やまめ110番

埼玉から釣りやバイクの事などを気ままに書いています。

カテゴリ:やまめのしっぽ

タナゴテンカラ竿ハンターカブ
今年も無事に年神様を迎える事が出来ました。
皆さんも良い年神様を迎えられた事と思います。

さて毎年の恒例行事で今年の目標を決めさせて貰いました。
何か言葉を選ぶのに思いつくように写真を見直してみるとやはり初はタナゴの
写真が多く次はテンカラ竿の写真が目に入って来ました。
そしていつも元気に足代わりに運んでくれるハンターカブの写真でしたね。
こんな写真を見ていて共通して出てくる漢字のイメージは竹でしたね♪
今は釣りが出来てバイクに乗れて一喜一憂出来ればそれで幸せです。
こんな漢字をくっ付けて一竹一幸「いっちくいっこう」としました♪
今年もゆっくりとたわいもない事を書いて行けたら良いと思っています。
もし宜しかったら今年もこんな年寄りの戯言に付き合って下さいなm(__)m

荒川梅花石
令和2年 元旦

新年明けまして
  おめでとうございます

今年のお正月の愛石はこの荒川梅花石(あらかわばいかせき)を選びました。
この石は荒川に探石した時に自転車で来られていた老人からプレゼントされた水石です。
話を聞くと以前ここで拾い上げ自宅で眺め数年前に戻して置いた愛石だと言うのです。
その老人の記憶を頼りに二人でその辺を探す事数十分やっと見つけ出して頂きました。
少し大きな梅花石ですが良い色が出ていて眺めると何となく落ち着く水石です♪
今年は東京五輪が開催されますが日本の和の心を世界に発信出来る事を願っています。


皆様のご多幸をお祈り申し上げます
 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

テンカラタナゴ釣りタナゴ竿
さてついに2019年も残り僅かに成り今年最後の書き込みに成りました。
今年を振り返ると元号が令和に代わり新しい時代を感ずる年でしたね。
そして今年は異常豪雨での恐怖を感じたり被害や避難勧告まで出されました。
そんな年でしたがテンカラに何回か行く事が出来ました♪
大型のヤマメには会えませんでしたが最後では尺イワナに足元の岩の中に逃げ込まれ
ラインブレイクさせられた事が思い出に残っています💦
タナゴ釣りでは2時間で2束を超える釣りにも挑戦しました(*^^)v
そして我が家で育てていた寒竹でのタナゴ竿作りやら合切箱も作りましたね!(^^)!
ハンターカブの方は乗る回数が少なかったですが相変わらず元気に走ってくれましたね♪
そして最後に今年の目標の日歩楽釣は毎日を悔いが残らないように今を楽しみました。
今年も大勢の人にお立ち寄り頂いて本当にありがとうございましたm(__)m
🐭  良い年神様をお迎えください 🐭

ブドウ袋サルビアホットリップスとマリーゴールドオキザリス (2)
長雨が続くと植物にも影響が出ますよね。
ところで皆さんの家ではどんな草花が咲いていますか?

さて今回は毎年恒例のブドウに袋を被せました。
と言っても猫の額ほどの庭ですので木は一本しか植えて有りません(汗)
でもこれは巨峰なのですよ~(笑)
いつもはブドウの粒の中で色が付き出したら袋を被せるのを目安としていました。
しかし今年は長雨の影響なのか色の付がなかなか出なく粒は大きく成って来たので
天気の予報を見ながら袋を被せる事にしました。
取りあえず以前に買って有った袋が有るだけ被せましたが少し欲張りですね(笑)
その他に庭に咲いていた花の写真を撮ってみました。
先ずはマリーゴールドとホットリップスですが可愛い花ですよね(*^^)v
他に子供の本に付録に付いていたオキザリスが咲き出していましたね♪

蓮寒竹と稚児寒竹ユスラウメ
6月に入り鮎釣りが解禁されましたね。
ところで皆さんは鮎釣りをされていますか?

さて今回は風邪気味で釣りにも行かずに家でゴロゴロしています。
でも何かを作ろうしていますが一向に進みませんので何かネタ探しに
庭の植木の様子などを写真に撮ってみました💦
先ずは蓮の様子ですがこれは以前に実を拾って来て植え付けたものです。
もう何年もこんな状態ですが今年は少し太い茎の葉が生えて来ていました♪
その奥に鉢植えしているのがタナゴ竿用にと植えた寒竹と稚児寒竹ですね。
これももう数年経っていて今年もタケノコが生えてくれています。
でも茎の色が寒竹の紫色や稚児寒竹の朱色にはまだ成っていませんね(笑)
最後に梅雨に先がけてユスラウメの実が熟して居ましたので摘まんで
食べてみると小さい頃田舎で食べていた味がしましたね(^^♪

テンカラハンターカブタナゴ
皆さんも良い年神様が迎えられた事と存じます。
今年は元号が代わる節目の年ですね。

さて今回は私の中でも仕事始めで今年の目標を決める時が来ました。
この時期に書き込めば老いぼれた頭でも忘れないのではないかと思っています(笑)
それで風呂に入り血の巡りが良く成った時に浮かんだ事を並べてみました。
先ずは1日1日を大切に生きて行きたいと思いの文字が浮びましたね。
次に浮んだのは歩く事が体力的にも健康的にも大切だと思いが浮びました。
その次には楽しく過ごしたいと思いましてが出て来ました。
そして最後にやはり釣りが浮びますのでの文字に成りましたね(;^_^A
その文字たちをつなぐと日歩楽釣となり「ひぶらくちょう」と成りました。
と言う事で今年も釣りやバイクを楽しみながらたわいもない話を書き込んでいきます。
赤いハンターカブに乗りとっつき難そうな顔をした爺があちらこちらでトコトコ
していたら煽らないでそっと気軽に話しかけてみて下さいね♪ 
どうぞ宜しくお願いしますm(__)m

桜石
平成31年 元旦

謹賀新年
 明けましておめでとうございます

今年のお正月の愛石はこの桜石(さくらせき)を選びました。
この石は渡良瀬川に探石した時に砂に埋まって半分に割れていました。
しかし川の水で洗ってみると模様が綺麗に出ていたので一目で気に入りました。
手の平に乗るような小さな石なのですが身近に置いて桜を眺めています♪
今年は元号が変わりますが平和を愛する日本の心はずっと変わりませんよね。


皆様のご多幸をお祈り申し上げます
 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

テンカラハンターカブタナゴ釣り
ついに2018年も最後のブログの書き込みと成りました。
今年を振り返ると西日本豪雨や北海道の地震などの災害が多かったですね。
そして何と言ってもここ熊谷では41.1℃の日本記録を体感しました💦
そんな中で秩父にテンカラを打ちに数回行く事が出来ました。
特にこのヤマメとの駆け引きは記憶に強く残っていますね♪
それからタナゴ釣りには数多く出掛ける機会が有りました(汗)
そして大勢のタナゴ師さんとも知り合いが出来てとても有意義な1年でしたね♫
次にハンターカブは購入から6年と5ヶ月が過ぎ12,700kmに成っていましたね。
文句も言わずにキック一発始動して運んでくれる良き相棒をしてくれました♬
最後に今年の目標は心楽一竿「うららいっかん」でしたね。
テンカラ竿1本だけを携えて渓に入り無心に流れ読み毛鉤を打つ事が出来ました。
心豊かな気持ちで楽しかった事はどの写真を見ても判って貰えると思います♪
今年も拙いブログでしたが多くの人に立ち寄って頂き本当にありがとうございました。
では、皆さんも良い年神様をお迎えくださいm(__)m

埼玉スタジアムコーナーキック平川引退
ついに師走に成ってしまいあれこれと気がかりな事が有りますね。
皆さんも忙しいと思いますが体に気を付けて下さいな。

さて今回は浦和レッズ対FC東京戦のJリーグの試合を観戦に行って来ました。
同じ埼玉でも熊谷から埼玉スタジアムまで行くのに2時間くらいの時間が掛かりますね💦
でも最終節ですし背番号14の平川忠亮選手の現役引退も有って行って来ました。
そんな気持ちでしたので早目に家を出てスタジアムには11時45分ごろ着き
先ずは椅子に座り込み少年サッカーの試合中ですので観戦しながら昼食にしました(笑)
試合開始は午後2時04分の予定なのでやはり少し時間が有りましたね(^-^;
その内にネット裏からのサポーターの応援が始まり選手紹介が有り試合が開始されました。
そして柏木選手のコーナーキックから李選手のヘディングで前半1-0でしたね。
後半は開始早々に相手に同点にされましたがすぐに柏木選手から柴戸選手が追加点です♪
その後も李選手が3点目を入れましたが相手も1点返して来ました。
試合結果は3-2でレッズが勝ちJリーグの順位も5位まで浮上しました(*^^)v
その後平川選手の引退セレモニーが有り平川コールが沸き上がりました♪
これでまたレッズの生え抜きの選手がまた一人居なく成りましたね。
平川選手17年間ありがとうございました。We are REDS!!

払い鉈払い鉈 (2)払い鉈 (3)
木や竹を切るには時期がそれぞれに有りますが
皆さんは意識して切っていますか?

さて今回は今愛用している鉈を紹介しますね。
と言うのは庭の木を少し切ったら砥いでなくて切れが悪く今朝は腕が痛いです💦
なので少し砥いで見栄えを良くして写してみたという訳です(笑)
ところで先ず最初にこの写真を見ておかしい所が有りませんか?
そうです、右利き鉈なのに鞘に刺さっている向きを見ると左利きみたいですよね。
これの正式の呼び名は知りませんが払い鉈と聞いています。
で、この払い鉈はどの様にぶら下げるのかというと腰の横ではなく尻にぶら下げるのです。
それは山の中で木を切る仕事をする人は藪の様な場所に入って行きます。
この藪こぎの時にツルや枝が鉈に絡まない様にするためで鞘は見ないで抜き差しします。
それに握りが独特で変でしょう~👀
これは自作した握りですが見ないで抜き差ししたり枝を払う時に握りの位置を変えたり
するためで山仕事をしていた親父から教わった握りの形ですね♪
危険な鉈でも山で育った私にとっては小学3年生から慣れた道具なのです♪

このページのトップヘ