やまめ110番

釣りのことやバイクのことを気ままに書いています。

カテゴリ:その他の釣り

遊漁承認証
まだまだ九州では地震が頻発している様子でね。
早く地震が収まり平常な生活が出来るように心願うばかりです。

さて今回は少し釣り券について調べてみました。
早春から私を含め釣り人は釣り券を購入して川釣りを楽しんでいますね。
でもこの釣り券について詳しい事を知りませんでした(汗)
そんな疑問からネットを利用して調べて行った経過をファイルにしてみました。
知っている人にはバカげた事だと思いますがボケ防止のためと笑ってくださいね。
下に調べた結果をPDFファイルにしてみました↓
http://yamame110.ldblog.jp/釣り券規則調べ.pdf
秩父漁業管内について調べましたが他の漁業組合もたぶん同じだと思います。
少しゴチャゴチャする内容ですが各部分はリンクで飛ぶようにしたつもりでいます。
もしよろしかったらクリックして読んでみて下さいねm(__)m
これからの温かく成る良い季節です。互い注意して楽しみましょう♪
そして後世の為にもみんなでより良い渓流を残しましょうね♪


テンカラ竿
もうすぐ解禁ですので何か始めなくてはと思います💦
と言う事で今回は愛用のテンカラ竿の点検清掃から始めてみました。
先ずはキャップのゆるみからですよね。そしてリリアンや継ぎ目の割れやヒビ、
塗装の剥がれ、握り回り、エンドキャップなどを空拭きしながら確認します。
ひと通り全体を点検出来たら竿の固着防止の処理を始めます。
良いものが売られている様子ですがなんせ貧乏人なのでロウソクを塗っています(^_^;)
長年この方法でやっていますが固着した事は有りませんね。
でも竿を伸ばす時はネットリ感が有る所で止めて無理に引き出してはダメですよ(笑)
こんな方法ですが参考に成れば幸いと思い載せてみました。
お互い怪我だけは注意して解禁日を祝いましょうね♪

P1100022P1100027P1100031
もう雪の便りが届いたりしていますが、そろそろ紅葉狩りシーズンですよね。
皆さんは今年の紅葉狩りには行ってきましたか? 

さて今回は台風19号が通過しました後で秩父の紅葉の様子を見てきました。
と言ってもハンターカブに釣り竿と長靴を括り付けてですがね(笑)
熊谷から国道140号線で秩父方面に走って行くと寄居町の辺から山合になります。
そして荒川と秩父鉄道の線路としばらく一緒に走って行きます。
時刻が合えばSLのパレオエクスプレスとも一緒に走る事も有りますよ♪
この国道は山梨県とつながり埼玉県側は彩甲斐街道と呼ばれていますね。
長瀞を過ぎると荒川を挟んで右岸側か左岸側を走るかを選択しなければ成りません。
今回は少し狭く曲がり道ですが左岸側を走る事にしました。
景色も良くハンターカブではこちらの方が曲がりくねっていて楽しいですね♪
そしてススキの茂る河川敷内まで降りて行き少し竿を出してみましたが、
写真の様に水量が有るのでオモリを重くして仕掛けを入れるとカジカが1匹掛かりました。
天気も良くて体も温まり昼食後は近くのダムまで足を伸ばしてみました。
橋まで行くとワカサギを釣っている人の中に顔見知りの諸先輩たちがいました♪
しかしここの橋は上から底まで60m位有りますから覗き込むとやはり高いですよね~(笑)
30分位ですが先輩の竿で釣らせて頂いたり話が出来て楽しかったです♪
雲と風が出て来たので別れを告げて帰路に着きましたが秩父の紅葉にはもう少しでしたね。
もう少し経ったら暖かい日を選んでもう1度紅葉狩り+α(^_^;にまた行きたいですね♪

P1090592P1090593P1090600
もう十五夜も終わりましたが皆さんの家ではお月見出来ましたか?

さて今回は趣を変えてナマズなどを狙いに田舎の河原を歩いてみました。
えっ・・・山女魚が秩父でナマズを釣るの???
そうです・・・ナマズなどは秩父より熊谷の方が遙かに多く生育していますよね(笑)
でも秩父でも私が小学生の頃はよく捕まえて食べていましたね。
と言うのは学校にはプールなどはなく河原に石を組んで川水を堰き止め良く泳ぎました。
みんながカッパの様に泳いだりヤスなど持って来て堰き止めた石の間に入っている
ギギ(秩父ではギンタと言います)やナマズを捕まえていました。
そんな思い出の河原を兄と一緒にあちらこちら見て歩きました。
大きな石が沢山有って泳いで冷えた体を温まった石の上で寝転んで温めていた石は
砂に埋まって平らになっていて面影も有りませんでした。
そして良く寒バヤ(秩父ではザコ)などを釣っていた淵にも立ち寄ってみました。
周りの景色はガラリと一変し、やはりここも記憶に有る深さは有りませんでした。
試しにドバミミズを付けてリール竿で投げ込んでみましたら、
少し経った頃に強烈なアタリが有り掛かって来たのは外来魚のコクチバスでした。(驚)
こんな所にも外来魚が居るのにはビックリして兄と苦笑いしてしまいました。
でも沢山有った石は砂に埋まり外来魚に追いまくられてはハヤやオイカワなどの
在来魚など姿を消すのはそう遠くの話ではない気がします(涙)
何故にこんな河原になってしまったか・・・・良く考えなければ成らないですよね。
そんな悲しさが山女魚の心に引っ掛かった河原歩きでした。 

P1090480P1090487P1090419
9月になるとすぐ渓流も禁漁となりますから釣り人の心は焦ってしまいますよね。
皆さんは今年何回釣行出来ましたか、そして締め括りは何時に成りますか?

そんな中ですが今回はテンカラ毛鉤の補給やらタナゴ仕掛けを作ってみました。
周りでタナゴを釣っている人の仕掛けを見るとほとんどの人が糸ウキを使っていますので
先ずはタナゴ用の糸ウキ作りに挑戦してみました。
材料はエポキシ系の接着剤と発色用塗料と楊枝などですね。
先ず釣り糸にオモリをぶら下げてピンと張ってからエポキシ系の接着剤の2液を混ぜます。
良く混ざった状態になってから発色塗料を少し混ぜ込み着色させます。
そして少し硬くなる頃に楊枝の先につれて釣り糸に付着させて行きます。
この時にヒゲを楊枝側に巻き付けるか糸側に巻き付けるかで玉の大きさを調整します。
これを上から順に繰り返して行き糸ウキの玉を釣り糸に並ばせて作ります。
これを乾燥させた後ゆっくりずらして竿の長さに合わせタナゴ仕掛けを作ります。
はじめて作ったもので大きさが不揃いなのはご愛敬と言う事で勘弁してくださいねm(._.)m
そして糸ウキを乾かしている間に毛鉤ケースの毛鉤を補充巻きをしました。
近頃のテンカラでは合わせ切れをしてしまい残り数が少なくなっていました(汗)
これからヤリタナゴも大きく成るし渓流も禁漁期に入りますから忙しく成りますよね。
それにしても老眼に成ってから何でこんな細かい事ばかりに精を出すのでしょうね(笑)
あっそうそう今年の秩父漁業管内のワカサギ釣り解禁日は9月13日に成った様子ですよ。
さて皆さんも心置きなく今期の釣りを楽しんで下さいね♪

P1090381P1090382P1090397
もう8月も最後の週末になってしまい、いよいよ9月に突入ですね。
皆さん夏休みの思い出は如何でしたか? いや夏休みの宿題に追われていますか?

さて今回は以前使っていたハエ竿の握りを補修してみました。
実はこの竿は平成12年に購入して渓流解禁当初の餌釣りで使っていました。
近年はもう少し長い竿を使い始めているので出番が少なく奥に仕舞って有りました。
しかし伸ばして見ると竿の長さが5.0mのためか非常にバランスが良いのです♪
でもしばらく放置していた所為か握りの滑り止め材が溶けてべたついていました(汗)
メーカーで再塗装してくれているようですが修理代もバカになりませんよね。
そこでこのままでは勿体ないので塗装材を剥がし補修作業に取りかかってみました。
先ずは竿自体を痛めないようにCRC556を吹きつけながらウエスでぬぐい取ります。
ゴム系塗料などを剥がし取るのには油類を使って溶かしながら剥がすと良いですね♪
でも上手く剥がれない時は揮発性の高い石油やシンナーを少量染みこませて拭き取ります。
やっと写真のように剥がし取れたので何か代わりの握りに成りそうな物を物色します(笑)
見つけたのは以前魚籠に使われていた藤が出て来たのでこれを巻き付けてみました(汗)
握ってみると太さ具合も手頃ですし重さバランスも丁度良い感じですので
カシュー塗料を3回ほど塗って乾かし表面保護を行い握りが完成しました♪
こんな貧乏的な補修方法ですが、また釣りに持って行けそうな感じになりましたよね(^-^*)

P1080244DSCN6578
あちらこちらで集中豪雨で道が冠水したり雹で農作物落とされたりの被害も出ていますね。
皆さんの近くでは大丈夫でしたか?
 
さて今回は田舎に用事で行った時に1時間ばかりテンカラを振ってみました。
しかしあまりにも短時間なのでカメラも持たず釣ったため写真が有りませんm(._.)m
そんな時には以前の写真データーを見ると何か残っていますね。
先ずは今月からポチッ、ポチッと画像を進めて見て行きます。
今月もタナゴ釣りが多いなぁ~、ここの淵で掛けたなぁ~なんて思うのが楽しいですよね♪
そし5月の写真に入って画像を見ていくと真っ白い画像が出て来ました?
何だろうと拡大して見たらなんと家の網戸に止まっていたカゲロウの写真でした。
この辺で羽化するカゲロウなんて何というカゲロウなのか気になり調べてみる事にしました 。
カゲロウと入力して検索し画像と写真とを見比べながら調べて行くと・・・・・
どうやらヒメヒラタカゲロウの亜成虫によく似ています。
カゲロウは幼虫→亜成虫→成虫と変化するのですよね♪
なんてこれはパソコンからの請け売りですよ~(笑)
そしてヒメヒラタカゲロウの幼虫を見ると渓流の石底を這い回ってる虫ですね。
秩父ではこの仲間を全てカメチョロと言ってよく渓流釣りの餌に使っています。
あまりにも渓流域からかけ離れたここで見つけたカゲロウにビックリしました。
でも荒川と利根川に挟まれたここ熊谷に居てもおかしくないですよね♪
さぁ~て、こんなカゲロウを見ていると毛鉤を巻いてみたく成りますよね(笑)

P1070863P1070862
もうすぐ待ちに待ったGWが始まりますね♪
皆さんの今年の予定は何処へ決まりましたか?

と言いつつ、今回はシャープナーについて少し喋ってみます。
まずは写真見て「汚らしいシャープナーだなぁ~」なんて言わないでくださいな(笑)
貧乏な者でこんな半分に折った安物を持ち歩いて毛鉤を研いでいます(汗)
 ところで皆さんはどんなシャープナーで針を研いでいますか?
調べて見ると色々有りますが良いシャープナーはやはり高いのですよね。
そこで私は安物のシャープナーを研ぎやすい様に改良を加えています。
その方法とは百均のダイヤモンドシャープナーを使って砥石の側面に溝を掘るのです。
昔はダイヤモンドシャープナーは高かったですが今は安く買えますよね♪
この溝が有ると毛鉤を研ぐ時にズレなくてとても研ぎやすいのですよ。
そして角度を替えながら3、4回研ぐだけで良いので老眼な私でも楽ですね(笑)
 それから研ぐ方向ですが皆さんはどちらの方向に研いでいますか?
フトコロ側から針先に向かって研いでいる人が多いのではないでしょうか?
私も初めはそうしていましたが今は針先からフトコロ側の向きに研いでいます。
それは研いだ時に針先にバリを出さない様にするためですね。
是非、しっかり研いで針掛かりを良くして釣行を楽しみましょうね♪

P1070550P1070551P1070554
ここの所外に出ると花粉が飛び始めたためかクシャミと鼻水が出始めました。
皆さんの花粉症はまだ大丈夫ですか?

今回は秩父の釣り大会翌日と言う事でエサと釣り竿を持っていそいそと出掛けて来ました。
例年ですと渓流に入っているのですが今年はやっと本流が始まったところですね。
現地に7時30分頃に着いて見るともう大勢の釣り人が糸を垂らしていました。
状況を聞いてみると朝方に川の水位が下がり立ち込まないと釣れないとの事でした。
しかし私は渓流用の ヒップウェーダーと6.1mの竿しか持っていません(笑)
こんな状況でも私が釣れる場所を探すと水中に岩盤が続いている所が有りました。
そこから仕掛けを投入してみたのですが・・・・・・・何も反応がありません(汗)
しばらく狙ってみたのですが一向に釣れないので移動を開始しました。
すると偶然ワカサギ釣りの先輩にバッタリ会いそこで立ち話を始めてしまいました。
その立ち話で下流の場所を教えてもらい、そこへ行って見るとここも釣り人が多いです。
ところがこの釣り人の中にはワカサギ釣りメンバーが大勢釣っていました(爆)
そしてしばらく釣れない私の様子を見かねた先輩たちが私のビクに魚を入れて行ってくれました。
私は本流釣りの経験が浅く流れの中の小さいアタリを合わせてしまい針掛かりが出来ません。
その後アタリが有っても必死に耐え向こう合わせで掛かってしまう要領をやっと会得しました(笑)
でもビクを見るとお裾分けでかなりの匹数が入っていましたのでこれで我が家は十分です。
兎に角、先輩たちに支えられた楽しい今期初釣りが終了しました♪

DSCN0922P1070438
もう2月も今日までです。いっときの寒さも少し内に成った気がしますね。
でもこの頃から花粉が飛び出すのですよね。

さて今回は渓流解禁日を明日に控えて気になっている事が有ります。
皆さんは渓流釣りで怖い事と言えば何を想像しますか?
クマやイノシシ、サルなどの動物に出会す事が上げられますよね(汗)
そして足を滑らせての滑落でしょうか。
その他にも雪崩や落石などが考えられますよね。
でももう1つ気をつけなければ成らないのが鉄砲水なのです。
今回降った大雪で沢水が堰止められ上流に自然の水溜まりが出来ている事が考えられます。
そして暖かく成ると雪解け水が増えて決壊する恐れが有ります。
もしかすると上流域からの鉄砲水が流れてくるかも知れませんから
常に逃げられる場所を見つけながら遡行してくださいね。

秩父漁業のHPで放流計画の変更日が載っていますが、
今年は放流も延期するくらい雪が多いです皆さん気をつけて釣りを楽しみましょうね♪

このページのトップヘ