やまめ110番

埼玉から釣りのことやバイクのことを気ままに書いています。

カテゴリ:テンカラ釣り

テンカラ渓流テンカラ釣り
関東も梅雨入りしましたが梅雨と言うとキイチゴを思い出します。
特に期間の短いモミジイチゴは美味しいですよね。

さて今回は秩父にテンカラ振りに行って来ました。
モミジイチゴの写真は有りませんがまだ食べるには早い様子でしたね(汗)
今回の使用竿はいつもの愛用のテンカラ竿の方を持ち出してみました。
元はハエ竿ですから自重でたわみますのでほとんどヘラ竿の様ですね。
しかし使い慣れているというのは不思議なものでこの竿だと扱いが凄く楽です。
楽だと力が抜けるのかラインにおつりが出てもヤマメが付いて来ます♪
ついには泡の中から解禁日に放流されたヤマメまでが顔を出してくれました(@_@;)
テンカラは時と場合によって爆釣する事が有りますが今日はそんな日でしたね♪
でも良い事ばかりではなくて遡行中にソールのフェルトが剥がれてしまいました💦
歩くたびにペタペタするので手ぬぐいを破いて紐にしてフェルトを括り付けましたが
如何せん歩き辛いので昼食のおにぎりを食べて早上がりをしました(笑)
しかし今回はヤマメがやる気が有り楽しいテンカラを堪能する事が出来ました♪

テンカラ羽虫のハッチテンカラ釣り
もう朝晩でもかなり暑く布団を干したりすると尚更ですよね。
さころで皆さんは布団を干した夜はどの様に冷ましていますか?

さて今回はシーズン2度目のテンカラ釣りに秩父まで行って来ました。
渓流に着いてみるとかなり水量が増えていたり少し濁ってもいましたね💦
今回は新テンカラ竿に合わせて色々と調整したラインのテストをしました。
先ずは竿と同じ長さに継ぎ接ぎしたラインから結んで打ち始めました。
このラインはロングで少し重みが有る様にと思って縒ったテーパーラインだった
ですので楽に飛びますがやはり毛鉤の着水が強くおつりも来ますね(汗)
そんな事でチビヤマメは掛かりますが普通のヤマメたちはしっかり見抜きます(笑)
昼頃までこのラインを使った後に先端部を細目に縒ったテーパーラインへ
取り換えてみましたら思ったより毛鉤がソフトに打ち込めるラインでした♪
すると放流物も出てくれたり普通サイズのヤマメも反応する様に成りましたね(*^^)v
やはりラインの先端は毛鉤に合せた細さと柔らかさが必要ですね♪

テンカラ (2)渓流テンカラ
4月ももうすぐ終わりで花のGW突入ですね。
皆さんは今年は何処を予定されていますか?

さて今回は解禁から少々経ちましたがテンカラ初振りに秩父に行って来ました。
でも朝は早く起きられず家を出たのが6時半でしたね💦
そんな具合で秩父の渓流に着いてみると思っていたより水量が多かったですね。
早速、新しく作ったテンカラ竿1本を持って渓流を遡行します。
小さいヤマメは開きに陣取りますので上流のヤマメたちは敏感に反応し、
放流魚でもこれだけの期間大勢の釣り人に弄られているらしく隠れますね(^-^;
そこでまだ振り慣れていないテンカラ竿ですが出来るだけピンポイントを狙って
ドライ毛鉤を打ち込み今回は少し影が有るポイントでの反応が良かったですね。
午後1時半まで叩いた後に初物ですので家族の分を頂いて帰って来ました♪
あっ、新しいテンカラ竿の感想ですか?
そうですね少し硬すぎるので毛鉤をソフト着水させるのに手首が疲れました(笑)

和竿作り和竿作り (3)
今年も3月に入り雨が降りましたが気温が上がりましたね。
皆さんはもう何処かに出掛けられましたか?

さて今回は竹竿でテンカラ竿を作ろうと試みてみました。
でも写真を見て貰うとすぐに解るように仕上がってはいませんね(汗)
・・・・そうです・・・・失敗作なのです(涙) 
そんな話ですが、今までにタナゴ竿を何本か作って来ているのである程度は作れると
過信していつもの様にストックしている竹の中から材料を抜き出して火入れをして
から寸法に合わせて切り出しを始めました。
しかしタナゴ用に採って来た布袋竹や高野竹ですから細いものしかなく細身の竿に
成るのが分っていましたが1本1本を曲げてみるとオイカワのテンカラ竿くらいには
作れると思っていました(^-^;
しかし継いでみると超軟調竿で腰はなく勝負に成らない竿に成ってしまいましたね💦
やはりテンカラ竿を作るにはそれに合わせた竹採りが必要だったのですね(笑)
もう秩父は解禁しましたが今年もスロースタート発進です♪

テンカラ竿布袋竹握りテンカラ竿布袋竹テンカラ竿布袋竹 (2)
テンカラ竿布袋竹 (3)テンカラ竿布袋竹 (4)テンカラ竿布袋竹 (5)
渓流の解禁が待ち遠しいこの時期ですがテンカラ竿を作ってみました。
2013年にハエ竿を改造して作ったテンカラ竿は今も現役で使っていますが、
流石にこの1本だけでは心許ないものが有りまして今回は新たにテンカラ竿を
作ろうとした探し回ると以前作った失敗作の半端物が見つかりました。
そこで近くのタックルベリーから懐に優しい渓流竿を買って来て部品取りして継ぎ
布袋竹をくり抜き作ってみましたがカシュー塗料の色が濃く成りすぎましたね(笑)
でも今度のテンカラ竿は握りが少し太いので振り易そうです(*^^)v
もうすぐ解禁に成りますがお互いに怪我には気を付けて楽しみましょうね♪

テンカラライン作りテンカラライン作り (2)テンカラライン作り (3)
今年の花粉症が少し出てきた感じがするのですが
皆さんの花粉症は如何ですか?

さて今回は今シーズン用にテンカラテーパーラインを作りました。
毎年テンカララインを作っている訳では有りませんが古く成ってしまいましたので
あまり糸を見つけて撚り糸を作って継ぎ合せて作ってみました(汗)
これで上手く飛んでくれれば良いのですが上手く出来ない時の方が多いですね(笑)
今回は1.5号から始め1.2号、1.0号と0.8号の8本撚りまでの4段階で少し太めで
少し重めのテンカラテーパーラインにしました。
これは以前に載せた継ぎ合せの動画ですね→テンカラライン継ぎ合せ
この後に仮補強巻きしながら全体をつなぎ手で振ってみてラインの伝わり方が
先端まで伝わるか調べながら長さを調整して本補強巻きをして仕上げて行きます♪
今年もこれで何匹か掛かってくれれば嬉しいですよね(*^^)v

テンカラ竿竿固着防止
春を待つのは心躍りますが花粉は嫌いですね。
皆さんは花粉対策始めていますか?

さて今回はテンカラ竿の手入れを始めました。
手入れっと言っても汚れ落としをしながら割れ箇所などを確認して
固着防止にローソクを塗って置くくらいの事ですがね💦
先ずは竿を分解してお勝手の洗剤と激落ちくんのスポンジを使って洗います。
この後は竿の外側はウエス等で水分や汚れは拭けますが内部は難しいですよね(^-^;
私はティッシュでコヨリを作って内部を押し通しながら水分と汚れを拭き取ります。
通した後のティッシュを見るとかなり汚れていますからやはり大事ですよね(汗)
そして完全に乾燥させてから竿の重なる場所にローソクを塗布し固着防止します。
以前ですがこんな動画でお見せしましたね→
そんな感じで今シーズンの竿の準備が整いました♪

テンカラ毛鉤ハックル染め
2月も中旬ですがまだまだ寒いですよね。
皆さんはコタツに入ると寝てしまいませんか?

さて今回は教わって黒に染めた羽でテンカラ毛鉤を巻いてみました。
フックはいつもの通りのTMC5230を使ってですからドライ毛鉤ですね♪
やはり水面で渓魚が反転するのは年寄りの心臓に響きますから良いですね(^-^;
今回も居眠りする前に少し巻き始めましたが如何でしょうかね?
ハックルを多めに巻いて密度を濃くしたのでドライ重視ですが渓では
少しむしり取って量を少なくしたりしてウエットとしても使えそうですね♪
でも何回か打ち返していると自然に水になじむ様にも成りますよね💦
この後はハックル70さんの受け売りの犬の卒倒(ワンパターン)で
愛用毛鉤を巻こうとしましたが・・・私の方が卒倒してしまいました(-_-)zzz(笑)

白マテリアルローバスバチック黒染めマテリアル
2月14日はバレンタインデーですよね♪
甘いのはどうも・・・と言う人でもこの日は沢山欲しいですよね♪

さて今回は白のフライマテリアルを黒く染めてみました。
と言うのは前回の毛鉤巻き時に黒のマテリアルを持っていなかったのでブログ
繋がりのハックル70さんから教えて貰った染料をホームセンターで購入して来ました。
早速に白のフライマテリアルから数本か切り取ってジッパー付きビニール袋に入れ
黒の液体を浸る程度に注ぎこみ何回か裏返しながら一晩浸けてみました(汗)
翌日に成って水道水で水洗いをして皿に取り出してみましたら・・・
しっかり黒い色に染まっていましたね(*^^)v
この後はティッシュで水分を吸収させた後ドライヤーで乾かしました。
このまま置いておくと掃除機の餌に成りそうなのでタッパーに入れて保管します(笑)
兎に角上手く染まってくれたのでこれからのテンカラ毛鉤巻きが楽しみです♪


毛鉤毛鉤 (3)毛鉤 (2)
今朝は雪景色ですが明日は節分で翌日は立春ですよね。
ところで皆さんはチョコレートは何個くらい目標ですか?

さて今回は3月の解禁に備えてテンカラ毛鉤を巻き始めました。
ブログ繋がりのハックル70さん幻の渓流師さんの沈む毛鉤を手本に
真似をして巻いてみました。
と言ってもマテリアルが有りませんので持っている材料だけで巻きます💦
先ずは最初の毛鉤はBHにレッドワイヤーを巻き込んで沈ませる毛鉤ですね。
流れの速い渓を狙う時用にハックルは山鳥の風切り羽をパラリと巻いてみました。
次も同じでBHとレッドワイヤーを入れていますが流れの緩い渓の時用に
ハックルはグリズリーを少し多めに巻いてみました。
最後の写真はハックルを二段に巻いた伝承毛鉤風にしたつもりでしたが
フックのシャンクが短くてうまいバランスに巻けませんでしたね(汗)
でも巻き始めの具合は毎年こんなものですよね(^-^;
集中力が無くなり数個を巻くともう疲れてしまいました(笑)

このページのトップヘ