やまめ110番

埼玉から釣りやバイクの事を気ままに書いています。

カテゴリ:ワカサギ

ワカサギ朝日
我が家にも猫が居ますが本当に陽だまりを見つけるのが上手ですよね。
皆さんの周りではどんな所で猫を見かけますか?

さて今回は今年始めてのワカサギの釣りを楽しんで来ました。
電話で様子を聞くと日によって釣れたり釣れなかったりの様子でした(汗)
やはり今シーズンは餌が豊富ではないようで群れが安定していない様子ですね。
朝はタナゴ釣りの時よりもずっと早く5時半頃には家を出発しました(笑)
現地に着くとあまり釣れていない為か誰も居なく1番乗りでは入れました♪
早速仕掛けをセットして先ずは底から徐々に仕掛けを上げアタリの有る棚を探します。
するとアタリが有り巻き上げるとラインに付く水滴でガイドが凍ってしまいます(*_*;
今回は解氷スプレーを忘れて来ましたから次の仕掛けを下すのに大変なのです💦
やっと下すとすぐにアタリが出て巻き上げるとまた凍ってしまう作業が続きます(涙)
そんな事をしているうちに日が射して来て体も温まるし段々凍らなく成ります♪
しかしその頃に成るとアタリも遠く成ってしまいますね。
でもこの頃に合わせて先輩たちも顔を見せるのは流石に百戦錬磨ですよね(笑)
その後は一緒にお喋りしながら楽しく釣りをする事が出来ました♪ 

2013,122015,12
今年も残り少なく成って来ましたので今年の写真綴りを見ています。
皆さんは写真データーはどの様に保存していますか?

そんな今回は過去まで見てみるとチョット気がかりな事が目につきました。
それはワカサギのサイズが年々小さく成って来ているのです(°0°)
左の写真は2013年12月に釣った時のものですね。
2014年は上手くワカサギが育たなかったため同じ条件の写真が有りません。
次の写真は今年の2015年12月つい先日釣った時のものですね。
稀にですが2年魚も居ますが基本的にはワカサギは1年魚の筈です。
同じ場所で釣ったものですが明らかにサイズが小さく成っていますよね。
そこでどうして年々サイズが小さく成って行くのかボケた頭で考えてみました💦
まずは自然災害のゲリラ豪雨の濁水や猛暑による水温の上昇などが考えられますね。
そして人為的な雑排水や道路、護岸工事による水質の悪化なども考えられますよね。
後は稚魚の放流量が多く成り過ぎる・・・なんて事は無いでしょうね(笑)
様々の条件によって餌のプランクトンが減少して来ているのではないでしょうか?
答えは出ませんが事実として年々サイズが小さく成って来ていますね。
皆さんの釣られている場所のワカサギのサイズは変化していますか?
今回はやまめ110番から見た目ではなくワカサギ110番から見てみました。


朝霧
ワカサギ布袋竹と高野竹
この時期は雨が降るたびに1度づつ気温が下がると聞きました。
皆さんの家の方でも雨が降りましたか?

さて今回はシーズン3度目のワカサギ釣りに行って来ました。
また~なんて言わないでくださいな、我が家の食卓を豊かにする為ですからね!(^^)!
いつもの通り7時着をめどに出発したのですが前日が雨だったので朝霧でしたね。
路面も濡れていて注意しながら走りました。
そしていつもより少し遅めに着きましたが相変わらず先輩たちは早いですね~
急いで仕掛けをセットしている間に平日にも関わらず次々と常連さんが揃います♪
しかし今日は雨が降った所為か皆さんアタリが遠いと言っていましたね。
それに一時しか日も射さず曇っていて風も吹き出して益々アタリが取り難いです💦
それでもポツホツ1匹ずつを拾いながら釣り上げましたが薄着のため流石に寒いです。
仕方なく早々と午後1時には実家の薪ストーブに温まりに行ってしまいました(笑)
折角寄ったので家に生えている布袋竹を貰って切り出しましたが少し太いですね(汗)
それから兄が採って来ていた高野竹も少し頂いて来ました♪
外で竹洗いしようと汲み水に手をつけたら「ひゃっけぇ〜」でした(笑)


朝靄 (1)紅葉ワカサギ
11月に入り寒さもぐんと増して来ましたね。
皆さんの周りでは朝は何度ぐらいに下がりますか?

さて今回は秩父へワカサギ釣りに行って来ました。
前回行った時から1ヶ月ぶりですので随分回りの景色が変わっていましたね。
朝は7時頃に着いたのですが湖面には朝靄が立ち込めて幻想的でしたよ♪
でも先輩たちは「遅いぞ~!」と言いながら竿を上げて居ました(笑)
そこで少し外れた場所に竿掛けをセットして先輩たちから聞いた棚に合わせます。
すると間もなく竿先にプルプルとしたアタリが来ました♪
上げてみると少し大きく成っていましたがやはり小さいサイズでしたね。
そのため今回は2号の針で仕掛けを作って来ましたので掛かりは良いのですが
水面から橋の上までの31mの空中で落下してしまうワカサギも多いのですよ(汗)
そして少し釣れると橋下から群れが移動してしまいアタリもない時間は暇に成ります。
そんな時は紅葉の山を見ながら釣りの話に花が咲きますね。
のんびりの今回は2束には届きませんでしたが風もなく暖かく釣りが出来ました♪

ワカサギ釣りワカサギボートワカサギ
10月に入り庭のモミジの葉も少しづつ色が変わってきましたね。
皆さんの家から見える景色は色付き始めましたか?

さて今回は秩父にワカサギの初釣りに行って来ました。
秩父漁業のワカサギ解禁は9月12日となっていましたが
台風18号の影響でダムが濁ってしまっていると聞いていました。
そんな状況からワカサギ釣りに行かずにタナゴ釣りに走り回っていました(^-^;
でも流石にしびれを切らしてしまい取り合えず状況だけでもと思い出掛けました。
朝7時に現地に着くともうボートは出てるし諸先輩たちは糸を垂らしていましたね♪
まずは挨拶をしながら現状を聞き今年のワカサギの大きさも確認させて頂きました。
この橋には5人入っているので別の橋に移動してみるとそこには誰もいません(涙)
な~んて事は思わない山女魚はこの場所を独り占め出来ると楽観的です(笑)
ここも勝手知ったる場所なので竿をセットして白サシ餌で仕掛けを落とします。
そして徐々に仕掛けを上げて行き今日のワカサギの棚を掴みます♪
やっとアタリが出始めた頃に成って周りに釣り人が入り始めました。
そうなると何かホッとした気持になり遅い朝食を食べましたね(;´・ω・)
その後はお隣さんとおしゃべりをしながら小さいアタリに翻弄されつつ
一匹ずつポツポツと釣って午後3時頃に初釣りを終了しました。
家に帰ってから数を数えてみたらこれでも2束越えしていましたね。
早速小さいワカサギなのでかき揚げにして美味しく頂きました♪

ワカサギP1120029
日が射すと暖かくなり景色までもが気持ち良く見えますよね。
皆さんの気持ちが良い景色はどの様な時ですか ?

さて今回は久しぶりにワカサギを釣りに行って来ました。
実は毎年行っているダムではワカサギがほとんど釣れない様子でしたので
今年のワカサギ釣りは諦めて日向ぼっこしながらタナゴ釣りを楽しんでいました。
そんな時に兄から他のダムではワカサギが釣れているとの事を聞きました。
しかし風が吹く日が多くて出かけられずに居ましたが翌日は風が止む天気予報なので
意を決して久しぶりに車にワカサギ釣り道具を乗せ出掛けて来ました(笑)
そしてダムまで来てみるとこの時期にしか見られない絶景が湖面に映っていました♪
そんな雪景色を眺めながら仕掛けをセットし垂らすとすぐにアタリが来てくれました。
軽く合わを入れ巻き上げてみると久しぶりのワカサギとのご対面で~す(#^.^#)
でもリールを巻き上げると道糸に水が着いて来るのでガイドがすぐに凍ってしまいます。
氷を取り払わないと仕掛けが降りて行きません(汗)
その後兄も加わり約3時間微妙のアタリに翻弄されつつも楽しい釣りが出来ました♪
午後は風も吹き出し寒く成って来たので帰宅の途につきました。 

P1100174P1100179P1100207
11月も立冬に入るとぐっと寒さが増して来ますね。
皆さんは冬の運動をしていますか?

さて今回は冬恒例のワカサギ釣りに秩父まで出掛けてきました。
と言うのは田舎の兄からの連絡を貰い早速出掛けてしまいました(汗)
朝はいつもより早起きして家を4時半出発しました。
やはりこの時間ですと国道140号線も空いていて約1時間半位で着きますね。
秩父のダムに着くともう常連さんが5名いましたがまだ仕掛けを下ろしてはいませんてした?
コーヒーを頂きしばらく談話した後「そろそろ始めるかぁ~」と言う声で皆さん釣り始めました。
これを察するのに釣り人同士の暗黙の了解で開始時間を決めている様子でしたね。
やはり闇雲にすると夜の間にも釣ってしまって事故を起こしかねない対処で
とても良い暗黙の決まりだと思いました♪
その後次から次へと釣り人が訪れ入れ替わりを考えると20人くらい来ていましたかね。
野猿や常連さんたちに励まされ橋の下60mのワカサギの小さいアタリを取ります (汗)
そのお陰様で写真の様な大きさですが今期初の束越えをする事が出来ました♪ 
午後2時頃から風が吹き出し釣りづらく成りましたので挨拶をして帰路に着きました。
今回はいつもと違うダムですがとても心温まるワカサギ釣りでしたね♪
また機会が有ったらまた出掛けてみたいと思っています。

P1060772P1060778P1060998
P1070009P1070012P1070022
兵庫県の理化学研究所の研究グループが万能細胞を作る新技術を発表しましたね
と言っても山女魚には全く何だか判りません(汗)
今回は判るワカサギ用複製オモリの作り方を紹介しますね(笑)
このオモリは昔買った仕掛けに付いていた物なのですが非常に気に入っています♪
しかしだんだん無くしてしまったので古い鉛オモリを溶かして複製品を作ってみました。
写真を見て頂ければ判ると思いますが紙パックの中で元のオモリの型を石膏で取ります。
この時に上半分の石膏を流し込む前に半割し易い様に間に556を吹き付けて置きました。
この後使えない鉛をカップに入れて溶かし石膏枠の中に流し込むだけです。
当然、流し込む前には釣り糸を結ぶ為の針金の輪を入れて置くのを忘れずにね(笑)
そして冷めてから石膏枠から外し余分な部分をカッターナイフで切り取れば完成です♪
そんな事で7個ほど複製品を作る事が出来きました。
これでまたこれからのワカサギ釣りに安心して使えますね♪

P1060534P1060535P1060537
P1060539P1060542P1060544
もう師走に入りお歳暮にクリスマスに忘年会と忙しく成って来ましたね。
そろそろ年賀状も書かなくては成りませんね(汗)

さて今回は私のワカサギ仕掛けの作り方を大きな針と糸とで紹介します。
 先ずは針にハリスを巻く方法ですね♪
針結び器に針をセットしハリス(ピンクの糸)を掛けます。
スイッチを入れハリスを針に巻き付け締め付けてから取り外します。
これに思う枝針の長さに合わせて結びこぶ(抜け防止)を作っておきます。
 次に枝針の取り付け方法ですね♪
速攻8の字むすびで幹糸を8の字結びをして上糸側の幹糸を引き出します。
この輪の中に枝針のハリスを入れて幹糸をゆっくり少し締めて行きます。
ハリスを結びこぶのの所に合わせもう一度幹糸をゆっくり引き締めて完成です。
こんな感じで思う間隔で枝針を取り付けて行けば好きな長さの仕掛けが作れます♪
でもワカサギが掛かるかいなかは腕と運次第ですよ(笑)

P1060448P1060455
この頃は雪の頼りも届く様になりましたね。
皆さんの方では雪が降りますか?

こんな寒い時期になると益々活気づく釣りが有ります。
そ~うです、ワカサギ釣りですよね♪
と言っても橋の上からの釣りですが風が吹くとかなり寒いのですよ(笑)
今回は出掛ける前夜雨が降っていましたが朝には上がっていました♪
そしてダムに到着すると湖面は真っ白な濃霧に包まれていました。
先輩たちはもう釣りを開始しています。挨拶もそこそに釣りを始めていると
太陽が上がってくるのに合わせて徐々に霧が消えて行きました。
しかし少し風が吹き一端山の方に消えて行った霧が湖面に戻って来た時の事です。
太陽の光を背に受けて自分の影が霧に映し出されました。
ところがすぐ隣にも先輩がいるのですが自分の影しか見えないのです?
そして影の回りには虹みたいに色が出ていました。
これはブロッケン現象だと思い手を振ってみたりして写真を写してみました♪
そしてあっという間に霧は消えてブロッケン現象も消えて行きました。
今回のワカサギ釣りは釣果もそこそこですし貴重な体験をして来ました♪

このページのトップヘ