やまめ110番

埼玉から釣りやバイクの事などを気ままに書いています。

カテゴリ:テンカラ

テンカラ、ヤマメ秩父溪テンカラ、イワナ
秩父の渓流も9月いっぱいで禁漁期に入ります。
皆さんは今年の渓流釣りは何回ぐらい釣行されましたか?

さて今回はやっと9月のテンカラ振りに行って来られました。
朝5時半に目覚めいつものバカ長靴を積んでノコノコ車で出掛けて来ました。
渓流に着いてみると水温は19℃水量が多く少し濁りも入っていましたね。
こんな時にはと初っ端から流れのヨレに打ち込むと筋から良い型のヤマメが
顔を出しましたが毛鉤まで届かず帰って行ってしまいました👀
今回は新しいメガネを使い始めた為か狙った点より少し遠くに毛鉤が入るのと
水量が多い為か渓魚たちも目測を誤っている様子でしたね。
そこで毛鉤を沈み易いようにおまじないをかけて次のポイントに打つとヤマメが
来てくれましたがよく見ると下唇の外から掛かっていましたね(笑)
そのような事が度々有りながら遡行し最後は大物に足元の石の下に潜られて
ハリスを切られてしまいました(^-^;
半日でしたが今年も楽しいテンカラで締めくくる事が出来ましたm(__)m

テンカラ糸掛け石渓流
今朝は台風10号(クローサ)の雨でこちらでは少し涼しさを感じています。
でも近頃は地球規模で昔とは違って来ているのを実感しますよね。

さて今回は5月からご無沙汰だったテンカラを打ちに行って来ました。
このブログはこれが本来ですが10年も経つと体も動かなく成りますよね(笑)
久しぶりに眠い目をこすりながら秩父に向けて車で出発していざ渓流に着いて
みると水量は少し多いのですが水温を計ったら19℃有りましたね。
この水温だと渓魚たちの活性も少し中だるみ状態の筈です(^^;)
この様な時は経験値を生かして周りを意識して川底の石の色や流れのヨレを読み
毛鉤を打ち込むと早速ヤマメが顔を出してくれました♪
その後も同じ様なポイントに毛鉤を打つと同サイズのヤマメが出ます。
少し遡行するとキャンプの子供たちの姿を見かけたのでそこで終了しました。
やはり大きなヤマメは顔を出してくれませんでしたね(汗)
とか言いながら実は暑くて体力が持たないので昼で帰って来た訳でした(笑)

テンカラ渓流アカシヤの花
国賓の米大統領夫妻への天皇皇后の応対を見て令和の日本を感じました。
皆さんはテレビの放映を見てどの様に感じましたか?

さて今回はやっと5月中にテンカラを打ちに行くことが出来ました。
今月の前半はGWでしたのでテンカラには行かないで居ました。
しかし中旬以降では花粉症や首を寝違えたり猛暑などで伸び伸びに成っていました(^-^;
やっと暑さも一段落に成ったので秩父の様子を見に行って見ますと水量は少ない
気がしますが石に付いた苔からして平常水位に戻っている様子でしたね。
しかし毛鉤を打ってみると何処のポイントでも魚の反応がほとんど有りません💦
やはりGWの前と後では雲泥の差が有りますね(笑)
それでも丁寧に毛鉤を打ち込みやっと一匹を引き出しました♪
フッと周りに目をやると木々は緑が濃く成りアカシアの花が咲いていましたね。
この頃にテンカラ打つと毛鉤のロストが多く成るのですが今回は3個で済みました('◇')ゞ
それから家の庭に出るとクシャミや鼻水が垂れますが渓流だと鼻水は出ませんでしたね。
これはきっと麦や草刈りのノゲの影響で花粉ではなかった様子でしたね(*^^)v

テンカラヒトリシズカテンカラ (2)
明日よりGWが始まり5月1日からは平成から令和に変りますね。
皆さん思い思いのGW楽しんで来て下さいな♪

さて今回は平成の内にもう1度テンカラを打つ事が出来ました。
テンカラは打つと言ったり振ると言ったり釣りと言ったりもしますね(汗)
私のイメージしているテンカラは打つが合っている気がしています。
それはテンカラは点の釣りだからのように思えますね。
毛鉤はほとんど流さずに狙ったポイントに打ち狙ったポイントで引き出します。
今回は通常の半分くらいに減水している為かその兆候が色濃く出ましたね💦
白波が渦によって一部分がかき消される一瞬その点に毛鉤を打ち込むと
その渦の波が消えるまでの間に下から飛び出して咥える感じでしたね(*^^)v
それから遡行途中にあまり見られない可愛い花が咲いていましたので
家に帰ってからネットで調べてみるとヒトリシズカと言う草花でしたね。
山々は薄緑に萌え山桜の淡いピンクがとても綺麗でした♪

放流ヤマメ渓流テンカラ
今週は思いがけなく雪が降りましたが平成も残り少なく成って来ましたね。
皆さんも良い平成を締め括って新たな年号の令和を迎えて下さいね。

さて今回は平成最後かもしれないテンカラを打ちに行って来ました。
タナゴ釣りにも行きたいのですが月に一度位はテンカラも打ちたいですよね💦
天気予報で風があまり吹かずに曇り日で平日という好条件が揃っています。
と成ると朝の目覚めも早くてまだまだこの歳でも大丈夫な様子ですね(笑)
いざ秩父の渓流に着いてみると先月よりもっと減水していましたね。
そこで今回も先ずはヤマメが反応するポイントを探し出します👀
瀬から打ち始め払い出しやヘチ、沈み石周りなどを丹念に狙いながら淵をくまなく
打廻してみると白泡の中から顔を出しましたが先月に放流された残りものでしたね。
ポイントが判ったので遡行を始めるともう上流には釣り人が入られてしまいました(汗)
仕方なく一端上の道に上がって下流に下りもう一度仕切り直しを行います。
これで少しの時間を稼げた様子で放流物が飛び出して来てくれる様に成りましたね♪
そして午後2時頃天然が出たところでやはり歳には勝てずに終了しました(笑)

テンカラ (1)ネコヤナギテンカラ (2)
里では桜が咲き山間の渓流にも春が近づいて来ていました。
皆さんの近くでも春の草花が芽吹き出していますか?

さて今回はシーズン最初のテンカラを打ちに行って来ました。
えっ、た〇ご110番からやっとやまめ110番らしく成ったか~ですって(笑)
本当にスロースタートの年寄りに成りましたがやっとテンカラに出掛けられました♪
いざ秩父の渓流を着いてみるとかなり水量が減っていましたね。
そしてまだ所々に放流ヤマメが残っていましたが多くの釣り人に弄られた様子で
愛用のテンカラ毛鉤には見向きもしてくれず底の方でジッとしていました💦
そこで何処で反応が出るか一通りのポイントに毛鉤を打って調べてみましたら
不思議なのですが水温5℃にも関わらず浅瀬の中から顔を出しました?
これを察するのに少しでも酸素を多く含む場所に居る為なのかも知れませんね(汗)
先行に餌釣り師が居る中でしたので出来るだけ丁寧にポイントを狙い打ちして
取りあえず可愛いのが何匹か掛かってくれたので先ずは一安心しました♪
途中では白いモフモフしたネコヤナギの可愛い花穂に春を感じましたね。
今年も無理せずテンカラ楽しみたいと思いますがやはり足が攣りました(笑)

BH毛鉤テンカラ竿清掃テンカラ竿
3月は年度終わりの月ですが釣り人にとっては渓流解禁の月ですよね。
皆さんは仕事と渓流どちらが優先ですか?

さて今回は今頃に成ってやっとテンカラ竿やら毛鉤を巻き出しました。
タイイング材も沢山持ってないので毎年同じ様な毛鉤に成ってしまいますね💦
先ずは愛用の毛鉤を巻いた他に少し違った毛鉤も巻いてみる事にしました。
それはビーズヘッド(BH)毛ばりの真似をしたBH風毛鉤でドライ用に軽く作る為に
百均のビーズを入れてみましたが渓魚たちの反応は如何でしょうかね(笑)
次はテンカラ竿の点検でキャップと尻栓を外し一本ずつ表面の汚れを布で拭き取った後に
ティッシュを丸めて通し竿の内部の汚れを拭き取りますがかなり汚れていましたね(汗)
最後は固着防止にローソクを塗りジョイント部のすり合わせを行います。
毎年秩父にテンカラを打ちに行く回数が減っていますが今年も年券を購入しました♫
流のよれに目線を置き毛鉤を打つ、その毛鉤にヤマメも目線をくれる。
その一瞬の緊張感を味わいにゆっくりとテンカラ打ちに出掛けるつもりでいます。
今年もお互いに怪我の無い様に気をつけて楽しみましょうね♪
皆さんにとって良い解禁日で有ります様に願っておりますm(__)m

テンカラ激流テンカラ (2)
もう残すところ2週間とチョットに成ってしまいましたね。
これを聞いてピンとくる人は流石に釣り人ですね。

と言う事で今回はシーズン最後のテンカラを振りに行って来ました。
前回に振ったのが6月22日ですから年々行く回数が減っていますね(汗)
それでも釣行の都度よくヤマメが顔を出してくれましたね♪
今回の秩父の渓流は少し水量が多く徒渉するのに難儀するくらい有りましたね。
時には迂回する様な激流も有りましたので非常に歩き疲れました(笑)
そして狙いの方は流れが強いので石陰で深みの巻き返しピンポイントに打ち
女波使って沈ませてピックアップを早くしなくては成りませんでしたね。
でもヤマメの出方は水面まで魚体を出して毛鉤を押さえ込むような感じが多く
この時期は捕食量が必要な時でも有りますので出方は激しかったですね(汗)
昼には車まで戻って来て食べましたが食べると腹の皮が緩み眠く成ります。
そんな事でシートを倒したら少し眠ってしまいました(笑)
昔はこのくらいは平気でしたがやはり歳取った事を痛感する事が多く成りましたね💦
でも来年も年券買ってポツリ、ポツリとテンカラ振りたいと思っています♪
ではまた来年まで!  今シーズンありがとうございましたm(__)m

スズメ毛鉤スズメの羽
台風21号が気に成りますが9月の声を聞くともうあの暑さを忘れています。
皆さんは今年の夏は何か思い出が有りますか?

さて今回はテンカラの毛鉤でも巻いてみています。
と言うのはこの前ハンターカブのカバーを外した時にパラリと何か落ちました。
それをよく見るとスズメの羽ではないですか?
この時ブロ友のハックル70さんスズメ毛ばりを思い出してしまいました♪
早速、フックケースの中から14番くらいのフックを使い巻き込んでみました。
先ずはスレッドを下巻きしてピーコックとヤマドリのウイングを巻き込み太らせました。
ハックルを巻く段階に成って14番のフックですからあまりハックルが長いのも・・・
バランスが悪そうですから内弁部を取り除き外弁部を巻き込む事にしました。
この時に羽の芯の中身を取り除くのですが上手く取り除けませんでしたね💦
そんなこんなでスズメの羽のテンカラ毛鉤が巻き終えました。
少しバランスがおかしいですが食べてくれるのはヤマメですからね(笑)
毛鉤ケースに入れて残り1ヶ月ですが楽しみに使いたいと思っています。
さて皆さんもうひと踏ん張りです。今年も悔いの無いように楽しみましょうね♪

毛鉤巻き道具毛鉤ケース
梅雨が明けるとそろそろ夏休みの計画に成りますね。
皆さんは夏休みは何日くらい出掛けられますか?

さて今回は風邪を引いて写真も無くテンカラ毛鉤を巻いています。
解禁当初に巻いた毛鉤も少しずつロストして残り少なく成って来ていましたので
追加巻きなのですが近頃はめっきり根気がなくなり長い時間は巻けませんね💦
そんな事でこんな道具で巻いて居ますが笑わないでくださいな(汗)
この箱は以前タナゴ合切箱にした裁縫箱を再々利用してタイイング箱にしています。
と言うのは机にバイスを取り付けられないのでこの裁縫箱の底から板を張り出させ
そこにバイスや桐箱を固定させ道具とゴミを一緒に受け止めています。
この箱は簡単に取り外せますので道具を出せばゴミは捨てられるし毛鉤を巻く時に
ゴミも落ちないので羽などはこの上でカットしたりして便利です♪
そしてこの時の道具箱の周りには磁石板を貼ったべニア板で囲んでいます。
これは針などが何処かに飛んで行って見つけ探す事が多々有ります。
そんな時にもこの磁石によく貼り付いていますので安心ですね(笑)
今回も数個で疲れてしまいましたが追加毛鉤だけで良しとします♪

このページのトップヘ