やまめ110番

埼玉から釣りのことやバイクのことを気ままに書いています。

カテゴリ:その他の釣り

遊漁承認証
まだまだ九州では地震が頻発している様子でね。
早く地震が収まり平常な生活が出来るように心願うばかりです。

さて今回は少し釣り券について調べてみました。
早春から私を含め釣り人は釣り券を購入して川釣りを楽しんでいますね。
でもこの釣り券について詳しい事を知りませんでした(汗)
そんな疑問からネットを利用して調べて行った経過をファイルにしてみました。
知っている人にはバカげた事だと思いますがボケ防止のためと笑ってくださいね。
下に調べた結果をPDFファイルにしてみました↓
http://yamame110.ldblog.jp/釣り券規則調べ.pdf
秩父漁業管内について調べましたが他の漁業組合もたぶん同じだと思います。
少しゴチャゴチャする内容ですが各部分はリンクで飛ぶようにしたつもりでいます。
もしよろしかったらクリックして読んでみて下さいねm(__)m
これからの温かく成る良い季節です。互い注意して楽しみましょう♪
そして後世の為にもみんなでより良い渓流を残しましょうね♪


テンカラ竿
もうすぐ解禁ですので何か始めなくてはと思います💦
と言う事で今回は愛用のテンカラ竿の点検清掃から始めてみました。
先ずはキャップのゆるみからですよね。そしてリリアンや継ぎ目の割れやヒビ、
塗装の剥がれ、握り回り、エンドキャップなどを空拭きしながら確認します。
ひと通り全体を点検出来たら竿の固着防止の処理を始めます。
良いものが売られている様子ですがなんせ貧乏人なのでロウソクを塗っています(^_^;)
長年この方法でやっていますが固着した事は有りませんね。
でも竿を伸ばす時はネットリ感が有る所で止めて無理に引き出してはダメですよ(笑)
こんな方法ですが参考に成れば幸いと思い載せてみました。
お互い怪我だけは注意して解禁日を祝いましょうね♪

P1100022P1100027P1100031
もう雪の便りが届いたりしていますが、そろそろ紅葉狩りシーズンですよね。
皆さんは今年の紅葉狩りには行ってきましたか? 

さて今回は台風19号が通過しました後で秩父の紅葉の様子を見てきました。
と言ってもハンターカブに釣り竿と長靴を括り付けてですがね(笑)
熊谷から国道140号線で秩父方面に走って行くと寄居町の辺から山合になります。
そして荒川と秩父鉄道の線路としばらく一緒に走って行きます。
時刻が合えばSLのパレオエクスプレスとも一緒に走る事も有りますよ♪
この国道は山梨県とつながり埼玉県側は彩甲斐街道と呼ばれていますね。
長瀞を過ぎると荒川を挟んで右岸側か左岸側を走るかを選択しなければ成りません。
今回は少し狭く曲がり道ですが左岸側を走る事にしました。
景色も良くハンターカブではこちらの方が曲がりくねっていて楽しいですね♪
そしてススキの茂る河川敷内まで降りて行き少し竿を出してみましたが、
写真の様に水量が有るのでオモリを重くして仕掛けを入れるとカジカが1匹掛かりました。
天気も良くて体も温まり昼食後は近くのダムまで足を伸ばしてみました。
橋まで行くとワカサギを釣っている人の中に顔見知りの諸先輩たちがいました♪
しかしここの橋は上から底まで60m位有りますから覗き込むとやはり高いですよね~(笑)
30分位ですが先輩の竿で釣らせて頂いたり話が出来て楽しかったです♪
雲と風が出て来たので別れを告げて帰路に着きましたが秩父の紅葉にはもう少しでしたね。
もう少し経ったら暖かい日を選んでもう1度紅葉狩り+α(^_^;にまた行きたいですね♪

P1090592P1090593P1090600
もう十五夜も終わりましたが皆さんの家ではお月見出来ましたか?

さて今回は趣を変えてナマズなどを狙いに田舎の河原を歩いてみました。
えっ・・・山女魚が秩父でナマズを釣るの???
そうです・・・ナマズなどは秩父より熊谷の方が遙かに多く生育していますよね(笑)
でも秩父でも私が小学生の頃はよく捕まえて食べていましたね。
と言うのは学校にはプールなどはなく河原に石を組んで川水を堰き止め良く泳ぎました。
みんながカッパの様に泳いだりヤスなど持って来て堰き止めた石の間に入っている
ギギ(秩父ではギンタと言います)やナマズを捕まえていました。
そんな思い出の河原を兄と一緒にあちらこちら見て歩きました。
大きな石が沢山有って泳いで冷えた体を温まった石の上で寝転んで温めていた石は
砂に埋まって平らになっていて面影も有りませんでした。
そして良く寒バヤ(秩父ではザコ)などを釣っていた淵にも立ち寄ってみました。
周りの景色はガラリと一変し、やはりここも記憶に有る深さは有りませんでした。
試しにドバミミズを付けてリール竿で投げ込んでみましたら、
少し経った頃に強烈なアタリが有り掛かって来たのは外来魚のコクチバスでした。(驚)
こんな所にも外来魚が居るのにはビックリして兄と苦笑いしてしまいました。
でも沢山有った石は砂に埋まり外来魚に追いまくられてはハヤやオイカワなどの
在来魚など姿を消すのはそう遠くの話ではない気がします(涙)
何故にこんな河原になってしまったか・・・・良く考えなければ成らないですよね。
そんな悲しさが山女魚の心に引っ掛かった河原歩きでした。 

P1090480P1090487P1090419
9月になるとすぐ渓流も禁漁となりますから釣り人の心は焦ってしまいますよね。
皆さんは今年何回釣行出来ましたか、そして締め括りは何時に成りますか?

そんな中ですが今回はテンカラ毛鉤の補給やらタナゴ仕掛けを作ってみました。
周りでタナゴを釣っている人の仕掛けを見るとほとんどの人が糸ウキを使っていますので
先ずはタナゴ用の糸ウキ作りに挑戦してみました。
材料はエポキシ系の接着剤と発色用塗料と楊枝などですね。
先ず釣り糸にオモリをぶら下げてピンと張ってからエポキシ系の接着剤の2液を混ぜます。
良く混ざった状態になってから発色塗料を少し混ぜ込み着色させます。
そして少し硬くなる頃に楊枝の先につれて釣り糸に付着させて行きます。
この時にヒゲを楊枝側に巻き付けるか糸側に巻き付けるかで玉の大きさを調整します。
これを上から順に繰り返して行き糸ウキの玉を釣り糸に並ばせて作ります。
これを乾燥させた後ゆっくりずらして竿の長さに合わせタナゴ仕掛けを作ります。
はじめて作ったもので大きさが不揃いなのはご愛敬と言う事で勘弁してくださいねm(._.)m
そして糸ウキを乾かしている間に毛鉤ケースの毛鉤を補充巻きをしました。
近頃のテンカラでは合わせ切れをしてしまい残り数が少なくなっていました(汗)
これからヤリタナゴも大きく成るし渓流も禁漁期に入りますから忙しく成りますよね。
それにしても老眼に成ってから何でこんな細かい事ばかりに精を出すのでしょうね(笑)
あっそうそう今年の秩父漁業管内のワカサギ釣り解禁日は9月13日に成った様子ですよ。
さて皆さんも心置きなく今期の釣りを楽しんで下さいね♪

このページのトップヘ