂が出来て良かったです♪

バラタナゴタナゴ釣り
ついに4月に入り新しい年度の始まりですね。
新入学の1年生が登校始めますので温かく見守って上げましょうね♪

さて今回は春の色を咲かせようと思ってタナゴ釣りに行って来ました。
と言ってもいつもの池ですがね(笑)
春に成り温かく成って来るとタナゴたちは恋の季節が訪れますね。
そうなるとオスは婚姻色を身に纏いメスのタナゴは産卵管が伸び始めます。
でもまだまだ水の中は寒いですから数は出ませんでしたが
何匹か婚姻色が出て来たオスのタナゴが掛かって来てくれて楽しませてくれました。
やはりこのメタリック調に緑とピンクの色が綺麗ですよね♪
少し小さく加工した観察ケースの中に入れてしばらく眺めてしまいました(笑)
これからは各々自分のテリトリーを持つために水路などに散って行きます。
それを求めてタナゴ釣り師たちも水路巡りが本格的に成りますね。
今年は皆さんも綺麗なタナゴを求めて近くの水路を探索してみては如何ですか?
こんなタナゴが掛かって来るときっと虜に成ってしまうと思いますよ♪


タナゴ合切箱タナゴ1
一雨ごとに温かく成って行きますが今年の桜前線が気に成りますね。
皆さんの家の方ではいつ頃が開花宣言予定ですか?

さて今回はまたタナゴ釣りの話に成ってしまいました。
前回タナゴ釣りでハンターカブのBoxに合切箱を入れての釣行する事が出来ました。
そこで今まで使っていたDバッグの道具を一緒にまとめ直してみました。
しかし全ての道具が入る訳ではないので少し整理しないと成りませんね(汗)
先ずは竿からですが適当に作って来た為に竿の長さや調子が少しずつ違います。
作った時の思いも有るのでなかなか切り捨てられず仕舞寸法が長くて合切箱に
納まらない竿などを除いて残りの竿を数えると11本に成ってしまいました(^^;)
次に仕掛けですがこれも各竿に合わせて2パターンの仕掛けを作っていますので
プラケースの中に入れて仕舞う事にしました。
針入れの方も砥ぎ針の大きさに合わせて何個かに集合させ、
その他重複する物を省きやっと合切箱にまとめることが出来ました♪
早速タナゴ釣りに持って行くと・・・2尺竿1本だけしか使いませんでしたね(笑)
でもきっと春に成れば釣り場に合わせて使い分けしますよね(汗)


雑魚年券バラタナゴ
いよいよ明後日が渓流解禁日に成りましたね。
でも渓流の目覚めはやはり木々の芽吹く頃に成りますよね。

さて今回は里川でのタナゴ釣りに行って来ました。
ここの所温かい日が多く成って庭の鉢植えの梅も咲いています。
そんな中ですが埼玉県内共通雑魚釣り券がいつもの様にコンビニで
利用出来ないのが判り、初めて埼玉漁連まで行ってこの年券を購入しました。
合せて里川でのタナゴの状況も気に成っていましたので確認にも行って来ました。
何ヵ所か暖かそうな川を回ってみましたがまだ水は冷たく活性は低い様子でしたね(汗)
それでもタモロコと一緒にタナゴが掛かって来てくれましたのは嬉しかったです♪
午後もウロウロしていると知人のタナゴ師さんに偶然に会いました。
その後は手作りの竿や仕掛けを見せ合いながら釣り談議に成ってしまいましたね(笑)
回ってみると里川の春はもうすぐそこまで来ている感じがしましたね。
これから渓流釣りもタナゴ釣りも徐々に本格化して行きますね。
皆さんくれぐれも事故に注意して無理しない程度に頑張りましょう♪

タナゴ水路
今日は雪が降るとの予報なので事前にスタッドレスタイヤを購入しました。
皆さんはスタッドレスタイヤを何年間くらい履き続けますか?

さて今回は咳の方も大分良く成ったので初釣行に行って来ました。
と言っても近場でのタナゴ釣りですので体力的にも丁度良いですね(汗)
それと去年の暮れに作り上げたタナゴ用合切箱の使い始めでも有ります。
釣り場に着いてみるとヘラ師さんが数名いますがタナゴ師さんの姿は1人も居ません。
おまけに風が強く吹いていて水面が波立っていますし水がかなり濁っていましたね。
先ずは風が避けられるそうな場所に入り2.3尺の寒竹竿に仕掛けを結びますが
波に揺られ浮子が水中でも安定せずプロペラも見え辛いですね。
時には道糸に風がはらんでしまい仕掛けを引き上げてしまう始末です(汗)
その内にクチボソが掛かり始めやっと今年の初タナゴを掛ける事が出来ました(^▽^)/
これで一先ずは安心して他のポイントを釣り回って調べてみました。
しかし掛かってくれるのはすべてタモロコとクチボソばかりでしたね(^^;)
そんな感じで初釣行は風邪を意識して昼には帰って来ました(笑)

北関東自動車道ビデオポイントバラタナゴ
冬の風物詩の氷上ワカサギ釣りの声が聞こえる様に成りましたね。
皆さんは氷の上でワカサギを釣った事が有りますか?

さて今回は茨城での寒いタナゴ探索の話をします。
暮れに上さんが茨城に用事が出来てしまい車で送り届けた後の事です。
滅多に行く機会がないのでこれ幸いにタナゴ道具をしっかり積んで行きました♪
ポイントは事前にネットで何箇所か適当に調べナビ登録をして置きました。
そしてナビ案内で何処をどうに走ったか分かりませんが川に着きます。
先ず最初の川は幅が広くて土手をウロウロしても良い場所が見つからず流れ込みの
少し深場の所で竿を出してみましたがアタリも無く魚の姿も見えません(汗)
次の川は川幅は狭いのですが水も少なく風が強くて土手道をトボトボ歩いては
橋下やアシの間など覗き込みましたが結局タナゴの姿は見つけられませんでしたね(寒)
流石に体が冷えて来たので探索を諦めて車に戻りヒーターをガンガン回して一挙に
以前寄った事の有る場所まで移動しました。ここはバラだけですが裏切らないですね♪ 
でも釣っていると鼻水と咳が止まらなく成ってしまい途中で切り上げました。
今はやっと咳きだけに成りましたがやはり釣りバカも風邪を引くのですね(笑)
まだまだ寒いですから気をつけてくださいね。ご同輩!

豆バラ1タナゴ針豆バラ2
今日は天気が良いので車を久しぶりに洗いました。
皆さんのマイカーは手洗いですか? それとも洗車機ですか?

さて今回は温かいので洗車してからタナゴ釣りに行って来ました。
と言っても少し早めに昼食を食べてからですから正午近くですね(笑)
狙いは豆バラのいる池で車で走る事30分くらいで着きますから近いですよね♪
現地に着くと以前に会った事が有るタナゴ釣り師さんが釣って居ました。
挨拶をして様子を伺うと10時から釣っていたがやっと活性が上がって来た所だそうです。
早速、横に並ばせて貰って2尺の寒竹竿を継ぎ楊枝サイズの浮子仕掛けを結びます。
今回の目的は砥ぎ針のテストなので、先ずはがまかつの新半月の砥ぎ針を使いました。
豆バラは寄って来てアタリは出るのですがアワセのタイミングが合わす手が震えます(汗)
次は新虹鱗ですがこれも糸浮子を引く時間が短く空アワセ釣りに成ってしまいます。
そこで一端タナゴ桶を払ってから久しぶりに流線の砥ぎ針に取り換えてみました。
すると今までのアタリではなく強く糸浮子が引かれ軽く聞き合せのをすると
ほとんどバラす事もなくタナゴが掛かって来ます。
今回はトータルで3時間くらいでしたが流線に軍配が上がった豆バラ釣りでしたね♪
あっ、どの針も手砥ぎして針先の長さは同じにしています(^^;)

2尺タナゴ竿作りタナゴ釣り2尺タナゴ竿2
この頃は膝の皿の辺が寒くて良くミニホカロンを貼っています。
皆さんはホカロン貼っていますか?

さて今回は前後してしまいましたが2.2尺の並継タナゴ竿を作ってテストして来ました。
これは以前寒竹の2尺竿を作っている時に一緒に作っていました(汗)
そして仕舞寸法が短い竿を作ってみたいと思っていましたので4寸仕舞ですね。
でもこのサイズで6本継ぎとなると急に太く成りますから硬い竿に成ってしまいます。
それで穂先と穂持は出るだけ柔らかいものを選び出しました。
作り方は以前と同じですので割愛しますが短いですから楽に作れますね(笑)
作るとテストしなくては気がすみませんのでいつもの池でテストしました。
釣ってみるとそれなりに穂先が曲がってくれて入魂は無事に終わりました♪
その後場所を移動し釣って行くと常連のタナゴ師さんと会い横で釣らせて頂きました。
楽しい話の中で常連さんの仕掛けも見せて頂くと独特の仕掛けで勉強に成りました。
そして変形プロペラまで頂いてしまいました♪
遅ればせながら、その節は大変ありがとうございましたm(__)m
また一緒に釣らさせて頂きたいと思っていますのでよろしくお願いいたします。

このページのトップヘ