やまめ110番

埼玉から釣りのことやバイクのことを気ままに書いています。

カテゴリ:テンカラ釣り

テンカラライン作りテンカラライン作り (2)テンカラライン作り (3)
今年の花粉症が少し出てきた感じがするのですが
皆さんの花粉症は如何ですか?

さて今回は今シーズン用にテンカラテーパーラインを作りました。
毎年テンカララインを作っている訳では有りませんが古く成ってしまいましたので
あまり糸を見つけて撚り糸を作って継ぎ合せて作ってみました(汗)
これで上手く飛んでくれれば良いのですが上手く出来ない時の方が多いですね(笑)
今回は1.5号から始め1.2号、1.0号と0.8号の8本撚りまでの4段階で少し太めで
少し重めのテンカラテーパーラインにしました。
これは以前に載せた継ぎ合せの動画ですね→テンカラライン継ぎ合せ
この後に仮補強巻きしながら全体をつなぎ手で振ってみてラインの伝わり方が
先端まで伝わるか調べながら長さを調整して本補強巻きをして仕上げて行きます♪
今年もこれで何匹か掛かってくれれば嬉しいですよね(*^^)v

テンカラ竿竿固着防止
春を待つのは心躍りますが花粉は嫌いですね。
皆さんは花粉対策始めていますか?

さて今回はテンカラ竿の手入れを始めました。
手入れっと言っても汚れ落としをしながら割れ箇所などを確認して
固着防止にローソクを塗って置くくらいの事ですがね💦
先ずは竿を分解してお勝手の洗剤と激落ちくんのスポンジを使って洗います。
この後は竿の外側はウエス等で水分や汚れは拭けますが内部は難しいですよね(^-^;
私はティッシュでコヨリを作って内部を押し通しながら水分と汚れを拭き取ります。
通した後のティッシュを見るとかなり汚れていますからやはり大事ですよね(汗)
そして完全に乾燥させてから竿の重なる場所にローソクを塗布し固着防止します。
以前ですがこんな動画でお見せしましたね→
そんな感じで今シーズンの竿の準備が整いました♪

テンカラ毛鉤ハックル染め
2月も中旬ですがまだまだ寒いですよね。
皆さんはコタツに入ると寝てしまいませんか?

さて今回は教わって黒に染めた羽でテンカラ毛鉤を巻いてみました。
フックはいつもの通りのTMC5230を使ってですからドライ毛鉤ですね♪
やはり水面で渓魚が反転するのは年寄りの心臓に響きますから良いですね(^-^;
今回も居眠りする前に少し巻き始めましたが如何でしょうかね?
ハックルを多めに巻いて密度を濃くしたのでドライ重視ですが渓では
少しむしり取って量を少なくしたりしてウエットとしても使えそうですね♪
でも何回か打ち返していると自然に水になじむ様にも成りますよね💦
この後はハックル70さんの受け売りの犬の卒倒(ワンパターン)で
愛用毛鉤を巻こうとしましたが・・・私の方が卒倒してしまいました(-_-)zzz(笑)

白マテリアルローバスバチック黒染めマテリアル
2月14日はバレンタインデーですよね♪
甘いのはどうも・・・と言う人でもこの日は沢山欲しいですよね♪

さて今回は白のフライマテリアルを黒く染めてみました。
と言うのは前回の毛鉤巻き時に黒のマテリアルを持っていなかったのでブログ
繋がりのハックル70さんから教えて貰った染料をホームセンターで購入して来ました。
早速に白のフライマテリアルから数本か切り取ってジッパー付きビニール袋に入れ
黒の液体を浸る程度に注ぎこみ何回か裏返しながら一晩浸けてみました(汗)
翌日に成って水道水で水洗いをして皿に取り出してみましたら・・・
しっかり黒い色に染まっていましたね(*^^)v
この後はティッシュで水分を吸収させた後ドライヤーで乾かしました。
このまま置いておくと掃除機の餌に成りそうなのでタッパーに入れて保管します(笑)
兎に角上手く染まってくれたのでこれからのテンカラ毛鉤巻きが楽しみです♪


毛鉤毛鉤 (3)毛鉤 (2)
今朝は雪景色ですが明日は節分で翌日は立春ですよね。
ところで皆さんはチョコレートは何個くらい目標ですか?

さて今回は3月の解禁に備えてテンカラ毛鉤を巻き始めました。
ブログ繋がりのハックル70さん幻の渓流師さんの沈む毛鉤を手本に
真似をして巻いてみました。
と言ってもマテリアルが有りませんので持っている材料だけで巻きます💦
先ずは最初の毛鉤はBHにレッドワイヤーを巻き込んで沈ませる毛鉤ですね。
流れの速い渓を狙う時用にハックルは山鳥の風切り羽をパラリと巻いてみました。
次も同じでBHとレッドワイヤーを入れていますが流れの緩い渓の時用に
ハックルはグリズリーを少し多めに巻いてみました。
最後の写真はハックルを二段に巻いた伝承毛鉤風にしたつもりでしたが
フックのシャンクが短くてうまいバランスに巻けませんでしたね(汗)
でも巻き始めの具合は毎年こんなものですよね(^-^;
集中力が無くなり数個を巻くともう疲れてしまいました(笑)

テンカラ竿&ヒキガエルテンカラ&小ヤマメテンカラ竿&ヤマメ
9月も中旬ですが先日は31℃に成る予報が出ていました。
皆さんの所では何度ぐらいに成りましたか?

さて今回は月に1℃ ?・・・1度に成ってしまったテンカラに行って来ました(汗)
秩父の渓は平常水位に戻り濁りもなく蜘蛛の巣も少なく釣り易く成っていましたね。
でもどうも今日は何か少しおかしいのです?
と言うのは数匹掛けたのですがよくフッキングせずに足元で外れて砂の上に落ちます。
それが続くとなんだか訳が分からなくなってしまうほど針掛かりが甘いのです(-_-;)
有るポイントでは水面から飛び出しても掛からず、次は毛鉤を大きくして
針先を砥ぎ再度トライすると竿は曲がり手に伝わるのですが外されます(汗)
その時フッと下にヒキガエル様が居ましたので竿をお供えして拝んでみました。
するとどうでしょう~・・・と言いたい所ですが如何せん掛かりません💦
よくよく考えるとこの頃タナゴ釣りばかり出掛けていてアワセが手首に成っています。
どうも年寄りのテンカラはアワセの腕の鋭さが欠けているようですね(大汗)
そこでヤマメには悪いのですが一端ハリス切れを承知で強くアワセをしてみました。
見事にハリスは切れましたがこれで感覚が戻りヤマメが掛けられる様に成りましたね♪
やはりテンカラのアワセは微妙なバランスで成り立っている釣りだと改めて思いました。
来期まで感覚継続するためにもう1度行きたい気持ちが有りますがどう成りますか(笑)
取りあえず今年も色々とありがとうございましたm(__)m

ヤマメアキアカネニホントカゲ
9月に入り今年は毛鉤のロストが少ない年に成りそうです。
皆さんは良い釣りに出掛けていますか?

さて今回は月に1度に成ってしまったテンカラ釣りに行って来ました。
これは8月の最後の週に出掛けましたが本当に軟弱ものに成ったものです(笑)
川の状況や天気の様子などを加味したつもりで早朝に秩父まで車で出掛けましたが、
いざ渓流に着いて川を見るとまだ笹濁りで水量も少し多い状態でしたね。
久しぶりですが増水でクモの巣が少なかったので毛鉤は打ち込みやすかったです♪
しかし今回は全てのヤマメが酔っている様な感じです。
やっと毛鉤に出てもハックルをついばむような咥え方しかしません(汗)
どうも長雨の濁りが続いたため捕食がままならなかった状況の様子ですね。
体力も落ちているらしく泳ぐ位置も水流のバランスが保てる場所にとどまっています。
動きは緩慢だし水面には向いていなく毛鉤への反応が下手に成っています(-_-;)
それでもチビヤマメを何匹か掛けた後の昼近くにやっとこのサイズが掛かりました♪
ゆっくりおにぎりをほうばりながら周りを見渡すともうアキアカネが飛び交っていたり、
ニホントカゲが顔を出したりでもう秋に向けてのカウントダウンが始まっていましたね。
泣いても笑っても後1ヶ月です。今年の締めくくり釣行一緒に頑張りましょうね♪

ラインカッターメガネ用偏向グラスネオジウム磁石
花咲徳栄の野球部選手たち優勝おめでとうございます。
ついに埼玉県の花咲徳栄高等学校が甲子園で初優勝してくれました♪

さて今回はテンカラ釣りの小道具その2をお見せしますね。
先ず最初はラインカッターですね。
これはハサミより軽くてベストにぶら下げているのですぐに使えて便利です。
ハリスを切ったりラインに付いた蜘蛛の糸などを取る時などにも役立ちますね♪
次の写真はメガネ用の偏向グラスですね。
眩しい水面を見る時に使いますが魚影が見えると早アワセぎみに成りますので
時折出して手に持って覗く程度です。やはり雰囲気アワセの方が合いますね(笑)
そして次の写真はネオジウム磁石ですね。
これはPCのハードディスクから取り外したものですが磁力が強いのと
裏の鉄板に穴が開いているので釣り糸など通せば色々と便利に使えますね。
例えば毛鉤を石の隙間に落とした時なども吸い付いて来るので簡単に取れますね♪
老眼のテンカラ釣りはこんなものを持っていると助かる事が多いのですよ(笑)
残り日数が少なく成りましたがお互い注意しながら楽しみましょうね♪

ホイッスル、コショウ糸巻き付け水温計、毛鉤取り
お盆様ですからもうすぐご先祖様に会えますよね。
皆さんの帰省は車ですか、それとも電車などですか?

さて今回はテンカラに行く時の小道具を少しお見せしますね。
竿や毛鉤はもちろんですがこんなものも持って溪に入っています(汗)
先ずはホイッスルとフイルムケースの中に入れたコショウ袋ですね。
これはクマ対策用ですがホイッスルは心細さを感じた時に吹きます。
そしてコショウ袋は沢風に乗せてクマの嗅覚を刺激させればいち早く感じて
逃げてくれるのではないかと思っていますが効果程は判りませんね(笑)
次の写真はマジックテープの切れ端と入れ物のフイルムケースですね。
これはハリスなどを交換した時や釣り糸が捨てられて有った時などに拾って
これに巻き付けフイルムケースの中に入れて持ち歩いています♪
右の写真は水温計と手作りの毛鉤取り道具ですね。
水温計は遡行中に時々測っていますが皆さんは水温を良く測りますか?
そして毛鉤取りは失敗して木の枝などに毛鉤を掛けてしまった時に使います。
何匹か釣って傷んだ毛鉤でもならば回収したいですよね(^^;)
こんな小道具をベストに忍ばせていると何かと便利やら心強いですね♪

ヤマメ1渓流ヤマメ2
この時期は雨が降ってくれるとグッと涼しく成りますよね。
皆さんは釣りに入る時に常にカッパ持って行きますか?

さて今回は月に1度に成ってしまったテンカラ釣りに行って来ました。
本当は田舎にお中元を届けに行く前にチョット寄り道をしただけです(汗)
いざ溪に立ってみると幾分水嵩は有りますが天気も良く川底まで見えます。
久しぶりのテンカラなので先ずはラインの癖を取り直します。
そしてハリスは矢引きで結び直し新しく12番毛鉤も取り換えました。
打ち始めて早速出てくれたのがパーマークがくっきりしている若いヤマメでしたね♪
1匹掛けてみれば今日の定位置や捕食位置が分りますよね。
これに合せ狙う立ち位置も決まりますが掛かって来るのは同じサイズばかりです。
でも次のポイントで飛び出して来て糸鳴りをさせてくれたのは放流ヤマメでした。
と成るとこのヤマメは放流からかれこれ5ヶ月くらい居た事に成りますね。
そんな事を思ってペットボトルの水を飲もうとすると上流の山の上が真っ黒の雲です。
一目散で車まで戻りましたが日頃の運動不足でかなり息切れが酷かったですね(汗)
その後は今日の目的だった田舎に汗だくでチャント寄って来ましたよ(笑)

このページのトップヘ